【恋人】経験はあまりなさそうなのに淫乱な彼女に違和感を覚えた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
ちょっと面白い体験をしたので書いてみる。
自慢交じり、面白交じりだ。
合コンで知り合った子で、俺は20代後半、彼女は20代前半。
彼女は放送業界でフリーターみたいなのをやってるんだと言っていた。
俺はごく普通のサラリーマン。
彼女はやや人見知りで世間に疎い感じの子だけど、素直で優しい印象の子だった。
(世間に疎いというのは、例えばサラリーマンの生態を基本的に判ってなかったり)
しかし、SEXがやたらとエロかった。
1回目のSEXから
「・・・のおちんちん太い・・・」
「入れてぇ・・・」
といった感じで、普段のハスキーボイスがいきなりエロい甘え声へと変わる。
しかもよく喋る。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年6月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:恋人との体験談

【フェラチオ】セフレを探してる声優さんを紹介された【実話告白】

ある声優とセフレだった時の話。
大学の4年の時、当時のセフレだったダンサーの女から紹介され、
『金銭のやり取り無しで、平日昼間に時間取れるセフレを募集してる人がいるけど、会ってみないか』
と言われた。
親の金で遊んでるバカボンだった俺は、とりあえず酒と女以外興味ない猿丸出しだったから、ほいほいその誘いに乗った。
実際会ってみたら、華奢だし肌は綺麗だしスタイルいいし、実年齢聞いても10近く下にしか見えない人だったし、セクロス目的だから余計なやり取りもなかったので、会ってすぐにホテル直行。
キスしようとしたら、
「キス嫌い、キスマークNG」
と言われたので、クンニでグチョグチョにしてからやりまくった。
声を出さないというか我慢していて、我慢できずに漏れるって感じの喘ぎ声に興奮した。
あそこの締まりはそこそこだったけど、よく濡れるし、カズノコ天井ってのか、腹側にビッシリひだひだが揃っていて気持ちよかった。
体の手入れしてるみたいで、汗かいても良い匂いするし、アソコも無臭だった。
2時間で3発キメて別れたけど、ベタベタしてこないし、メシ食おうなんて事もなく、週に1回か2回、会えない時は月に1回、2時間程度やるだけの関係だった。
セフレになって1年ぐらい経った頃、丸一日休みだから時間取れないかと言われ、もちろん遊び歩いてた俺はOKして、朝から晩までやりまくった。
俺のは長さも太さも正直大した事ないけど、馬鹿みたいに反り返っている。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2013年9月18日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

このページの先頭へ