【マニアック】ナンバーズ4【実話告白】

くだらない夢の話です。私は44才、妻は42才、子供が3人の家族です。昨年の11月22日の金曜日の早朝、とても不思議な変態っぽい夢でうなされて目が覚めました。
「どうしたの? 凄くうなされてたけど怖い夢でも見たの?」
妻がそう聞いてきました。あまりに変で恥ずかしい夢だったので少し躊躇しましたが、妻の顔を見てたら笑えてきて話しました。ここからは夢の話です。
私は少し遅い時間に帰宅しました。
翌日は土曜日で休みでしたので、仕事を仕上げるために少し遅くなったのでした。
※夢の中なのにそんなところはリアルでした。(笑)リビングに入ると子供たちはいませんでした。
しかし見知らぬ若い男たちが3人ソファーに座っていました。
見知らぬ男たち・・・
でも何処かで出会ったことがあるのか覚えがあるような気もしました。「ご主人、お帰りなさい。」
「お疲れ様です。」
「すみません、お先にご馳走になっています。」
ビールを飲みながら男たちは挨拶してきました。「いえいえ、まあゆっくりしてってください。」
間の抜けた挨拶をしながら
「妻は何処かに行ったの?」
姿の見えない妻が気になり男たちに聞くと

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2018年1月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【マニアック】ペニスリング④【実話告白】

彼女から何度となく、携帯へ電話連絡があったのだが、何かしら言い訳しながら、先延ばしし彼女から逃げ回っていたのだが
彼女から、これ以上、私から逃げ回るとどうなるのか分かっているの・・・彼女の職業は看護師で、おもに患者さんの死が、いつきても不自然ではないという、高齢患者さんの担当部所で、だからこそ
担当する患者さんがお亡くなりなった時の翌日は、ちょっと不謹慎かもしれないが、無性にSEXがしたくなる。本来SEXは、新たな
生命を継続する行為とかなんとかいっていた。要するに、自分は今生きているという実感がほしかったのでは・・・・と想像する彼女が以前、患者さんと知り合いになり、ちょうどそのとき彼女がどこか、車の駐車場ないかな、といったところ、今は使用していない
倉庫があるので、買い手がつくまででしたらどうぞ、ということで彼女と一緒に下見に行ったことのある倉庫で、待ち合わせすることに
なった。もともと先代の時代は、建設用材を取り扱っていたらしく、平屋の倉庫といっても、天井高が高く、鋼材を運搬するホイスト
クレ-ンも設置されていて、車は1台どころか、10台ぐらいは駐車可能な広さがあった。また、どういうわけか、食事は、会う前日の朝食までとして、後は、絶対にものを口にしないでと念をおされた。多少の水ぐらいは
いいよ
なんか病院で大腸検査を受けるみたいだな・・・しかし、彼女は次回は「ムチ」よといってたしな、まぁどうでもいいか・・・夏の雨の日の午後、その倉庫についたら、すでに彼女は待っていた。 彼女は即、ぼくに裸になって、この土間に仰向けなって
横になってと、いい、ぼくは倉庫のホコリで、身体が汚れるからイヤだといったら、あ、そう、ふ-ん本当にイヤなの、今日はいつも
よりやさしくしてあげようかなとおもっていたのに、それでもイヤなの・・・・彼女をこれ以上怒らせるとまずいとおもい、あ、仰向けになります。なります・・・・・服を脱ぎ始めると、ボクサ-パンツだけは履いたままでいいわよと彼女、やっぱりいつもより今日はやさしいな・・・
仰向けになると、両足首に太くて鉄製のリングの付いた。革製の足枷を手早く着けられた。
両手は頭の上で、縄で軽く縛られ、しばらくすると、ガァ-とホイストクレ-ンの動く音がし、大きなフックの下には、天秤棒
みたいなものが付けてあり、フックが、ぼくの足元の真上に位置すると、そのフックと天秤棒みたいなものが、降りてきて
大股開きにされ、足枷のリングを天秤棒のさらに小さなフックに掛けられ、すぐにクレ-ンのスイッチが入り巻き上げられ

実話告白体験談関連タグ

|||

2018年1月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【マニアック】悪魔のようなセフレ【実話告白】

妻46歳、私は51歳の夫婦です。
小さいながらも会社を経営し妻は事務を手伝ってくれてます。
よく出来た妻で感謝しています。そんな妻を私は十年余り裏切っていました。
私が38歳の時にセフレを作ってしまったのです。
そのセフレとは次男の友達の母親なんです。
彼女はバツイチで実家に戻ってきて子供と同じ学校に通うようになり
子供会や父兄会で妻とも仲良くなっていたようで会話の中によく名前も出ていましたが
私は子供会や父兄会とは縁もなくて面識もなかったのですが
運動会の後の父兄と教職員の懇親会で初めて出会って意気投合しました。積極的な彼女に携帯アドレスとか教えてもらい一緒に食事したり飲みに行ったりしているうちに
当然のように男女の関係になってしまったのです。しかしその後はヒヤヒヤものでした。
次男の最後の運動会では彼女と妻は放送担当で本部席に並んで座っていて
私が前を通ると二人が手を振ってきます。
でも彼女の笑みが不気味だったのです。ただ妻は彼女のことを個人的には好きだと言ってますが
私の好みのタイプだからと自宅に自分から招くことは絶対にしませんでした。
その頃の口癖は

