【フェラチオ】【初めて同士】彼女がいない時に彼女の姉と初体験を済ませた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
付き合ってた子と内緒で、その子の姉と大人の階段を昇った話です。
当時僕は高校2年生で、彼女も同じ高校の1年生。
幼馴染みで小学校から高校まで一緒に通っていました。
付き合っていると言っても、プラトニックで手を繋ぐ事はあってもそれ以上の関係はなく、キスもしてませんでした。
彼女の名前は「エリ」と言い、小さい時から可愛くて明るくて勉強は並ですが、スポーツはほぼ万能タイプで球技系が得意でした。
エリには、2歳上の姉がいまして、名前を「マキ」と言いました。
小学校は同じでしたが、中学校、高校は同じ市内にある女子校に通っていました。
勉強は好きで割りと出来たようです。
ようです、と言うのは風の噂を聞いた僕の母の話が情報源で、確認するほど興味も無かったし。
でも、小学校の頃からいつも銀縁のメガネを掛けていて、背は高かったけど猫背で、なんか真面目というか暗いというか、地味な印象しかなく、特に小学校の時は僕と口をきいた事もないように思います。
エリが言うには、地味な人だから勉強して認められるしかないから女子校に行ったんだそうです。
実の姉妹なんですがあまり仲良くないようでした。
僕は、エリが中学校に進学した時から歩いて20分くらいの道程を一緒に登校していました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】【双子】彼女とエッチしている最中に違和感を覚えた【実話告白】

ヒロさん(10代)からの投稿
—-
ボクのカノジョは双子姉妹の妹だ。
一卵性双生児というやつで、お姉ちゃんとは瓜二つ。
姉がトモ子で、妹がユキ子といって、違うのは名前ぐらいだ。
あと、性格も少し違う。
トモ子はどちらかというと活発で、ユキ子は引っ込み思案だ。
ボクとユキ子は高校からの同級生で、高3の夏から付き合っていた。
ずっとプラトニックで、一緒に買い物に行ったり遊園地に行ったりして中学生みたいな付き合いだと思ったが、一度ボクんちでキスしようとしたら嫌がられ、その後凄く気まずくなってしまったので、それ以来何も出来なくなってしまった。
でも、ユキ子は可愛いし、何といっても高1の時からずっと好きだった。
ダメ元で告ったら付き合える事になった彼女だから、無理をせずに愛を育んでいこうと決めて、焦らない事にした。
僕は大学に進み、ユキ子は短大に行ったので学校は変わってしまったが、週末は必ずデートをするようにしていた。
そして、高校を卒業して初めての夏休み、ついに運命の時がやってきた。
珍しくその日はユキ子が待ち合わせに遅れてきて、ボクは別に怒ってなかったのだけれど、ユキ子は”ごめん”を繰り返していた。
それで、冗談めかして言ってみた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】彼女の姉は中学時代のクラスメートだった【実話告白】

俺には3歳下の彼女がいて、お互い(特に彼女が)忙しくてあまり会えなかった。
その日も2週間ぶりに会おうという事になって、俺は仕事が終わってから彼女の家に行った。
彼女の家は結構広い一軒家で、父親の転勤で両親共に遠方に住んでおり、その広い家に姉との2人暮らしだった。
俺は合鍵を持っていて、自分の家のように自由に出入りさせてもらっていた。
彼女の部屋で雑誌を読みながら待ってると彼女からメールが着た。
嫌な予感が…案の定仕事が終わらず、今夜は帰れそうもない、との内容だった。
ガッカリして、とりあえずシャワー浴びて帰るかと思い、脱衣所に行くと彼女の姉(ケイコ)がほぼ全裸で体を拭いている最中だった。
「あ、ごめん」
と言ってリビングに戻ってテレビを見ていた。
しかしさっき見たケイコの白い肌が目に焼きついて離れない。
見たのは後ろからで、胸は見てないもののお尻はバッチリ見た。
ケイコは俺の中学のクラスメイトだったが、当時はほとんど会話した事はなく、当時も今も地味で暗い感じで、モテるタイプではなかったと思う。
しかし小柄な俺の彼女と違ってスラリとした長身で、スタイルはよかった。
実は今日は彼女とやれると思って1週間以上抜いてなかった。
やべ、ケイコで抜くかと思ってるとケイコが上がってきた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年5月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【不倫・浮気】彼女だと思ったら姉ちゃんだった【実話告白】

大学生の時、飲み会で終電逃したんで近くの彼女の家で一晩すごそうと思って彼女の家行った。
お土産にお酒とかツマミを持っていって、二人で飲んでる内にムラムラしてきて押し倒した所、すげー抵抗されたんだが、結構酔っ払ってたんでそういうプレイなのかと思ってそのまま続行。
ずーっと、
「私A子じゃない、姉、姉」
とか言ってたけど俺が
「嘘つきな悪い口はそれか~」
とかってキスしたりしてたらしい。
朝になって酔いが覚めて、改めて見ると確かにA子じゃ無い事に気づいた。
その人に話を聞いたら、彼女の双子の姉で春休みで遊びに来てたとの事。
彼女は地元で同窓会に参加してる為、今日は留守だった事、たまたま俺が来たんでドッキリで驚かせようと思って妹のフリしてた事なんかも聞いた。
何か、向こうも妹のフリとかで驚かそうとしたのを引け目に思ったのか、やっちゃった事も許してくれた。
つーか、笑いながら
「妹とどっちがよかった?」
みたいな話もしてきたんで
「酔ってたから覚えてない」

実話告白体験談関連タグ

||||||

2013年8月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【泥酔状態】彼女の姉と肉体関係を持ってしまった【実話告白】

とうとう禁断の扉を開けてしまったような気分です。
誰に喋るわけにもいかないので、ここで書かせて下さい。
俺には付き合って1年半ほどの彼女がいます。
お互いのスペックを紹介しておきます。
彼女(安江)
OL・23歳・162cm・体型は普通・Dカップ
俺は27歳のごく一般的なサラリーマンです。
先月、初めて彼女の家に行きました。
彼女も結婚を意識しているので、暗黙の了解で両親に紹介するパターンです。
彼女は2つ年上の姉がいる4人家族。
姉は結婚していて同じ都内で暮らしています。
俺が家に来ると聞いて、ちゃっかり姉の方も実家に帰ってきていました。
姉は彼女とは違って色気を表に出すタイプのようで、水商売でもしたらウケが良いタイプです。
少しぽっちゃりはしていますが、家系なのか彼女と同じく巨乳でした。
彼女の両親よりもむしろ姉の方からの質問が多くて、試されてるなぁ~という時間を過ごしました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年8月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:泥酔状態での体験談

このページの先頭へ