【フェラチオ】好き勝手やってる社長とその愛人を懲らしめてやった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
ある建設現場向けの人材派遣会社の社長と、その愛人で経理を思い通りに掌握している女総務部長を懲らしめた。
その会社の営業は、基本的に受注待ちで売り込みとか現場に赴いて営業とかしない。
だから、五人もいる営業の人間は昼間何をしているか判らない。
それは社長も同じ。
社長などは、社長のくせに会社の作業内容が判らない。
人工出しみたいな、○○をやって欲しいので、△人を頼みたい・・・と連絡があっても、
「作業内容を勘違いしてしまい・・・(言い訳)」
○○なら×人で足りるだろうと少ない人数で行かせる。
作業自体は「請負」ではなく「常傭」と呼ばれる、掛かった人工代は支払ってくれるから言われた人数を入れるべきだが、他の現場で人数不足があったりすると、少しでも回そうとして人を移動させる。
現場やゼネコンによって常傭単価が違うから、なるべく高い所に行かせたいのは判るが、人数が減るなどという連絡は一切しない。
社長は、仕事は出来ないが、サッカーが好きで中高年の同好会みたいなクラブチームに所属していて、下手なのに試合に出たがり、少しでも優位に立ちたい為に社費で10人乗りのハ○エースワゴンを四台も買い込み(作業の行き来に使うという名目だが)サッカーのクラブチームに無償で貸し出し、ガソリン代ETC代金も会社の経費で賄っていて、更には自分達が使う為に、フットサルコートや人工芝のフルコートなども作り、別会社を興しサッカー教室やレンタルサッカーコートなどを経営しているが採算など度外視なので、派遣される作業員の日当をナンダカンダと理由を付け下げる事ばかりしている。
これには愛人である女総務部長の入れ知恵がある。
ちなみに社会保険に全員加入させなければならないから・・・という理由で全てのゼネコンとの契約単価を1000円ずつ上げたのに、社会保険に加入した派遣社員はいない・・・。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年3月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【職場】パート先の既婚者のおばちゃんの家で姫始め【実話告白】

名無しさん(30代)からの投稿
—-
相手は職場のパートのおばちゃん。年は53くらいで既婚者。
ハタチ前後の子どもが2人いるらしい。
いつも元気で面白くて、笑顔が結構かわいくて、俺はこのおばちゃんがとても気に入り、ちょくちょく遊びや飲み食いに誘ったり、ことあるごとにプレゼントを贈ったりして、そのうちにカラダをいただいてしまった。
少しぽっちゃりだけど抱き心地は良いし、穴は肉厚で締まりも悪くないしでますます気に入り、2人で会えば必ずハメる仲になった。
で、今年の姫始め。俺は元日の朝に急に思いついて、
『姫始めするから、今からそっちにいくぞ』
とのメールをおばちゃんに送った。すると
『今は家族がいるからマズイよ』
と、焦ってる様子の返信が来た。
だが俺はそんなことお構いなしに、その女の所に向かった。
近くまで来たところで、
『もうすぐ着くぞ』
とメールを送信。すると、

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月20日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【職場】取引先の56歳の独身女性に健康診断と言ってエッチなことを【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
32歳の営業マンです。
みなさんは苦手なタイプの女性はいますか?
僕の場合は仕事の取引先の女性支店長で、T子さんという56歳の独身女性がそうでした。
凄く嫌みくさく、何でも上から目線で物を言う感じの人で、ほとんどの人は苦手な人種だと思います。
僕も以前はよく彼女にイジメられたり嫌な思いをしましたが、そんな苦手だった女性とも今現在は非常に良好な関係を築いています。
でも、良好な関係と言うのは決して一線を越えたいかがわしい関係とかではなく、健全な関係ですよ。
お互いにそう認識してるので間違い有りません!
僕とT子支店長が、その良好な関係となったキッカケと関係内容を告白します。
以前T子支店長を交えての飲み会があった時、僕も渋々出席しました。
僕はあまりお酒が飲めないので形だけ出席した感じでした。
その時T子支店長と隣になり、仕事の話し中心でしたが色々と話しました。
非常に緊張する嫌な時間でした。
とりあえずその飲み会はPM8:00にお開きになり、皆で二次会へと!

