【フェラチオ】職場のめちゃくちゃ綺麗な先輩の弱みを作って脅迫【実話告白】

お盆の季節になるといつも思い出す事がある。
会社の総務部に小林美和(仮の名)さんというメチャクチャ綺麗な先輩がいた。
“道で擦れ違うと男が振り返って見るような美女”という表現があるが実際に、知らない男が振り返って美和さんを見る事が度々あった。
何を隠そう俺が今の会社に入社したのも新卒採用のセミナーで、会社説明をする小林美和さんの聡明な美しさに一目惚れしたからだ。
入社するとすぐに新入社員研修などで総務部所属の美和さんとは、顔を合わせる機会が度々あった。
しかし、引っ込み思案である俺は、どうしても話しかける事ができず、ただ姿をじっと眺めているだけだった。
7月始め研修も終わりかけたある日、書類を提出するため総務部を訪れると美和さんが、身をかがめて書棚の低い場所を整理していた。
俺が
「すみません」
と声を掛けると、美和さんはそのまま振り返って俺の方を向いた。
すると、なんと美和さん、少し胸の開いたシャツを着ていたため、白のブラと、胸の谷間が丸見えだった。
俺はあまりのラッキーに緊張しまくって、まともに見る事ができずに、汗びっしょりになりながら書類を置いて逃げるように去ってしまった。
それでも、その日から数日間は俺の夜の楽しみがとても充実したものになった。
研修が終わり配属されると多くの者は営業や技術などに配属されるのだが、俺は本社の管理本部(人事・経理・総務など)の配属となった。
残念ながら総務部ではなかったが、歓迎会など社内の行事は管理本部全体で行われるため、憧れの美和さんとお近づきになる機会も度々あった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年1月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【マニアック】ガラス棒を突っ込んで採便【実話告白】

15年程前の採便のお話です。
私は、中高大と鹿児島にいました。
そこで大学の寮に入る事になり保健所で健康診断を受けました。
最後に受け付けで
「採便をして下さい」
と言われまして、地下室に向かいました。
そこで、メガネをかけた、ぽっちゃり型の女の子とすれ違いましたが、その時とても恥ずかしそうな照れ笑いを浮かべたのです。
オレの事好みだったのかなと勝手に解釈して言われた通り措置室に。
すると
「履いている物を膝まで下ろし、前の台に手をついて」
「口を大きく開けて」
と言われ、その通りにした次の瞬間
「おおー!」
って声を上げてしまいました。
棒を突っ込まれたのは、分かりましたが、さらにもう一発……すでに立ってるのもやっと。

実話告白体験談関連タグ

||||

2013年9月18日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【恋人】観覧車でエッチしてたら彼女の様子がおかしくなった【実話告白】

僕は以前から観覧車でエッチがしたいと思っていた。
休日になり、彼女とノリノリで観覧車に向かった。
並んでいる時も、これからの事を考えるとドキドキして楽しかった。
そうこうしているうちに自分達の順番が来た。
箱に乗って少し上がった所で、係員が見えなくなった。
そして彼女を抱き寄せキスをし、胸を揉み下半身を触った。
彼女も準備OK。
僕は彼女を馬乗りにさせ、スカートを捲り上げて挿入した。
ガラス張りの狭い空間に、テンションは上がった。
瞬間”ガタン”と音を立てて観覧車は止まった。
普通なら恐怖を感じたり慌てたりするだろうが、僕はエッチする時間が長くなったと思い、心の中でガッツポーズを握った。
彼女の締りが良くなって来る。
かなりいい感じだと思い、僕は腰を動かそうとしたが今以上奥に入っていかない。
何か変だと思って彼女を見ると、苦しがっている様子だった。
一度抜こうとしたが、締まりがキツくて抜けない。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2013年8月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:恋人との体験談

【職場】職場の健康診断で恥ずかしい思いをした【実話告白】

先日、会社の健康診断がありました。
健康診断は、基本的に会社の会議室を利用して順番に行われます。
検尿、身長・体重測定、視力、採血、聴覚、胸部レントゲン、心電図、内科検診と続きました。
胸部レントゲンは、会社敷地内にレントゲン検査の車が停車していて、そこで行われます。
胃のレントゲンは私が24歳だったのでありませんでした。
聴覚の検査まで終わった後、レントゲンの検査のために、レントゲン車に向かいました。
会社では上は紺のブラウスに白のベスト、下は紺のスカートの制服なのですが、レントゲン検査のために、皆は上のベストは脱いで手で持ち、並んでいました。
レントゲン車の中に入ると注意事項が白のプレートに書いてあり、
「金具のついている衣類は脱いで下さい。(女性の方は、ブラジャーは外して下さい)」
と書いてありました。
しかたなくブラジャーを外し、ブラウスを羽織って待っていました。
レントゲン撮影の部屋に入ると、レントゲン技師は若い茶髪の男性技師で、私と同年代くらいの人でした。
技師に、
「上を脱いでこちらにどうぞ」
と言われ、ブラウスを脱いで上半身裸の状態で胸を腕で隠しながら、進んで行きました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2013年8月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

このページの先頭へ