【マニアック】嫁の友達が寝てたのであそこと尻穴の匂いを嗅いだ【実話告白】

嫁の友達が、お泊りにきていた。
大学時代の友人らしく、うちらの結婚式の時に友人代表の挨拶をしてくれた子だった。
その時から可愛い子だなと思ってたので、妙にテンションが上がってまった。
私は仕事の帰りが遅く、この日も23時を回っていた。
そんな時間なので、友人さんは既に夢の中でした。
遠くから来ているらしく、疲れていたので早く寝たそうです。
嫁は起きていたけど、風呂に入ると言い出したので私は部屋に1人きりになりました。
すぐにピンと来て、これって、チャンスだよね!
まずは、友人さんの眠りの深さを速攻確かめるべく、脇腹をツンツンしてみる。
ほっぺたを軽く叩いてみる。
起きない。
調子に乗って軽く口付けしてみる。
起きない。
かなり深く寝ているとみた。
嫁がいつ風呂から出るか解らないから事を急ぐ。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年1月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【マニアック】マンションの屋上でナース嫁の職場仲間とエッチ【実話告白】

嫁はナースなんだが、ナース仲間集めて、しょっちゅう宅飲み宴会やる。
で、2年前に転職した結果年収が嫁に逆転された俺はお世話係…。
ナースってさ、すんげぇ飲むし、食うんだよね。
で、去年から常連になった後輩のアイカちゃん(24歳)が半端なく飲む。
嫁や先輩たちが沈没しても、アイカちゃんだけは飲み続ける。
このアイカちゃんが、見た目は松下奈緒っぽい感じ。
嫁友の中では1番若くて、1番色っぽいんで狙ってたんだよね。
先日、嫁とアイカちゃんだけで宅飲みが始まった。
俺は嫁に強めの焼酎をなるべく飲ませて、先に潰させた。
後はアイカちゃんと俺だけ。
でも全然酔っ払う気配のないアイカちゃん…。
気付いたら俺が潰れかかって、アイカちゃんの膝枕。
俺がムニャムニャ言いながら、アイカちゃんの尻を撫でてみた。
でも、アイカちゃんは嫌がる感じではなく、頭を撫でてくれてる。
そのまま顔を回して、アイカちゃんの股間に押し付けてみる。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2013年10月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【オナニー】寝ている嫁友を見ながらオナニーしてたら気付かれた【実話告白】

たかさん(30代)からの投稿
—-
嫁の友人が家に泊まりにきた時の話。
子供も生まれて手狭になったので、少し広い家に引っ越しをした。
引っ越しをして1ヶ月後、嫁友と庭でバーベキューをする事になった。
嫁友はそのままうちに泊まればいいや、って話しになって。
嫁友は開業医でもちろん頭もいいけど、すんごい美人で、そしてとても気さく。
綾瀬はるかをほっそりさせた感じだが、医者、美人なのを全く鼻にかけないサバサバした性格だ。
だからめちゃくちゃモテる。
当日バーベキューの後、みんなで近くの温泉に行ってしばらくして子供も寝静まったので、俺と嫁、嫁友の3人で改めて部屋で飲み直した。
酒も進み、嫁も嫁友がシモの話を始めた。
嫁は元々好んで下ネタ話しをするタイプではないけど、この嫁友とはエッチの悩みも含めて何でも話せる仲だと前々から聞いていたので、俺はあまり驚かなかった。
男はイクのは簡単で視覚的にも分かるけど、女はイクのが難しいし、イッたのかどうか自分でも分かりにくい、ってな話までしてた。
夏の始めの夜だったけど、その日はたまたま涼しかったからクーラーは使わずに、窓を開けて扇風機だけ回していた。
嫁友はいつでも寝られるように既にパジャマに着がえていた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2013年9月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:オナニーの体験談

【フェラチオ】年末大掃除の終わりかけに来た嫁の後輩【実話告白】

福岡県/快速急行さん(30代)からの投稿
—-
つい、最近の出来事。
年末の家の大掃除も終わりかけに、1人の来訪者が来た。
嫁が以前勤めていた会社の後輩だった。
名前は美香といい、嫁より10歳も年下の25歳。
見た目は痩せていてギャルチックな感じ。
お世辞にも顔は綺麗とは言えず…残念ながら不細工寄り。
いつもミニスカを履いていて、パンチラサービス満点。
来訪時もミニスカだった。
リビングで3才になる子供と遊んでくれてた。
四つん這いになって馬の格好になると、パンツ丸見え状態だった。
薄い青に水玉模様のパンティだ。
思わず携帯電話のカメラで”子どもをー”と言いつつ、パンティを撮りまくった。
時間は夜の21時を回っていたが、美香はド天然な性格か中々帰ろうとせず、嫁は風呂に入った。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年9月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

このページの先頭へ