【友達】乱交【実話告白】

 親友の雅美が、一度乱交パーティーに出ないかと誘いました。
 同じ団地妻で、私も45歳なのに、夫とのセックスレスで悩んでいます。だってこの一年でSEXしたのは2回だけ、夏休みとお正月だけです。
「子供がもう15歳で生理もあるし、お前の声が大きいから、隣で聞こえるから」というのが理由でセックスしてくれません。
 夏休みで学校の行事で旅行の夜だけ抱いてくれます。
 私は今でも毎晩でもSEXがしたくて、夜はそっと指をクリトリスに当てて自慰をしています。
 昼間に新宿の「大人のオモチャ屋」で買ったバイブやローターを当てたり、膣に挿入して少しはよがっています。
 団地の42歳の奥様(雅美)はいつも楽しそうなので、先日喫茶店でお話を聞いたら、「乱交パーティーに出てみない、10名を相手で何回でもイケルのよ。でもこれは内緒よ」といわれました。
 日曜日の正午に「新横浜」の駅にライトバンが横付けにされて、女性は1万円を支払いました。
 大体40歳以上で、最高の女は70歳だそうで、本当に性交が可能か心配でした。
 でも整形をしているとかでオッパイはDカップで、下半身も割りとスッキリしていました。
 男性は若い人で45歳で、ここにも68歳のオジサマが参加していました。
 ラブホに入る前に注意があり、女二人が同室で相手は抽選で男性も二人です。2時間で途中でもやめて、直ぐとなりに移り相手を変えて性交をするのが決まりだそうです。
 9名ずつで、後は61歳の幹事のオバちゃまがいろんな部屋でお相手するそうです。
 大人のオモチャや、ピンクローター、催淫スプレーや、男性用のバイアグラ、女性用の濡れるゼリーなども用意されていました。
 部屋のお酒類は自分でお金を入れて飲むのだそうです。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年5月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【出会い系】肉棒にこだわる人妻【実話告白】

神奈川、独身、当時32、180/75、カタギに見えない。松尾スズキ似

相手 北関東、既婚子有、27、162/49 原田貴和子似

メール初手から下ネタオンパレード、普通の趣味も合う。ただ、いかんせん遠いので会う話は出てこない。

そんなある日もしもネタメールで遊んでいると
「写メくれない?」とのメールが来る。

滅多に写メは送らないがこの人ならいいかな、と思いつつ、あまり気乗りしない旨のメールを送ると、「チン写メを」とのこと。

そういうことならと酔った勢いで数アングル撮って送信。

間髪いれず「非常に興味を惹かれるから調査したいんだけど直近で平日いつ休める?」俺のチンコは珍獣か!と思いつつ休みも余ってたんで翌週に会う事に。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2013年9月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【風俗】夢の風俗店を紹介してみる。 【実話告白】

その会員制風俗店の敷地面積は明らかにされていないが、東京ドーム地下闘技場○○個分とも噂されている。

そこには現実の様々な施設を忠実に再現したセットが用意されているという。

学校、病院、銀行、警察、コンビニ、オフィス、教会、ファミレス、BAR、住宅、団地、公園。

施設(セット)は他にも数え切れないほどあるようだ。
そしてそれらを取り囲むようにして設置された鉄道。敷地内をループし、列車が山手線のように周り続けているのだ。

1つの町として機能しそうだが、あくまで風俗店(園)である。

そこに勤める様々な年齢層の「キャスト」達はみな、完璧な演技指導を受けたプロフェッショナルだ。
大成できなかった女優やモデル、引退したAV女優も多いらしい。

客(会員)はまず受付で、予約内容(敷地内でその日利用したいセットとシチュエーション設定)を確認する。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2013年7月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:風俗での体験談

【人妻】乱交【実話告白】

親友の雅美が、一度乱交パーティーに出ないかと誘いました。
 同じ団地妻で、私も45歳なのに、夫とのセックスレスで悩んでいます。だってこの一年でSEXしたのは2回だけ、夏休みとお正月だけです。
「子供がもう15歳で生理もあるし、お前の声が大きいから、隣で聞こえるから」というのが理由でセックスしてくれません。
 夏休みで学校の行事で旅行の夜だけ抱いてくれます。
 私は今でも毎晩でもSEXがしたくて、夜はそっと指をクリトリスに当てて自慰をしています。
 昼間に新宿の「大人のオモチャ屋」で買ったバイブやローターを当てたり、膣に挿入して少しはよがっています。
 団地の42歳の奥様(雅美)はいつも楽しそうなので、先日喫茶店でお話を聞いたら、「乱交パーティーに出てみない、10名を相手で何回でもイケルのよ。でもこれは内緒よ」といわれました。
 日曜日の正午に「新横浜」の駅にライトバンが横付けにされて、女性は1万円を支払いました。
 大体40歳以上で、最高の女は70歳だそうで、本当に性交が可能か心配でした。
 でも整形をしているとかでオッパイはDカップで、下半身も割りとスッキリしていました。
 男性は若い人で45歳で、ここにも68歳のオジサマが参加していました。
 ラブホに入る前に注意があり、女二人が同室で相手は抽選で男性も二人です。2時間で途中でもやめて、直ぐとなりに移り相手を変えて性交をするのが決まりだそうです。
 9名ずつで、後は61歳の幹事のオバちゃまがいろんな部屋でお相手するそうです。
 大人のオモチャや、ピンクローター、催淫スプレーや、男性用のバイアグラ、女性用の濡れるゼリーなども用意されていました。
 部屋のお酒類は自分でお金を入れて飲むのだそうです。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年5月31日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】団地妻【実話告白】

同じ階の、美人妻(まき)とは、一ヶ月くらいの付き合いです。
はじめは、エレベーターや、通りで会うたびに
(きれいだ。一度でいいから抱いてみたい。あのTシャツの中を見たい)
と思っていました。
旦那の顔は見たことないんですが、ほとんど家にいないみたいだった。
ある時噂で、あの奥さんは男遊びがすごい。
と聞きました。
そう考えてみると、男好きそうな感じに見えてきました。
ちょうどエレベーターで、まきとふたりっきりになりました。
まきは、エレベーターのスイッチの所に立ち、僕はその後ろにいました。
後ろ姿を眺めていると、ムラムラきて抱きついてしまいました。
まきは、「キャー。何するの」
後戻りできません。
必死でまきの唇を奪いました。
まきは、抵抗します。

実話告白体験談関連タグ

||||

2013年5月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