【おっぱい】慰安旅行先の40代半ばのコンパニオンの悲劇【実話告白】

昨年の6月3~5日(月~水)で会社の研修(慰安)旅行がありました。
社長(68才)の意向で地方の温泉旅館に泊まり名所旧跡を巡るという若い者には退屈な旅行でした。
ところがその社長本人は急用とかで直前になって行けなくなってしまい、専務(社長の息子)が
「こんなことなら韓国かマカオにしとけば良かったのに!」
と初日からブツブツ・・・
専務は最初から韓国かマカオ、上海と言ってたようだったが、社長の鶴の一声で国内に決定したのだ。
そもそも専務は社員の前では偉そうに言ってるが社長の前では借りてきた猫みたいなものだ。それはともかく初日、二日目と名所旧跡や偉人の記念館とかを巡ったのだが、興味の無い専務を筆頭に添乗員を急かせて旅館に急行。
初日の旅館では専務が酔ってコンパニオンや仲居さんにお触りしたり追いかけたりして、コンパニオンには早々に逃げられるし旅館からは注意されるわ、大変でした。
社長が居ないのを良いことに好き放題したのです。二日目の旅館に到着する前に年配の役員さんから注意があったのと、少し格式が高そうな雰囲気もあり、専務も静かでした。
この旅館は本館と別館に分かれてて、本館は家族向けや少人数の客筋?
別館は各部屋の外に専用の露天風呂が付いていました。さて問題の宴会が始まるのですが、専務(33才)と取り巻きグループ(30~38才)が9名、年配の役員、管理職グループ(46~60才)が5名、そして俺たち若手グループ(23~28才)の8名に自然と分かれて座りました。
本当は若手は多いのですが、慰安旅行には理由を付けて出てきません。
新年会や忘年会には女子も入れて30人ぐらいは参加するのですが、慰安旅行には女子は全く参加する気配すら無かったです。午後6時からの宴会でしたが、早く旅館に到着したのもあり温泉に浸かりゆっくりしたにも関わらず無理を言って早く始めました。
しかし早く始めたのは良かったのですが、肝心のコンパニオンが10分余り遅刻してきたのです。
しかも20代は2人だけで、30代半ばが2人、もう1人は40代半ばの5名だったのです。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【出会い系】バキュームフェラが気持ち良すぎて【実話告白】

某出会い系、関西、黒髪眼鏡地味 24歳 175/58 最近言われるのは加瀬亮

相手 パティシエ、22歳、プリクラはmisono似

最近四国から仕事で関西に出てきて初一人暮らしの寂しさに心折れる。
友達もいないので昔使ってた出会い系で釣り糸垂らす。

同じく四国から出てきたばかりの子と音楽や本の話で盛り上がり、
やりとり始めて一週間後に面接。

映画館の前で待ち合わせ。
普通に映画観てご飯食べて解散する予定での面接。
とりあえず友達が欲しいので下心などは田舎に置いてきた。

都会のあまりの人ごみにポカーンとしてると、

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2016年1月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【出会い系】始めてやった出会い系で近所で見たことある人妻さんと・・・ 【実話告白】

最近人妻さんや熟女さんにハマっている大学生の俺です。
今まで出会い系を使って人妻さんとは20人近く経験しました。

去年の夏休みのことですが、初めて出会い系をやりました。
俺の年齢は隠し、セフレキャンドルで人妻好きの大学生と書き込むと
1時間後には次々と返事が入ってきました。

まあ、さくらばっかかなと思いながら
何人か気になった人妻さんがいたので、何人かとメールでやり取りをしました。
みんな高校生興味があるようで
中でも近場の人妻さんに絞ってやり取りをし、何とか会う約束をしました。

人妻さんは40歳の色白で
人妻さんには、俺と同じ年齢の息子がいるらしく
最初は抵抗があったようですが

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2015年12月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【不倫・浮気】嫁の出産月に嫁の母親とセックスして妊娠させた 【実話告白】

