【レイプ】中学時代、義父の知り合いらしき2人に毎月ずっと犯され続けた【実話告白】

私の家は母子家庭だったのですが、私が中学1年生の時に母親が再婚しました。
私はずっと母親には幸せになってもらいたいと思っていたので、本当に心から嬉しかったです。
義父も優しく良い人で、私もすぐに「お父さん」と呼ぶ様になり、それを見て母が嬉しそうに笑ってくれ、私も母の笑顔と初めてお父さんと呼べる事に幸せを感じていました。
ところが、私が中学3年生の時に義父が会社をクビになり、一日中家にいるようになって母が代わりに昼も夜も働く様になりました。
ある日、私が家に帰った時玄関に見慣れない靴があり、
(お客さんかな、珍しいな?)
と思う事がありました。
リビングには知らない義父と同年代位の男性が2人ソファーに座っていて、私に
「お帰り!」
と言ってきました。
私は軽く会釈をして父に
「誰?」
っと訪ねると、父はバツの悪そうな顔をして、
「いいから部屋に行ってなさい」
と言われました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年3月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

このページの先頭へ