【フェラチオ】【生挿入】ストライクだった教育実習生と授業をサボって教室で【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
高校の時、大学から教育実習生が来た。
笑顔が可愛らしいく、黒髪のセミロングが良く似合っている人だった。
個人的にど真ん中ストライクだったので、初めて見た時ドキドキしたのを覚えている。
彼女は私が好きだった世界史の担当だったので、授業が嬉しくてたまらなかった。
とりあえずきっかけを作るために積極的に質問しにいったりしていると、廊下で出会ったら相手から喋りかけてもらえるぐらいに仲良くなった。
ちなみに私は遅刻癖があり、嫌いな教科がある日は昼からなんて事はしょっちゅうだった。
その日も1・2時間目にかったるい授業があり、3時間目の休み時間から登校した。
いつも通り教務課の先生のお小言を聞き流して教室に向かう。
ドアを開けるとクラスメイトは誰もいなくて、先生がぽつんと座っている。
突然の展開に驚いたのは言うまでもない。
「せんせぇ~おはようございます~」
「あら、社長出勤とはいい御身分ですこと」
「そんなん言わんとってよ~せんせぇは何でここにいるん?」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年11月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

このページの先頭へ