【寝取られ】歪んだ純愛 【実話告白】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。
今の俺は、ただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。

面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。
俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。
偶然、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。
当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めたのだから。
俺は翔太のその顔を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。
ちょうど、近くにスーパーがあるので、そこで万引きさせようとした。
スーパーまで翔太を連れてくると、翔太が万引きしたくないとゴネやがった。
高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、やらせようとした。
すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。
声の方を振り返ると、女が立っていた。
目が合うと、再度、俺に「やめなさい!」と叱り付けやがった。
俺は無言で、その女を観察した。かなりの美人だった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年5月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【近親相姦】義母主導で騎乗位、名器でした【実話告白】

30歳くらいの頃かな?出張代を浮かすため
嫁の実家に泊まったのよ

その日は義父も出張で義母一人。

眠くなり布団に入ったら母が襖を開けて
“寂しいでしょ”

“お母さん、平気だよ!”
っと一言言って襖を閉めた。何のこっちゃ??

そのまま寝てたら又襖が襖が開いて、
寂しいでしょ、と言って横に座った

果て?っと思ってたら布団をめくり、

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年10月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【不倫・浮気】人妻ラブホに連れ込むの簡単 【実話告白】

俺(172cm)より背が高い。
笑顔で迎えてくれ腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。
ささやき交わしながらラブホまで歩く。

「出会い初めて?」
「そう。ドキドキしてるの…来てくれないかと心配で」
「どうして俺に決めたの?」
「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。
でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ。」
 
 
目当てのラブホがあるようで誘導される。
ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。
こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず、
ソファで飲み物に口をつけながらしばらく会話

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月8日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】人妻と待ち合わしてラブホ直行 【実話告白】

俺(172cm)より背が高い。
笑顔で迎えてくれ腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。
ささやき交わしながらラブホまで歩く。

「出会い初めて?」
「そう。ドキドキしてるの…来てくれないかと心配で」
「どうして俺に決めたの?」
「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。
でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ。」
 
 
目当てのラブホがあるようで誘導される。
ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。
こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず、
ソファで飲み物に口をつけながらしばらく会話

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年9月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【盗撮・覗き】とある屋外入浴施設は女風呂が覗き放題だった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
不特定多数の女性の股関ズームアップ!
東海地方に、とある会員制ビラがありまして、十数年前からちょくちょく利用していました。
特別立派な施設や建物があるわけではありませんでしたが、友人達や勤務先の連中を誘っては半ば強引に連れて行ったものです。
何故なら、そこにある屋外入浴施設は女風呂が覗き放題だったからでした。
もちろん上記同行者の大半が女性であり、その他(現地宿泊者)女性の裸体も堪能させて頂きました。
通常の、窓や岩影等からの風呂覗きパターンと大きく違い、なんと浴室内の洗い場の正面足元にある「換気口」から覗けたのでありました。
山間部に位置する場所の為に周囲に人気や警戒感は無く、日没後に建物の裏手から匍匐前進にて浴室ギリギリまで接近。
8脚ある洗い場の足元にティッシュの箱位の換気口が各々設置してあり、超至近距離から女性の股関や乳房を見上げては自慰に耽っておりました。
特にハイシーズンになれば、かなりの家族連れやカップルが宿泊をしに来ていた為に、ピストルのリヴォルヴァー式に換気口巡りを堪能しておりました。
また、気になる知人や会社の同僚♀の裸体ほど興奮したものです。
恐らく、視点から裸体までの距離は1m前後くらいしか無く、時々換気口の格子から熱湯や水が飛んできましたね。
夏場は、洗い場にて若い女性や奥様がアンダーヘアの処理をする方が多いのにはビックリしましたし、その際は大開脚間違えなしの超絶アングルで、密かにビデオに収めては独りエッチのおかずにしていました。
ちょうど浴室建物の一階入口付近にテーブルゲーム機が数台並べてあり、遊戯する振りをしてはこれから入浴する女性らを品定めしておりました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2014年8月31日 | 実話告白体験談カテゴリー:盗撮・覗きの体験談

【初体験】【義妹】妻の妹と関係を持ってから今に至るまで【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
義理の妹にストリップをさせた話です。
私は現在30歳、妻子持ちの会社員で、妻は歳上で32歳で子育て真っ最中。
妻の妹は25歳で明るく、エロい体つきが魅力。彼氏なし。
聞いてないけど、多分処女。
エロい身体つきがセールスポイントだと判っているから、わざとエロい仕種をする。
僕が
「セクシーだね、お姉さんと全然次元が違う」
と褒めると更にエロくなる。
「直ちゃんを後ろから攻めるとしたら、どんな景色かな?」
と言うと、僕の前にお尻を向けて壁に手を付いて
「こんな感じです」
と笑う。
「床に手を付くと、どんなかな?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:初体験談

