【フェラチオ】雪国に嫁いで10年、旦那の父親を好きになってしまいました【実話告白】

ちほこさん(30代)からの投稿
—-
30代(女)主婦です。名前をちほこと言います。
雪深い田舎に住んでいますが、嫁いで10年になります。
小学生の娘と幼稚園の息子がいて、3世代同居の家族です。
義父(とうちゃん)も義母(かあちゃん)もとても良い人で、特に義父ちゃんには優しくしてもらっています。
旦那も良い人なんですが気持ちが大きくなると手がつけられなくて、保証人になったり、出来もしないことを引き受けたり、私と義父ちゃんで何度か謝りにいきました。
その度、義父ちゃんは
「チィちゃんゴメンな。俺たちの育て方が間違ってたよ」
と、私に謝ります。
家では、旦那は酒を飲んで子供と寝ています。
冬になると雪が積もり、朝の雪かきが日課となります。
夜明けからの作業ですが、旦那は起きてきた事がありません。
私と義父ちゃんの仕事になっています。
朝の支度は義母ちゃんがやってくれるのですが、私もパートがあり、子供のこともあるので大変なんですが、旦那は手伝おうもしません。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年2月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【近親相姦】避妊に失敗して姉との子供が出来てしまった【実話告白】

タカシさん(10代)からの投稿
—-
『【近親相姦】姉が好き過ぎて夜中に姉の部屋に忍び込んで犯そうとした』の続き。
あの日、偶然目にしてしまった姉の日記帳の中に綴られていた姉の心のうちをもう少し書き留めておきたい。
「ミサトちゃんとタカシが部屋に閉じこもっている。時々、ミサトちゃんの甲高い声が聞こえる。最近の高校生はみんなこんな風なのだろうか」
「ミサトちゃんの声を繰り返し聞くうちに下腹部がキュッとなった。ミサトちゃんが帰って、タカシがシャワーを浴びている間に脱衣所からタカシのパンツを持ってきてしまった。男の匂いがする。匂いを嗅ぐうちに、いつの間にか私の指は下着のゴムをくくって自分を慰めていた。気がついたら私は下半身裸のまま眠っていた」
姉のベッドに忍んで行った日の事を読んだとき、何だか胸が締め付けられるようだった。
姉の葛藤を読むうちに始めてひとつになったときのことを思い出した。
「タカシのペニスが唇に押し付けられた時、ミサトちゃんがタカシを咥えている姿を想像してしまった。途端に私はミサトちゃんに負けたくなくて、大きく口を開いていた」
「タカシが私の喉の奥で暴れている間も、タカシは私の一番敏感なお豆を吸い続けていた。苦しくて、それでいて気持ち良すぎて私の舌が動き回ったせいか、タカシのペニスはいきなり膨張したかと思うと激しく脈打って、私の喉の奥に熱いものを流し込んだ」
「顎が外れるかと思った。タカシが出した精液を私は躊躇いもなく呑み込んでしまった。次の瞬間、タカシが私に覆い被さってきて、私の耳元で”挿れるよ”と言った」
「それだけは許されない背徳の領域だと思っていた。だからダメだと言ったのに、タカシは私の初めてを奪った。さっきまで私の口の中で暴れていたペニスが押し込まれて、物凄い痛みが走った。けれどもタカシに繰り返し出し入れされているうちに痛みは薄れ、やがて快感が私を襲った、初めてだったのに、私はタカシにイカされた。弟なのに、許されない行為なのに、私はイカされた」
日記にはその翌日のことが続けて書かれていたので、多分同じ日に書いたのだと思う。
「タカシの寝顔を見ているうちに、タカシがどのような気持ちで私の操を奪ったのかが気になり始めた。挿れないと約束したからタカシの言葉を信じていたのに・・・。信じていた私の気持ちなんてどうでもよかったのかと思ったらとてつもなく悲しくなった。そう思い始めるとタカシに聞かずにはいられなかった」
「タカシはどうしても我慢できなかったらしい。若い男の子なので仕方がないのかな。そう思った途端、タカシのことが愛おしくて仕方がなくなった。やっとミサトちゃんに追い付いた気がした」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【フェラチオ】同じガソリンスタンドで働いていたギャルで人妻のM【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
今から4年前の話。
当時おれはとあるガソリンスタンドの社員として働いていた。
バイトの面接でやってきたMは俗に言うギャルで、胸は小さいが足がとてもキレイだった。
無類のギャル好きで脚フェチのおれにはどストライクだった。
まあ結婚してて子持ちだって聞いてたから、最初は特に意識してなかったんだ。最初は・・・。
主婦だったMは週1,2回の出勤だったからあまり絡みはなかったけど、休憩がかぶった時にはよく話してたりしてた。
