【フェラチオ】好き勝手やってる社長とその愛人を懲らしめてやった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
ある建設現場向けの人材派遣会社の社長と、その愛人で経理を思い通りに掌握している女総務部長を懲らしめた。
その会社の営業は、基本的に受注待ちで売り込みとか現場に赴いて営業とかしない。
だから、五人もいる営業の人間は昼間何をしているか判らない。
それは社長も同じ。
社長などは、社長のくせに会社の作業内容が判らない。
人工出しみたいな、○○をやって欲しいので、△人を頼みたい・・・と連絡があっても、
「作業内容を勘違いしてしまい・・・(言い訳)」
○○なら×人で足りるだろうと少ない人数で行かせる。
作業自体は「請負」ではなく「常傭」と呼ばれる、掛かった人工代は支払ってくれるから言われた人数を入れるべきだが、他の現場で人数不足があったりすると、少しでも回そうとして人を移動させる。
現場やゼネコンによって常傭単価が違うから、なるべく高い所に行かせたいのは判るが、人数が減るなどという連絡は一切しない。
社長は、仕事は出来ないが、サッカーが好きで中高年の同好会みたいなクラブチームに所属していて、下手なのに試合に出たがり、少しでも優位に立ちたい為に社費で10人乗りのハ○エースワゴンを四台も買い込み(作業の行き来に使うという名目だが)サッカーのクラブチームに無償で貸し出し、ガソリン代ETC代金も会社の経費で賄っていて、更には自分達が使う為に、フットサルコートや人工芝のフルコートなども作り、別会社を興しサッカー教室やレンタルサッカーコートなどを経営しているが採算など度外視なので、派遣される作業員の日当をナンダカンダと理由を付け下げる事ばかりしている。
これには愛人である女総務部長の入れ知恵がある。
ちなみに社会保険に全員加入させなければならないから・・・という理由で全てのゼネコンとの契約単価を1000円ずつ上げたのに、社会保険に加入した派遣社員はいない・・・。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年3月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【マニアック】クラス一の美少女からいじめを受けたら、父親がその両親を借金漬けにした【実話告白】

大阪府/懺悔さん(40代)からの投稿
—-
前の話:金融業を営んでいた私の父、その懺悔録
金融業を始め手広く事業を展開していた私の父親は「金は力」と私に叩き込みました。
「金は力」を痛感した中学校の時のお話です。
私は入学してすぐにクラスで一番可愛い女の子に目をつけられていじめられました。
理由は、その子をちやほやしなかったからです。
その子の取り巻きのような不良に殴られました。
殴られて帰宅した夜に、私の様子がおかしかったのでしょう。
父親に問い詰められて、いじめられたことを話しました。
次の日から、父親の仕事を手伝っている男二人が私を送り迎えするようになり、殴られることもなくなりました。
二ヶ月ほどして、いじめの首謀者ともいうべきクラス一可愛い女の子、その頃には当時人気のアイドルに似ていたことから「つかさ」とあだ名されていました。
どういうわけか、つかさが
「一緒に帰ろう」
と誘ってきました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【寝取られ】不倫をしていた社長と嫁に、違法なやり方で地獄に落とした話【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
まさか平穏な日常がこんなにも呆気なく終わるものだなんて思いもしなかったわ。
俺の場合、勤務中にいきなり嫁の会社の社長夫人から電話が入ったのが修羅場の始まりだった。
嫁の会社とは関連だから一応顔見知りではあったけど、だからと言って特別に親しくしていたわけでもない。
それが会社に直接電話を入れて来るのだから、相当な事情があるのだろうという事だけは何となく察しがついた。
でもまさか嫁の浮気話だなんて思いもしなかったわ。
とにかく
「時間を作ってくれないか」
と言われ、慌てて会社近所の喫茶店で話す事になったわけ。
のっけから何の挨拶もなしに茶封筒に入った調査報告書なるものを手渡された。
『COPY』と判が押してあったから多分複製だったんだろう。
プロの仕事らしく、丁寧に時系列にしてファイリングされていた。
内容の全容が明らかになるに連れ、持つ手が震えだしたのを覚えてる。
心臓がバクバクして視界が急に狭くなった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年2月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【おっぱい】職場で俺を馬鹿にしてくる男の彼女を寝取ってやった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺をバカにした男の彼女を焦らして虐めてたエッチな体験談。
職場で俺の事をバカにしてるクソ野郎の彼女を毎日の様に犯してる。
昨日ついに中出しして、今も興奮が冷めないから彼女との初エッチについて投下。
俺は26歳の178cm90kgとちょっとデブで、同期の黒縁メガネに小馬鹿にされている。
仕事自体は俺の方が出来るし給与も若干だが高いのだが、黒縁はイケメンというわけではないが立ち居振る舞いがスマートで、同期の連中や女性社員からは圧倒的に人気がある。(もてている、というわけではないけど)
黒縁は同期会に俺を呼ばなかったり、人前で聞こえよがしに罵倒してきたり、俺の営業成果を横取りしようとしたりと、とにかく俺の事を嫌っている。
そんな男がベタ惚れしている女を犯しまくるのは本当に溜飲が下がる。
女の名前を仮に由里にしよう。21歳、平成生まれの女子大4年生だ。
コネでほぼ就職が決まっていて、最近は毎日のように俺の家にくる。
161cm、細身・色白のDカップで、読モ系の整った顔立ちでお嬢様育ち。
黒縁がベタ惚れしてる女ときては興奮しないわけがない。
知り合ったのは、某SNSのスカイプ関係のコミュニティだった。
俺はブサイクな半分おっさんだが有名声優にそっくりらしく、声だけはよく褒められる。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】教え子の中学生にイカされて目覚めてしまった【実話告白】