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2018年1月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【王様ゲーム・複数】妻を共有【実話告白】

はじめて投稿します。
乱文をお許しください。
夫・35歳
妻・(智恵美)33歳
  156センチ/48キロ
  バスト82センチDカップ恥ずかしい話ですが、自分(夫)は無精子症です。病院で、その事を知らされた時はショックで勃起不全にもなりました。
そんな時、サイトで知り合ったYさんに「奥さんが産む子供なら誰の精子でもいいじゃないか」と言われ、自然の成り行きでYさんと会う事になりました。Yさんは40代のバツイチで一人暮らしです。
妻には、先輩だと紹介して一緒に映画を観に行きました。全てYさんが計画したシチュエーションです。自分(夫)は途中で携帯が鳴り、会社に呼び出されたと嘘をつき、映画館を出るふりをして再び2人から離れた席に座りました。薄暗い映画館の中、Yさんが妻の耳元で何かを囁いています。計画では、妻を誘惑して失敗した場合、直ぐに中止する約束でした。暫くして、Yさんが妻にキスを迫りました。
妻は咄嗟に顔を背けましたが、Yさんの強引なキスに逆らえず、何度も唇を重ね合わせながら胸を揉まれています。平日の昼間だと言うこともあり、お客は疎らですが、大胆にもYさんは、妻のブラウスのボタンを全て外しブラジャーを引き上げました。自分(夫)の席からは、ハッキリとは見えませんが、妻の成熟したオッパイをYさんは鷲掴みにしています。近くに座る客達が気付いたらしく、Yさんと妻の行為を覗いています。(妻が・・妻の智恵美が別の男に・・・)
自分(夫)は嫉妬と怒りが込み上げる一方で、普段は勃起不全でフニャフニャの男根がビンビンに勃っていました。やがて、妻はYさんの股間に頭を沈めてゆきました。
自分(夫)は席を立ち、2人が見える場所に移動しました。妻のブラウスは乱れスカートも捲られたまま、Yさんの男根をしゃぶらされています。しかし、頭を押さえられているものの、嫌なら逃れる状態です。妻は一心不乱に頭を上下に動かしていましたが、やがてYさんの射精に合わせるように男根を口の奥深くに含んだまま動かなくなりました。
自分(夫)は、その後が気になりましたが、妻に気付かれないように映画館を出て行きました。
映画館に行った夜夫「よかったか?」
妻「エッ!・・・」夫「映画だよ。Yさんと最後まで観たんだろ」
妻「ええ!・・」妻は、平静を装っていましたが、内心同様しているのは明らかでした。夫「Yさんの事、どう思う?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【人妻】旦那が単身赴任中の人妻に生挿入【実話告白】

今年も30人を超える熟女の身体を賞味してきたが、
いよいよ最後の人妻と27日に出会うこととなった。

彼女は名古屋郊外に住む女性であった。
旦那が数年前から単身赴任。

ほと んど帰ってこないのでレスが続き、今年春に初浮気。
2人の男を経験してきたが、旦那よりは少しマシという感じで、
本当に悶え狂うようなセックスを 味わえずに来ていた。

せっかくなら思い切り乱れたいと思っていたところで、私 と繋がった。
遠い大阪の男を捜したのは、今まで同様リスクを少なくするため
とのことであった。

2週間足らずのメール交換で逢うことになった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年10月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【王様ゲーム・複数】教育実習生を輪姦した【実話告白】

俺が高校二年の頃、卒業生が教育実習生としてきたんだ
宮崎あおいに似てて物凄く可愛かった

実は俺はこの人のことを知ってた

俺には5歳離れた兄貴がいて、
兄貴もこの高校の卒業生なんだけど
その兄貴が高校のころに付き合ってた人だった

で、学校終わってから兄貴に電話してそのこと伝えたんだ

そしたら兄貴が、あ、兄貴は一人暮らししてるんだけど、
家に来いって言ってきた

だから学校から出てその足で兄貴の家に向かったんだわ

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2015年8月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【M男】家庭教師の教え子に調教された 【実話告白】

