【フェラチオ】浴衣ギャル2人組を、立てなくなるまでダチとのコンビネーションでイカせまくった【実話告白】

健介さん(20代)からの投稿
—-
こんにちは!
この話は、以前掲載していただきました
『9歳年下のダチが浮気して、彼女が「私も他の人とエッチする」と言い出して俺を指名してきた』
の3ページ目の中盤に回想として出てくる、浴衣ギャルとの乱交の体験談です。
俺はこの前した、ダチの彼女(JK)とのエッチが衝撃的過ぎて、毎日悶々として過ごしていた。
なんてったって現役JKだ。
何もかもが新鮮で、今までにない興奮と快感に、俺は完全にヤられてしまった。
そんなある日、ダチの優也から連絡があった。
「よお、健介。最近元気ないって○○から聞いたぜ。今年も祭り行くだろ?」
この祭りは、ナンパ目的で優也とここ数年必ず行っていた。
心配してくれたのか、一緒にナンパに行きたいだけなのか。
いずれにせよ、気分転換も兼ねて俺は祭りに行ってみることにした。
当日は昨年同様すごい人出だった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】女友達と行った夏祭りで同級生の男の子とエッチ【実話告白】

香川県/えりさん(30代)からの投稿
—-
あたしが中3の時、M子と夏祭りに行きました。
2人とも動きやすいようにTシャツ、ミニスカ、いつも通りノーパン、ノーブラ。
(まだおっぱいちっちゃかったからブラしても変わんない)
祭り会場について、まずは金魚すくい。
しゃがみこんで必死でやってました。
店のお兄ちゃん、あたしらがノーパンって気づいたみたい(笑)
M子にこっそり(前の兄ちゃん見てるで)と耳打ち。
「気づいとるならもっと見せてやろうよ」
ってわざとらしく足広げたりして(笑)
ふいに兄ちゃんと目が合って、兄ちゃん慌てて目線逸らしてた。
それからちょっとブラブラしてると、同じ学年の男子2人に会った
「おうお前らも来てたんか、一緒に遊ぶか?」
M子とあたし「いいよ、一緒に遊ぼ」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年4月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】去年の夏祭りに露天主に弄ばれて1年が過ぎようとしてた頃【実話告白】

名無しさん(30代)からの投稿
—-
去年の夏祭りに露店主に弄ばれ、1年が過ぎようとしている。
あの祭り以降、息子も遊ぶ仲間が変わった様で、その両親(店主)を見かける事も無かった。
ホッとする反面、妻のエッチな姿が忘れられない私は内心モヤモヤしていた様な気がする。
そんなある日、息子が
「ハル君の家に遊び言って来たんだ」
と妻に報告していたんです。
“ハル”と言う名前に妻も驚いた表情を浮かべていました。
もちろん私もドキッとしたんです。
振り返る様ですが、私は31歳、妻28歳、子供6歳になりました。
妻はスタイルも良く、胸はDカップ程ある。
若干下半身が太めだが、それが大人の女性の魅力を引き立たせる。
当時息子の友達の中に、ハル君と言う子がいました。
彼の父親は露店主で、地元でもちょっと有名な怖い存在でした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】一緒に行った花火大会の帰りに同級生の彼女が電車で痴漢された【実話告白】

東京都内の某大きな花火大会に、当時高校1年生生だった私と、付き合って間もない同級生の彼女と花火大会に行きました。
付き合っているとは言え、まだ高校1年生の夏の私達は手を繋ぐのがやっとの状態。
そこそこの進学校の私達にはそれが精一杯で、当然移動は電車でした。
彼女は小柄で身体も細く、まだ中学生の面影も残るようなショートカットの、いかにも真面目そうなタイプで、笑うと可愛い清楚なタイプのコでした。
黄色の浴衣を着ていた彼女はとても可愛くて、夏の暑さでうっすら汗をかいていても近くに寄るとシャンプーのような香りがしていたのを覚えてます。
そして花火が終わると一斉に人の流れは駅に向かい、ホームは人で溢れ返っていました。
メガホンで花火の客を誘導する駅員、電車がホームに来ると私達は後ろから人の波に押し込まれるように、否応なしに電車に乗り込まされました。
彼女とは手を繋いでいたのですが、乗り込むと同時に車内ではぐれてしまい姿が見えなくなりました。
今思えば、こんな状況で不純な動機で電車に乗ってくる輩がいても当然だったと思います。
電車が発車し、異様な混雑で窮屈な車内。
彼女を探すと、人の隙間に彼女の黄色い浴衣が見えたので安心しました。
しかし、顔の一部分しか見えないのですが、どうも苦しそうな表情でした。
私は、それは混雑から来る苦しさだとばかり思ったのです。
花火客はほとんど降りる事なく15分、20分と経過し、ようやく乗り換え駅に到着すると一気に降り、私と彼女はようやくホームで再会し、彼女は笑顔で
「凄い混んでたね、ビックリした」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2013年9月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