【おっぱい】マンションのベランダでオナニーしてる外人を目撃した【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
近くのマンションに住むヨーロピアンの生態をお知らせします。
僕は自衛隊の基地の近くに住む大学生です。
夜間訓練だとかで夜中でもジェット戦闘機が飛ぶので、僕の受験を考慮した両親が新築の高層マンションを購入して住むようになって、はや5年になります。
両親が無理してくれたお陰で、高校も大学も第一志望校に入れました。
防音設備が充実した最新の設計で建てられたマンションのお陰なんでしょうけど、勉強も捗りましたし、高い所から遠くを眺めるのも気持ち良かったし、数kmも離れた所に打ち上がる花火も遮るもの無く見えるしで申し分無かったんです。
大学に入ったばかりの年頃ですから何を目当てにと言うことも無く、ベランダから景色を眺めていました。
僕の住んでるマンションは16階建てで、僕のいる階は15階で角部屋。
東側と南側にベランダがL字型にある部屋です。景色を眺めるには良い環境でした。
その日は土曜日でした。
僕のマンションの東側のベランダから街並みを眺めていると、ここから数km離れた所にある6階建てマンションのベランダに派手なひらひらした服を着たショートカットの女性がいました。
僕の所のベランダからは目視では判らない距離ですが、もしかしたらラッキーな場面に遭遇するかも・・・という期待もあって、スポーツや競馬を見るための倍率10倍の小型の双眼鏡と中学生の時に買って貰った望遠鏡を用意していましたので、すぐに双眼鏡で確かめた次第です。
外国人だからか年齢など不明です。若いように思うのですが割りとイッてるかも知れません。
外国人の年齢は全く判りませんが「綺麗だな」と思いました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年7月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【寝取られ】生意気な年上女を寝取ったった【実話告白】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。
今の俺はただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。

面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。
俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。
すると偶然にも、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。
俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。
当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めていたのだから。
俺は嫌そうな顔をしている翔太を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。
ちょうど近くにスーパーがあったので、そこで万引きさせることにした。
半ば引きずるようにスーパーまで連れて行くと、翔太は万引きしたくないとゴネはじめた。
高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、なんとか万引きさせようとしていた。
すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。
声の方を振り向くと、女が立っていた。
俺と目が合うと女は「やめなさい!」と叱り付けやがった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年2月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】軍師のストリップ ブラ三ハンゲ4鯖 同盟ランク1位 【実話告白】

<>116名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2010/10/19(火)18:32:58ID:dhT++nHU<>
月下美人同盟オフ会の模様を亀戦人がレポート致します

まず煉獄盟主からのご挨拶。

「皆様の期待に沿えない結果となったことは誠に遺憾でございます。
城を持っての1期終了ができず誠に申し訳なく思っております。
 然しながら、私も盟主として何の確信もなく若葉さんを軍師に指名したわけでも、若葉さんも
何の覚悟もなく、皆様を率いていたのではないことをご理解いただきたい」

「覇王道との対戦にあたり私は若葉さんから「負けたら脱ぐ」との決意の表明をいただいて
おりました。 」
「この乙女がです。その決意やよし、ここまでの覚悟で臨んで負けるわけはなかろう。
そう私としては信じ、全てを若葉さんにお任せしたわけでございます」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【王様ゲーム・複数】ハプニングバーが捗り過ぎてわろたったwwwwwww【実話告白】

もう何年前のことは定かではないが、
そない昔話って言うほど昔ではないちょっと前の出来事。
某ダークサイドな店に常連認定されるほど通い、
多額のお金を毎日のように落としていたある日。
平日のマターリした夜の出来事。
この類の店というのは、平日は基本閑散とし週末は行方不明者が続出するぐらいに人に溢れる。
人多い→ハプニングに見舞われる、というのが単純精子脳単独男性の思考なのである。
また、何事か起こしたいカップル・単独女性のカキコミでもあれば、平日だろうがお構いなしに、この人仕事なにしてるんだろうね?って言うほど人が集まったりする。
♂13対♀1なんてこともあったが、それはまた別の話。
話はそれたが、とある平日の夜。
いつものように社畜激務を終え、アイスコーヒーでも飲んで一服しようと某店にご出勤。
俺「まいどおいど」
スタッフ「射精~一番乗りねぇ~」
俺「出足遅すぎだろうjk」
スタッフ「今日は早出組が居なかったからねぇ~」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月31日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