【おっぱい】入院してきた男子中学生のオナニー介助【実話告白】

とある個人病院で働く28歳の看護師です。
先日、15歳の男の子が手術のために入院してきました。
男の子は私が看護学生の頃からよく入院していたので、お互いよく知っていました。
朝の体拭きの時の事です。
彼のちんこが急に元気になっちゃいました。
子供の時の感覚でいた私は、一瞬ドキっとしました。
小さい頃に入院した時は、一緒にお風呂に入って、無邪気におっぱいに触ったり乳首に吸い付いたりしていた子が男になったんだ・・・そう思いました。
石鹸を泡立てガーゼでちんこを洗い始めると、さっきより大きく硬くなってきました。
「気にせんでいいよ。看護師さん達も気にしてないけん」
と言いながらも、私はさらにちんこを刺激し続けました。
そして、裏筋を洗っているときの事です。
指に精液が流れてきました。
「ごめんなさい…」
と彼が言ってきました。
「気持ちよかった?」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年3月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【オナニー】同じ入院患者であるスタイルの良い女と、深夜の病院のトイレでエッチ【実話告白】

1年前に腕の骨折で入れたプレートを抜く手術のため、高校2年の時にとある病院に入院した時の話。
俺が入院していた当時、ある噂がその病院に流れていた。
見た目悪い所がないのに、なぜか退院せずに2年も病院に居座っている女がいるらしい。
彼女の年齢は17歳。
身寄りがないため、児童保護かなんかで療養として入院している。
スタイルが良く、胸も大きい。
伸びきった髪をかき上げる姿は、は病院の浴衣のせいもあってか妙に色っぽかった。
俺は手術後、傷の治りが悪く2週間入院した。
術後は傷の治りが悪いだけで自由な入院生活をしていた。
そんなある日、談話室の自販機にでジュースを買っていると、後ろから例の彼女に話しかけられた。
「学校はどこか」とか「彼女はいるか?」とか、他愛のない話。
今も覚えてるのは、彼女の浴衣の襟辺りから見えた乳首ぐらい。
綺麗な胸してた…やらしい丸みを帯びててね。
そんな彼女は夜眠れない事が多いようで、1階にある病院の外来の待合室でテレビを見てたりしているらしい。
「夜、一緒に話したいから23時に降りて来て」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年9月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:オナニーの体験談

このページの先頭へ