【フェラチオ】塾生徒とカラオケ店。【実話告白】

転職する前の話を書かせて頂きます。
当時、その辺に普通にあるような地元密着型の塾で講師をやっていた(22歳)のですが、ひょんな事から高校2年生の子から告白を受け、いけないと思いつつもギャル系のエロい雰囲気・体型(Dカップ)に惹かれてしまい付き合う事にしました。
制服姿のギャルと二人で歩いているのは何か後ろめたい気持ちを持ちつつも、ブラが透けているシャツや今にも見えそうな位短いスカートに目がいっては、
「一応彼女な訳だし…」
と、生唾を飲み込む思いでした、、
そして、付き合って2ヶ月位した金曜の22時頃に地元カラオケに行った時も彼女は制服でした。
本来なら時間的に止められてもおかしくないところなんですが、個人経営のマイナーなそのお店は適当で、何事もなく朝までのフリータイムで入れました。
最初の数時間はお互い普通に歌っていたのですが、徐々にネタ切れになり、気付けばソファーで抱き合ってキスをし始めてました。
照明をかなり暗くしていた事もあってか、キスを何度かしてる間に徐々に制服姿に興奮してきている自分がおり、キスをしながらシャツの上から胸を揉み…脚を触り…スカートの中に手を入れていくと、予想外に彼女は自ら足をゆっくり開きました。
17にしてすでにそれなりの経験してきてるな…と思いながらも、パンツの上から上下に触ると、
「ンッ…」
と声にならない声を出すようになり、しばらくその状態で攻めてました。
そして、うっすら濡れてきた頃にパンツの中に手をいれると、彼女はすでにヌルヌルの状態になっており、自然と興奮が高まりました、、
店員やお客さんがたまに通りがかる度に多少ドキドキしながらも、手を休める事なく動かし続け、彼女の息使いは徐々に荒くなり、最初はハァハァ…息を殺していたものの、徐々に
「アッ…アッ…」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年11月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

このページの先頭へ