中学校教員さん(20代)からの投稿
—-
当時、私は音大を卒業し、音楽を担当する教師として公立の中学校に勤めていました。
音大に入学した当時は、ピアノで身を立てていくことを夢見て一日中大学の防音室でひたすらピアノを弾き続ける生活をしていました。
ピアノ一本を生業の糧として生きていく、そんな夢が叶うのはほんの一握りの才能ある人間に限られていることはわかっていましたが、私は何度かコンクールでも入賞し、自分がその一握りの人間に入っているのだと信じていました。
青春のすべてをピアノに捧げた私でしたが現実はそんなに甘くはなく、結局は手元に残ったのは、音楽の教師の免状だけでした。
大学を卒業して勤め始めた学校は特に問題となるような生徒もおらず、三年目には合唱部の顧問も任されるようになりました。
そんな頃、先輩教師であった夫と結ばれて、それなりに幸せな新婚生活と充実した教師生活を送っていました。
夫は初婚でしたが私よりも20歳も年上で、教師としてもベテラン中のベテランで、新米の教師であった私が面倒を見てもらううちに自然とそのような仲になったのでした。
私の初めての人は夫でした。
夫の家にお邪魔をして、学校行事の打ち合わせをしていた後、自然に抱き合って気がつくと唇を合わせていました。
私は頭の中が真っ白になり、一枚一枚身に着けているものを脱がされていくのを抗うこともせず、気がついたら全裸にされていました。
私は胸が小さいのがコンプレックスで、腕で胸を隠していましたが、夫はそんな私に、
「可愛いよ、もっとちゃんと見せて」
そう言って優しく私の腕を胸から引き剥がすと、ゴツゴツとした掌で私の乳房を包みました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【初体験】【義妹】妻の妹と関係を持ってから今に至るまで【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
義理の妹にストリップをさせた話です。
私は現在30歳、妻子持ちの会社員で、妻は歳上で32歳で子育て真っ最中。
妻の妹は25歳で明るく、エロい体つきが魅力。彼氏なし。
聞いてないけど、多分処女。
エロい身体つきがセールスポイントだと判っているから、わざとエロい仕種をする。
僕が
「セクシーだね、お姉さんと全然次元が違う」
と褒めると更にエロくなる。
「直ちゃんを後ろから攻めるとしたら、どんな景色かな?」
と言うと、僕の前にお尻を向けて壁に手を付いて
「こんな感じです」
と笑う。
「床に手を付くと、どんなかな?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:初体験談

【初体験】友達の彼女が拉致されて輪姦されたので主犯格の男の妹に同じことをしてやった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
若い頃にやった、今思うと恐い思い出です。
当時、僕は何をやっても中途半端で、高校には通ってたけど中途半端な進学校で、その中でも中途半端な成績でギリギリ留年はしないものの追試、再試は当たり前。
勉強が駄目ならスポーツは・・・というと、まぁまぁ県下では強い方のサッカー部に入ったものの下手くそで、3年間ずーっとCチーム(三軍)で1チーム16名で各学年16名ずつしか入部出来ないのに、ずーっとCチーム。
成長も無ければ2年後輩にも劣っているって事。
それは言われなくても判っているから努力した。
努力したけど実らず
「天才は1%の才能と99%の努力」
という言葉を監督の先生から聞かされて
「どうせ僕には1%の才能すら無いんだ」
と自分で自分を卑下していた。
でも、そんな俺でも受け入れてくれてバカにもせず対等に付き合ってくれた連中がいた。
やっぱり勉強もスポーツも天才ではなかったが、優しさと仲間意識は誰にも劣らない連中で、尾崎豊が好きな連中だった。
バイクを走らせたり夜中に集まって騒いだり、楽しかった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:初体験談

