【フェラチオ】高1の時、姉の女友達が居候する事になった【実話告白】

ポンズさん(20代)からの投稿
—-
高1の時、俺には彼女がいた。
それを後悔しているような話。
当時、俺は高1というあまりにピュアな歳ゆえに浮気という気持ちはさらさらなかった。
そんな時に、姉が家に居候させてもいいか親に頼んでいた女友達がいた。
その子の名前はマヤ。
姉と同い年の18歳。
学校は通信制の学校に通っているらしく、バイトは探している所だった。
当時はスウェット全盛期で、当然の如く姉といつも2人でスウェット生活だ。
そんなボディラインはエロチックに俺は見えた。
俺の彼女も姉と同い年だったが系統が違って、彼女は清楚系だがマヤはギャルな感じだ。
そんな違いから、マヤを女としては見るものの俺は彼女の方がタイプであったため、気にしてはなかった。
ただ、マヤは泊めてもらっている恩返しのためか良く家事をしていたし、料理も慣れないながらに頑張っていた。
そんな所を見て、俺は見た目ギャルでもこんな子もいるんだなと感心していた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年2月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

このページの先頭へ