おれの夜勤の時にはわざわざ子供を親に預けて差し入れなんかも持って来てくれた。
そーゆー事されるとこっちも意識してしまうもんで。
ある出勤が被った日、休憩室とは離れたところに従業員のロッカールームがあったんだけど、そこではじめてキスをした。
中学生みたいにキスだけでギンギンに勃ってた。
それから何回か密会を重ねて夜中に会う時があった。
その時は向こうの家に行ったんだ。
旦那は夜勤、子供は実家に預けたみたいで家にはおれら2人と犬が1匹。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年11月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【職場】酔い潰れて社員のみんなに輪姦されたようだけど記憶がない【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
二年前の思い出になります。
当時の私は、キャリアウーマン気取りでイケイケで仕事をしていました。
年上の男性社員にも罵声を浴びせたり、皆がいる中で土下座させたりした事もありました。
当時私はまだ24歳で、偶然やった仕事が上手く行ったのがあって天狗になっていたのです。
上司や重役たちに誉められた事もあり、怖いものなしでした。
しかし、そんな理不尽な私に天誅が下されました。
課内の忘年会で、天狗の私は飲みすぎて同僚や部下をはじめ、何人にも説教をし始めて、最終的に酔い潰れたのです。
翌朝、私は自分にあてがわれた部屋に裸で寝ていました。
何があって何をされたのか怖くなってアソコを触り、自分の指を挿し入れてみました。
緩くなったそこには白濁した男性が放出したものが入っていて、膣からお尻にかけて垂れていました。
量から言っても一人かせいぜい二人だと思いますが、ヤラレていました。
私には全く記憶がありませんでした。
「気持ち悪いから揺すらないで」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【フェラチオ】大学時代に玉砕した学年一可愛い子とラブホで再会した【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
今から2年前の、大学を卒業して3年目の初夏の出来事です。
俺が24歳、由紀美が25歳でした。
俺と由紀美は高校の同級生で、大学も学部違いの同窓生でした。
高校の時は2年3年と同じクラスでしたので、必要最低限の会話はありましたが、学年一の可愛さとモデル体型から人気一番の由紀美には近寄り難いオーラがあり、また女の子同士で固まっていたので、個人的に声を掛ける事もままならず、大学に入ってから意を決して、声を掛けて玉砕した経験があります。
ま、正直に言うて高校時代から俺は由紀美に興味があり、その姿を盗撮してオナネタにしてました。
球技大会や水泳大会などで由紀美の体操服姿や水着姿など身体の線が分かり、脚が露出しているだけの写真でも痛いくらいに勃起しました。
また、同級生などが盗撮したパンチラや、胸元から見えるブラチラや谷間の画像なども出回っていて何度もお世話になりました。
大学で玉砕した時は
「実は以前から由紀美さんが好きでした。出来たら付き合って欲しいので、お願いします」
と下手に出て紳士的に告白したのですが、
「あなたのことは知っているけど、付き合う関係は想像出来ない、無理」
と救われる可能性すら否定されたみたいに奈落の底に突き落とされました。
俺は身長174cmで64kg、中学からサッカーをしていて筋肉質、少年のようなあどけない顔に、関西人みたいな1人ボケツッコミのギャグ魔だったので、割りと取っ付き易いみたいで自分で言うのも変ですが、モテた方だと思います。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【不倫・浮気】元カノに妊娠したから金を寄越せと言われた【実話告白】

別れた後に
「妊娠してたから金を寄越せ」
と言われた。
元カノにエコー写真を見せられて
「今3ヶ月なの」
みたいな事を言われた。
でも最後のセクロスから4ヶ月くらい経っていたのでそれは変じゃね?と思い、試しに
「DNA検査をしよう、今は出生前でも出来るんだ」
と言ってみた。
本当に出来るかは知らん。
本当に間違いなく俺の子なら、
「えぇ分かったわ行きましょう」
ってなると思った。
でも元カノはそれを拒んだ。
「間違いなくあんたの子」

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2014年7月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】友達の話を聞いて出会い系に手を出してしまった私【実話告白】