嫁の知香が妊娠、予定日が近づいてきたら嫁の母親(お義母さん)がうちに泊まりにきてサポートしてくれるようになった。

知香はお義母さんが若いときに産んだ子で、お義母さん自身も若く(40歳代)て美人。
お義母さんがもし知香の年齢だったらきっと知香よりも美人でかわいいと思う。

お義母さんはよく「早く孫の顔が見たいわぁ」と言っていて、知香のお腹の中の子はもう男の子だと分かっているので尚うれしく思っている。

嫁の出産予定日の月になり、妊娠が分かって以来ずっと嫁とセックスしていない欲求不満の僕は、お義母さんとカラダの関係を持ってしまった。

お義母さんと言っても一人の女性。その女性と同じ家、鍵のしていない隣の部屋で夜は寝ている。

嫁が体調があまり良くないと早く寝てしまった夜に
お義母さんが寝ている部屋(寝室のとなりの部屋)で・・・

お義母さんはルームライトの豆球(オレンジ灯)を点けて寝ていて辺りはよく見えていた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2015年5月31日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【マニアック】妻に目隠しをした状態で、連れ子の息子に手招きした【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
息子(妻の連れ子)は、ほとんど毎晩のように私と妻のSEXを覗きに来るようになりました。
そろそろ頃合いだと思った私は、先日、SEXの後に疲れて熟睡している妻を寝室に残して息子の部屋に向かいました。
息子は部屋に入ってきた私に驚いたようでした。
きっと覗いていた事を叱られると思ったのでしょう。
身体を硬くして俯いている息子に、私は声をかけました。
「SEXに興味があるのか?そうだよな。でも、中学生のお前にはまだ早すぎるな。もし友達の女の子とHして赤ちゃんでもできたら大変な事になるだろう。分かるよな?」
思いがけず優しく言葉をかけられた息子は、驚きながらもほっとした様子でした。
「ごめんなさい。もう覗かないから・・・」
そう言う息子に理解ある父親を演じながら、私はついに息子をあの計画に誘いました。
「そうは言っても、興味はあるだろ?お前くらいの年頃なら”Hしたい”って気持ちはあって当然だしな・・・うん・・・そうだな・・・お前、ここからの話は母さんには内緒だぞ。約束出来るか?」
「え?何?どういう事?」
「いいから、約束出来るか?どうなんだ」
息子は突然話の雰囲気が変わって戸惑っていましたが、私の勢いに押されて返事をしました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【友達】大都市圏の繁華街でキャバクラを経営していた時の話【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
今はキャバクラ経営を退いて別の会社を経営しているが、5年前まで10年程キャバクラを経営していて、合計3店舗程経営していた。
元々ホストだった俺は、18でホストになりナンバー1に。
5年程ホストをしたが引退し、23の時にキャバクラをオープンした。
その後、10年に渡って3店舗ほど経営していた。
初めの店はMという店で、初めは5名程の女の子で始めたが最終的に20名程在籍する店だった。
そのあとオープンしたBという店は始めから20名程でスタートし、最終的には30名程在籍する店だった。
そしてSという店は10名程でスタートし、最終的には40名近く在籍する店だった。
同じ経営元なので女の子の移籍や移動もあった。
ピーク時にはナンバー1ホスト時代の3倍程稼がせてもらった。
そんな俺のキャバクラ経営術とキャバ嬢達の話をしよう。
キャバクラ経営の1番の根幹は女の子を上手く扱うことだ。
人気の女の子が多ければ売上が上がり、ナンバー1に移籍されたり飛ばれると売上が半減するからだ。
ナンバー3ぐらいまでの女の扱いには苦労した。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【レズ】隣に住んでる美人さんはレズカップル?【実話告白】

うちのマンションはコの字型で、空間を挟んだちょうど真向かいの部屋に女性が1人で住んでいた。
年齢は20代半ばから後半くらいか。
ショートカットで目が大きく、キリッとした顔つきの綺麗な人だ。
背は165センチ位だろうか。
あまり化粧も濃くなく肌も白く、綺麗。
いつもジーンズを穿いていて、スカートを穿いてるのはあまり見た事がない。
細身で、巨乳巨尻ではないが、バランスが取れていて、胸やケツはでかけりゃいいってもんじゃない、と思う。
夏場は薄手のニットやTシャツなど、ボディラインの浮き出る服装はよく似合って、綺麗なお姉さんってやつだね。
エレベーターや外ですれ違うと必ず
「おはようございます」
「こんばんは」
と挨拶してくれる。
その声がちょっと鼻にかかっていて、甘ったるくて、外見とのギャップに
「萌える」
という単語はこういう時に使うのか。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:レズの体験談

【学校】母親交姦 【実話告白】

中学の頃の話です・・・

私の名前は・・・博司とでもしておきましょう!