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年12月8日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【職場】【熟女】職場のクラブ活動にあった茶道部のお茶の先生と【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
今私は40歳です。
これから話す内容は今から10数年前の体験談です。
私は当時病院で働いていて、その病院では職員の福利厚生の一環でクラブ活動が盛んでした。
その中に「茶道クラブ」があり、毎週木曜日の5時30分以降行っていました。
ほとんどが女性の方でしたが、当時の職場の上司(女性)が
「たまには出てみたら?」
と声をかけてくれ、参加してみました。
当時は
「茶道なんて・・・どうせババアの先生だろう」
と思っていました。
普段クラブを行っている和室(普段は職員休憩室)に行ってみると、なんと綺麗な先生が。
NHKのクローズアップ現代の国○キャスターに似た和服を着ている先生がいるではありませんか。
当時は熟女好きが自覚していませんでしたが、ちょっとうれしい気持ちでした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【おっぱい】出張先で頼んだマッサージでやってきた50歳の女性【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
つい先週体験したマッサージの話です。
その日は出張最終日で、かなり神経を使って仕事したため精神的にも肉体的にもかなり疲れていたのでホテルでマッサージを頼む事にしました。
何の下心もなく電話でマッサージを頼んで部屋で待っていると、コンコンとドアをノックする音が聞こえ、ドアを開けると驚きました。
女性だったからです。
私はてっきり男性が来るものだと思っていたので。
後で聞いたのですが、歳は50歳でバツイチで子供はなく、今は1人暮しとか。
見た目はぽっちゃりで、顔立ちだけ見ると40代前半に見えました。
私がベッドに座ると問診され、どこが凝っているか聞かれたので
「肩から背中、腰と太股です。ってほとんど全身ですね」
と言うと、
「解りました。今日はお客さんでラストなんで、時間かけて解しますね」
とニッコリと微笑んでくれ、何となく癒されました。
「それじゃあ浴衣を脱いで、うつ伏せで寝ていただけますか」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】夜桜に酔い、息子ような年下の彼に抱かれた夜【実話告白】

名無しさん(50代)からの投稿
—-
50代の女です。
最近、孫もできました。
5年前の話です。
私は病院の売店に勤めておりました。
そんなに大きくもない病院の売店でしたので、1人で切り盛りしていました。
あれは、3月14日のホワイトディの日です。
その日は雪が降っていました。
リハビリの横田先生が来ました。
「あの、これ!」
「なあに?」
「この前のバレンタインのお返し!」
「えっ!?」
横田先生はいつもサンドウィッチと春雨ヌードルを買いにきてくれて、時間の許す限りいろいろ話をする間柄でした。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年4月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】私立の男子校で社会科とラグビー部の副顧問を担当してます【実話告白】

美也子さん(50代)からの投稿
—-
55歳のおばさんですが、人には言えない体験もちょっとありますのでよろしくです。
私立の男子高校で、社会科を教えてラグビー部の副顧問もしてます。
教師と言ってもテキパキこなすタイプではなくて、何やっても遅い私だから、皆のいい相談相手、優しいお母さんみたいな方向を目指してきました。
いつも笑ってるせいか目尻の皺ができてきて、自分ではまだ50代なのに五月みどりさんみたいって思ってますけど、皆には外見も性格も磯山さやかさんにそっくりって言われたり、ドラえもんとか「たれぱんだ」ってからかわれてます。
人には甘くてキツく言えない性格だから、私って何だか弄りやすいみたいです。
身長は150cmでちょっとふくよかで巨乳です。
爆乳とかホルスタインって言もよくありますよね、私それになっちゃいます。
背が低いのに胸元のボリュームが主張しちゃって、いつも相手の視線がそわそわ泳いでるのが分かります。
主人と外出しても男性が見てくるから、主人としては心配で、
「こんな乳してんだから、よそでは甘えんなよ」
って若い頃からずっと注意されてます。
うちの学校は教師にも規則があって、スーツか衿付きボタン付きを着なきゃいけないんです。
ニットやセーターみたいなゆったりしたのは着ていけなくて、ブラウスってブラも透けるし胸の大きさがそのまま出ちゃうんです。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】社員旅行では親睦を深めるために混浴に入る事にしている【実話告白】

