【フェラチオ】彼氏を守るために先生からの条件を無理やり飲むことにした【実話告白】

橘あかりさん(20代)からの投稿
—-
こんにちは!はじめまして!私はあかりっていいます。
私の高校時代の話です。
私の通っていた私立高校には学校裏サイトが存在します。
学校裏サイトには女子生徒の盗撮動画像やヤリマン情報、調教動画やオナニー動画等が観覧でき、実名こそありませんが学年と無修正の動画像によって誰かの特定は安易です。
入学時に発行されるIDがパスワードで、学内のPC限定で男子生徒のみが閲覧可能なんです。
ちなみにコピーとかできないので持ち出したりはできません。(教師以外)
こんな裏サイトがあるせいか、休み時間になれば、人気のないトイレや物影から喘ぎ声やじゅぷじゅぷという湿り気のある音が聞こえます。
挙げ句、教師が学生とHしたり教師同士でHしていたり、教師人も黙認どころか一緒に楽しんでるんです。
多分うちの高校に入学時に童貞でも20人以上は経験出来ると思います。
私はそんな高校で同学年の男子の7割とHしました。
後輩や先輩は数えていませんがかなり多いかと・・・でも私も最初からヤリマンだった訳ではありません。
私は入学して野球部のマネージャーになりました。
そして副キャプテンの彼女になり、処女は副キャプテンにあげました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

このページの先頭へ