【スカトロ】老人と恋におちた従弟が気持ち悪い【実話告白】

鹿児島県/名無しさん(20代)からの投稿
—-
俺は鹿児◯県の人口5000人ちょっとの小さな離島に住んでた。
同じ島に住んでいた俺より3つ歳下の従兄弟がマジやばかった…(汗)。
その従兄弟は高校2年で名前は川上ユウジ(仮名)って言うんだけど、そのユウジがいつも行っている汚くて島の小さなゲームセンターがある。
そのゲームセンターは70代のお爺ちゃんが1人で経営してる。
そのお爺ちゃんは通称「森のお爺ちゃん」で名前は通っていた。
俺が20歳の頃、俺もたま~にゲームセンターに行ったりしていたので、そこでたまたま従兄弟に会ったりしていた。
でも従兄弟はあまりゲームもせずに店の2階にある森のお爺ちゃんの家に上がって行く姿を俺は多々目撃していたけど、その時はあまり気にはしていなかった。
そんなある日、ゲームセンターに行った俺はまたも従兄弟の川上ユウジにバッタリ会った。
俺:おぉ~ユウジまた来てたのかぁ!
ユウジ:あぁ家にいても暇だし…それにちょっと用事もあるから(汗)。
俺は何気なく従兄弟のユウジに聞いてみた。
俺:ユウジゲームセンターに来るけど、あまりゲームしないよなぁ~(笑)それにすぐ2階に上がって行くけど、2階はジジィ1人しかいないだろ~?何しに2階に上がってくんだ??
そう俺は聞いてみた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:スカトロの体験談

【フェラチオ】【ショタ】小2の従弟と19歳の俺【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺が、従弟と会う度に一緒にエロい事をする話。
現在俺は19歳の学生である。
事の始まりは1年前だった。
俺は祖母に呼ばれて祖母の家に来ていた。
そこへ、従弟(当時小1)が遊びに来た。
俺はその従弟(仮にRとする)の遊び相手として呼ばれた訳だ。
リビングから離れた部屋で相手をする事になった。
大人達はリビングで寛いでいたため、従弟と2人きりになった。
面倒見のいい俺は、Rが怪我をしないように意識しながら遊んでやった。
遊んでいると、Rはふざけて俺のち○こを殴ってきた。
痛くはないが、少し勃ってきた。
俺「やったなぁww」
と俺もやり返す。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年3月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【近親相姦】ショタなのか、小学生の子を見るとつい目が行く【実話告白】

保母をしている26歳の独身です。
私には少年趣味があるのか、近所の子でも小学生の可愛い男の子がいると、つい目が行ってしまうんです。
実は、今年のお正月に親戚の家に遊びに行った時の事です。
従弟の小学校6年生の祥くんと一緒にお風呂に入ったんです。
それで
「身体洗ってあげる~」
って、どさくさを装っておチンチンを撫でたら祥くんのおチンチンがみるみるうちに大きくなってきたんです。
小学生でも大きくなるんですねー、びっくりしました。
すごーく可愛いの!大きくなっても、すっぽり手に収まるくらい・・・。
でも、ちっちゃかったけど、凄く硬かったんです。
祥くんは、私に大きくなったおチンチンを見られてめちゃめちゃ恥ずかしがってもじもじしてました。
大きくなったおチンチンはなかなか元に戻らないから、私も祥くんもお風呂から上がれなくってどうしていいか困ってしまいました。
このままでは仕方がないので、”これは絶対に2人の秘密”って約束させ、私が小さくする魔法をかけてあげる事にしたんです。
まず祥くんを、風呂の縁に座らせて、目を閉じさせました。
祥くんの前に私が膝をついて座り、最初はそっと人差し指と中指、それに親指でオチンチンを摘んで、ゆっくりとしごいてみました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年2月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【寝取られ】【寝取らせ】従弟が妻を夜這いする様子をカメラで収めようとしたが【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
以前「妻を睡眠薬で眠らせて年下の従弟に寝取らせた」を投稿した者です。
妻や従弟については前回書きましたので省略します。
実家に来なくなっていた従弟ですが、妻にバレていないと分かったのか、最近ちらほらと来るようになってきたようです。
絶対にまた狙っていると思ったので、前回の道具を用意して私もチャンスを伺っていました。
先日、実家に泊りに行く事になり、従弟も来るかなと思っていたらタイミング良く来ました。
しかも私達が泊る事を聞いたら、
「泊って行こうかな」
的な事を言っています。
これは間違いなく狙っていると思い、計画を立てました。
計画は基本的には前回と同じですが、全く同じでは従弟が怪しむと思い、少しアレンジをしてみました。
いつも通り飲み会が始まり、泊りなので私も妻も楽しく飲んでいました。
私は出来るだけ妻に飲ませるように仕向け、妻もどんどんペースが上がっていきました。
22時を過ぎた頃には妻がリビングでウトウトし始めたので、私が2階の寝室に連れて行きました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年2月5日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