俺の経営する小さな会社…というか工房は毎年春、社員旅行で温泉に行く。
こう書くと
「女子社員とウヒョヒョ~」
な酒池肉林を想像すると思うが、残念ながら7~8人いる社員は、子育てを終えた40代と50代のオバちゃんばかり。
去年までは60代も居たな。
ちなみに俺は30代だが、フケ専じゃない。
それでも松坂慶子みたいな美熟女なら期待も股間も膨らむかもしれんが、世の普通のお母さん達にそれのを望むのは酷ってやつだろう。
夜の宴会で浴衣の裾が乱れて太股が見えても、こっちは冷静なもんだ。
というわけで、ハードなエロ描写はない。
パンツ穿いていいぞ。
そんなわが社に「若手女子」が入った。
仮名は「美由紀」でいいか。
と言ってもピチピチの新卒女子じゃなく、33歳の主婦だけどな。
それでもオバちゃん軍団から「美由紀ちゃん」と呼ばれ、嫌み半分「若い人はいいわねぇ」なんて言われるわけで、相対的には「若手」。
結婚8年で旦那は会社員。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2013年12月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【マニアック】中に出すぞ!と言うとイク清掃員のおばさん【実話告白】

岩手県/名無しさん(40代)からの投稿
—-
会社に行くと、いつも会う清掃員のおばさん。
「おはようございます」
と声をかけるとニッコリ笑って
「おはようございます」
と返してくれる。
見た目は本当におばさん。
ハリセンボンの太っている方をメガネを外して若くしたような、いや若くしなくてもそのままでもいいや(笑)
ある日の事、部に届いたダンボールの空き箱を持ってゴミ収集所に行ったら、朝会うおばさんに出会った。
「どーも」
と声をかけると、
「あら~、こんにちは」
おばさんも自分の事を分かってくれたようで、ちょっと立ち話を始めた。
おばさんが言うには、清掃員に声をかけてくれる人は少なく、皆黙って通り過ぎ、エレベーターで自分の部に向かうと。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年10月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【手コキ】近所に住むおばちゃんが立ちションしてる所を目撃した【実話告白】

群馬県/名無しさん(10代)からの投稿
—-
僕の住む家は、街から離れた山間の小さな集落にあります。
僕の家から坂道をクネクネと降りると一軒の家があるんです。
そこには、50歳位のおばさん夫婦が住んでいます。
おばさんの子供はもう大きくなって街に出て行った様で、普段はおじさんと2人で住んでいるらしいです。
ある日の事、僕が学校帰りに走って家に向かっていると、坂道の途中にある資材置き場の陰でおばさんが大きなお尻を剥き出しにし、立ちションをしていたんです。
女性が立ちション・・・なんて思うでしょうけど、本当に立った状態でオシッコをしていたんです。
おばさんのオシッコは勢いも良く、”ジャジャ~”って感じでした。
「あら、カズ君に見られちゃったね」
あまりの出来事に、僕は逃げる様に家に走ったんです。
おばさんは余り辺りを気にしないのか、その後も何度か同じ光景を目撃しました。
それ以来、僕はおばさんのオシッコシーンが忘れられなくなりました。
数日が過ぎた時、またあの場所でおばさんが大きな白いお尻を剥き出しにオシッコをしていたんです。
僕は思わず立ち止まり、おばさんのアソコをじっくりと覗き込んだんです。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年8月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

このページの先頭へ