<>75名無し調教中。2014/07/27(日)03:10:22.62ID:WQXQ6Q+u<>
私が大学生の時です。
女子中学生の家庭教師をしていました。
今の中学生と違って、そのころの中学生は、本当に素直で純真な感じでした。
週に3回ほど行きました。
最初は部屋もきれいに片付けられていたのですが
そのうち部屋に入ったときにベッドの上に可愛い下着が脱ぎすてられているようなこともありました。
何かの用事で階下に下りていったときに、ついその下着を手にとりました。
パンツのちょうどそのところは薄く色がついていました。
思わず、そこに口をつけてしまいました。
それだけで、若い男の体は、ギンギンに固くなっていました。
<>76名無し調教中。2014/07/27(日)03:12:06.88ID:WQXQ6Q+u<>
5月から家庭教師をはじめて、やがて8月の夏休みとなるころにはずいぶんと親しくなっていた。
その年の夏は猛暑だった。
タンクトップやランイングシャツが流行っていたので、その子もそんな姿で勉強をしていた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年6月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:M男の体験談

【友達】お漏らしするより恥ずかしい 【実話告白】

サークルの男女数人で友人の家で飲み会をやったとき、トイレ我慢ゲームをやってみる女の子はいないかって友人が言い出した。最後まで我慢できたら1万円だと聞き、一人の女子が参戦。最初に2リットルのお茶を飲み3時間我慢できたら勝ちで、ギブアップはなしで失禁するというルールで開始。
2時間ほど経過したところで、「やっぱダメだ。無理。トイレ行かせて。」と言い出す彼女。「ギブアップはなしで失禁というルールだろ。」と友人に言われ、事の重大さに初めて気づいたようで凄く動揺している様子。
それから10分ほどした時、彼女がふらっと立ち上がってトイレの方に行ったため、友人が慌てて追いかけ、トイレに入った彼女がドアを閉めるのを阻止。「お願いっ、トイレを使わせて!」と涙ながらに懇願するため、「仕方ない。トイレ使っていいけど、罰として扉を開けたままな。」と言う友人。

他の男子達もトイレの前に集まって来た中、彼女は扉を開けたままトイレを使うはめになった。スカートで上手く隠しながら使用していて、局部はおろか下着さえも見えないが、水を流しながら(音を聞かれないため?)すごく悔しそうな表情でうつむきながらトイレを使用していた。

彼女のトイレの一部始終を見た後に席に戻ると、他の女子が「ちょっとやり過ぎなんじゃないの?」と批判。「男子が見ている前で女子に開けたままトイレをさせるなんて絶対NGでしょう。」と言う。そのまま失禁させるだけの方がダメージが少なかったのではないかとの談。
「服を汚さずに済んだんだから、あれで良かったんじゃないか。」と言う男性陣に対し、当の本人も「あんな公開羞恥刑みたいなことになるんだったら、そのまま漏らしてた方がましだったかも。」と発言。

しかし結局のところ、お金に目がくらんで安易にゲームに参加した上、男性陣の目を盗んでこっそりトイレに行こうとするから事態が悪化したのだということになり、全部彼女の自業自得という結論に落ち着いた。

この時の話は、その後も事あるごとに噂され、彼女は「男子達の前で開けたままトイレをさせられた女」というイメージが根付いてしまっている。確かに、「トイレ我慢ゲームに負けて失禁した女」の方がまだマシだったかも。

実話告白体験談関連タグ

||||

2015年5月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【学校】まゆゆ似の美少女は全身性感帯女【実話告白】

まゆゆ似の女と一度エッチして以来、
セフレのような関係になってしまった。

処女喪失の日最初のメールは
「次はSMがしたい」とのびっくりするような内容。

当時の俺はそこまでの経験はなく、SMを調べまくった。
とりあえず通販で縄、手錠、首輪、電マを購入。

小遣いをこんなことに使ってるなんて
思い返すとすげーアホだったなと思う。

そして近くの無人精算のホテルにSM部屋があることを調べて
二人で行くことになった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年3月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:学校での体験談

【露出】運とタイミング 【実話告白】

投稿者:恭子◆vA7figsdCM

GWの前半が4連休になったので、帰省してきました。
もちろん、実家で家族とのんびりすごすのが目的なのですが・・・
でも近頃では、帰省することにもうひとつの楽しみを見出してしまっている自分がいます。

私には、他人には言えない自分だけの秘密があります。
誰かに覗かれながら、人知れずに恥ずかしい感情に身を焦がす・・・
その快感に包まれるときの興奮の味を知っているのです。

私は、東京に住んでいます。
でも東京は、どこでも人が多すぎて・・・
なかなかそういうチャンスをみつけることができません。
ずるいけど・・・リスクを冒す勇気はないのです。
いつからか、そういうシチュエーションを探すことが実家に帰省するときの目的のひとつになりつつありました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年3月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:露出体験談
1 / 2712345...1020...最後 »

このページの先頭へ