当時、私には仲の良い友人が二人居ました。

一人は聡と言って、聡の家は、聡が小学生の頃に両親が離婚し、今は母親の涼子さんと二人暮らしをしていた。涼子さんは、中学でも背の高かった私より少し低いぐらいだったので、160後半の身長はあったと思います。スタイルの良い美人で、実は私も好きでした・・・

もう一人は猛、中学になり少し不良じみてきましたが、小学生の頃と変わらず友人として遊んでいました。猛の母親は正子さんといい、聡の母親とは逆で小柄で少しぽっちゃり気味、でも笑顔が可愛らしい方で、私はこの人もオナペットにしていました・・・

そして、私の母親は裕子といい、身長は涼子さんと正子さんの中間の160前後で、三人の母親の中では一番の巨乳、巨尻でしたが、息子の私が言うのも何ですが、涼子さんには劣るものの、中々のスタイルをしていました・・・

私達三人は部活もせず帰宅部、ほとんど毎日のように連み、三人の家を交互に遊びに行ったりしていました・・・

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年3月31日 | 実話告白体験談カテゴリー:学校での体験談

【寝取られ】私が高校の夏休み頃の話です・・・ 【実話告白】

私が高校の夏休み頃の話です・・・
法事で実家に帰っていた親父ですが、親戚の子供と遊んで居て夢中になり、
木登りしていて落ち、田舎の従兄が送ってくれたものの、足を骨折して帰って来ました・・・

病院に連れて行ったら、父は全治一ヶ月、
入院して3日後に手術する事になってしまいました。
母は、何しに行ったんだかとブツブツ文句を言いながらも、
仕事帰りには毎日父の入院している病院に顔を出していました。
当時の母は40過ぎ、肉付きの良い少しぽっちゃりとした巨乳、巨尻の持ち主で、
私が子供の頃、母の尻をサンドバック代わりにして、よく怒られたものでした・・・

その病院は、それほど大きくなく、病室も二人部屋でした。
父と同室だったのは、父と同年代ぐらいの、少し毛の薄いふくよかなおじさんで、
私が父のお見舞いに行った時も、気さくに会話してくる優しそうな人でした。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年3月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】続・私が高校の夏休み頃の話です・・・ 【実話告白】

その日は母と一緒に帰り、後日病院に来た時、松葉杖を突いて休憩所に居るおじさんを見付け、この間の事を聞いてみると、

「ああ、もう興奮が収まらなくてなぁ・・・奥さんに話し掛け、近づいて来た所で尻を撫でて見たんだ。奥さんは「キャッ」と言いながら、冗談は止めてって言ってたんだけど、奥さんに勃起したチンポ見せたら、無言で顔を背けただけだったから、試しに握らせたら、さすがに怒っちゃってねぇ・・・足が痛いから正座は出来ないが、必死に頭を下げ、どうか一度だけでもってお願いしたら、絶対ダメって言われて・・・」

「断られたんですか?」

「うん・・・それでもしつこく何度も何度も頼んだら、こんなおばさんに・・・服の上から触るだけならって言ってくれて」

 おじさんの話によれば、その後カーテンを閉め、母の胸を服の上から揉みながら、おじさんは自慰をしたそうでした。いきそうになったおじさんは、慌ててティシュでチンポをくるみ、ティシュからはおじさんの精液が滲み、ティシュを貫いたチンポを見た母は、無言でティシュを手に持つと、後処理を手伝ってくれたそうだった。

「これからも触るのは良いかなぁ?って聞いてみたら、服の上からだけよって、主人や子供には絶対内緒ねって、クスって笑ってたっけ」

「それで、この前母の尻を・・・」

「ああ、何か君の親父さんから寝取った気分になって、親父さんの目の前で触ってやろうとね」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年3月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