大阪府/ゆみさん(20代)からの投稿
—-
私は、22歳でデキ婚して現在27歳になる主婦です。
去年、友達に平日の過ごし方を話していると友達が出会い系サイトを楽しんでいると聞いたんですが、その時はフンフン~凄~い!なんて適当に流してたんです。
しばらくして、友達の話を思い出して、ちょっとサイトを見たんです。
軽い気持ちで登録して、どんな人が居るか見ているだけでもドキドキした私でした。
それからサイトからメールが送られて来るようになって、見てはいたんですけど妄想だけでドキドキして終わってました。
ある時、私は旦那とケンカしてストレスが溜まっていたから、出会い系で話を聞いてるくれる人と会う事になった。
平日の昼間にランチをご馳走して貰って楽しくそれだけの遊びだったんです。
そんな遊びがエスカレートして、平日昼間にランチだけの男性が9人も増えてた。
ランチだけでもドキドキして、家に帰って妄想オナニーなんかもしてたり。
そして、遂に魔が差してエッチをしてしまった。
浮気をしてしまった私は、他人に溺れてしまい旦那以外の快楽にはまって行ったんです。
今ではセフレが10人程になってしまって、アソコが休む間もない位になってしまって大変な事態に!
男達には弱みを握られて、やりたい時に犯されてしまってます。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年6月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【近親相姦】弟がデリヘル嬢を妊娠させたらしい【実話告白】

■スペック
弟、大学生、20歳。
あたしは近くにアパート借りて住んでるので実家は父、私、弟、祖母の三人暮らし。
うちは家庭の事情で母は昔からいないので、婆ちゃんと私、父、弟で生活していた。
婆ちゃんっ子&シスコンのため、弟はかなりの甘ったれに育ってしまった。
でもなんだかんだで三流大学に入学し、それなりにキャンパスライフを楽しんでいるらしく、私は私で独立して彼氏と半同棲しているため、たまに連絡とるくらいの関係になっていた。
弟が2か月ほど前の夜中、突然訪ねてきた。
弟:上がっていい?
私:どうした?急に。
弟:いや別に大した事じゃないんだけど。
とりあえず、部屋にいれて話を聞こうとするも、同棲している彼氏の存在を気にしてなかなか話そうとしない。
彼氏が気を使って隣の部屋へ移動。
ようやく弟が喋り出した。
弟:なんかー、すっげーウザい女がいてー…。
弟は高校デビューのDQNで、喋り方がいきがっていてめっちゃうざい。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年6月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【恋人】【寝取られ】彼女が高校の頃に付き合ってた元カレに同窓会のあと何度も抱かれたらしい【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
ミホと出会ったのは合コンだったけど、お互いに合コンとか好きなタイプでは無かったと思う。
お互い、たまたま参加した合コンで出会った。
ちょっと話しただけで趣味が凄く合うことに気付いて盛り上がった。
何よりも、ミホは文化系で色白で優しくて育ちが良さそうな感じが、ど真ん中の俺のタイプの女の子だった。
パッチリした目と笑顔も素敵だった。
俺は速攻で電話番号を聞いてデートの約束をした。
そして、付き合って欲しいと告白した。
ミホもすんなりと受け入れてくれて、2回目のデートで俺達は初めて結ばれた。
俺達のセックスは本当に愛に溢れていたと思う。
俺がミホの体の隅々まで愛撫して、1回目が終わった後は、ミホが俺を愛撫してくれた。
ミホも俺の体の隅々まで愛撫してくれた。
俺のアヌスまでしっかり舐めてくれて、愛されてるんだなと思っただけで俺の心は幸せで満たされた。
こんなに女の子を好きになったのは初めてだった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年5月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:恋人との体験談

【フェラチオ】子供だけ欲しいと言ってた先輩に精子を提供した話【実話告白】

誰にも言えないけど、会社の元先輩に子種を提供した話です。
どうしても40歳前に子供が欲しい、けど結婚したいって人もいないし・・・が口癖の、キャリヤウーマンでかなり仕事が出来る、いわゆるやり手の先輩でした。
結構、気が強いところがあって会社では何遍も怒鳴られました。
その先輩と飲みに行った時に
「子供欲しいなぁ~、でも結婚する相手いないし」
と言うので
「種提供しますよ?」
と冗談で言ったら
「それいいかもね」
と、その時は冗談かと思ったのですが、数週間後にまた飲みに誘われて普通に飲んでると
「飲み直そっか?」
と言われ、なんと先輩の部屋に。
「あのさぁ・・・子供欲しいんだぁ。絶対に迷惑かけないから・・・ね?」
と真顔でお願いされてしまい、
「ごめんなさい」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年5月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