【レイプ】不倫相手への復讐として兄妹に近親相姦させた【実話告白】

彩美と申します。私は足立区に住む27才、結婚1年目の主婦です。
2年前、まだ独身だった頃の話です。
世田谷区に住む、ある企業の役員の方の御自宅に住み込みで、22才の時から家政婦をしていました。
その役員の男性と私は、家政婦になってすぐ不倫関係になりました。
その方を私は本気で愛してました。
役員男性の家庭は、奥様の他に小学6年生の長男、小学5年生の長女がいました。
長男をタケル君、長女をユウコちゃん(いずれも仮名)とします。
不倫は家族に知られる様子もないまま3年近く続きました。
そして私は妊娠。
不倫相手だった役員男性以外との性交渉は一切経験が無かった当時の私にとって、胎児の父親がその役員男性である事は明白でした。
不倫とは言え、愛する人と作った子供です。
私は産んでシングルマザーになりたいと、役員男性に言いました。
役員男性は焦った様子で、中絶を強く要求してきました。
私は泣く泣く中絶をしました。
それから役員男性との関係がギクシャクし始めました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年2月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【フェラチオ】友達の姉が虐められてたので復讐のために闇討ちした【実話告白】

中2の時、友人の一つ上の学年の姉が虐められてたから、二人で主犯格と取り巻き数人を闇討ちした。
虐めの内容としては、よくあるやり方だったそうだ。
教壇に下着姿で立たされたり、トイレに連れて行かれてフェラさせられ、それを写メで回されたり。
あとはチョークの粉をぶっかけられたり。
ちなみに復讐のキッカケとなった出来事は、姉がイチモツ咥えさせられて泣いてる写メを、取り巻きの奴に見せられた事だった。
仕返しの方法は単純だった。
そいつらが下校時、1人になる瞬間を狙って2人で襲い掛かる。
不意打ちで二人がかりだから、簡単だったよ。
相手が謝ってきたら止めるようにしたが、主犯格をやった時はそうはいかなかった。
友人、無表情でそいつの顔面を蹴りまくってた。
俺が必死でしがみ付いて止めた時には、もうそいつは顔面がボコボコで、親でも分からないようなツラだった。
何とか落ち着いた友人が、最後にそいつの耳に顔近づけて何か言って、そのまま俺たちは帰った。
自分達がやった事なのは分かっているんだが、泣き声と呻き声が混じったそいつの声がどうにも心地悪くて、今も耳に残ってる。
ちなみに最初に取り巻きをやろうとした時に友人がバット持ってきたから、
「さすがに凶器はやめよう」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年1月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】偉そうな女店長を泥酔させてエロい仕返し【実話告白】

俺のバイト先の店長がすごく綺麗でスタイルもいいんだが、なんせ偉そうで腹が立つ。
言っている事は正論なんだけど、そこまで言わなくてもって感じなんです。
俺の連れと一緒にバイトしてるんだが、仕事はハード過ぎて安月給なのでやめようと相談してたんですけど、やっぱりあの女店長に仕返しがしたいと思って、最後にヤッてしまうという事になりました。
腹立つ人ですけど、性的には全然イケる。
かなり酒癖も悪いと聞いていたんだが、酔わしてやっちゃおうと。
店が終わってから、俺たち二人はその女店長に相談があるといってある居酒屋へ呼び出しました。
辞めたいと俺達が言うとやっぱり鬼の説教が始まり、お酒も入ってヒートアップ。
辞めたいというのもあったけど、まずは酔わせる事に集中し、ガンガン飲ませました。
2時間ほど飲ませ続けたら、やっとの思いで酔いつぶれてきた。
外に出るともう一人では歩けないぐらい酔っている。
言ってる事もちぐはぐでかなりきている。
そして、俺のアパートへ連れて行くなり、店長は倒れこんだ。
俺と連れでジャンケンして、どっちが先にやるかという事を決め、俺が負けた。
俺は別の部屋で待機してたんだけど、連れは
数分で終了。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年12月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談
1 / 212

このページの先頭へ