【フェラチオ】【抜ける】生物研究で精子が必要になり、憧れの先輩に口で抜いてもらうことになった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
高校の時の話。
生物部で後期の各班の研究テーマを話し合った時、僕のグループは
『細胞の運動』
というテーマになり、2人ずつペアを組んでいろんな細胞の運動の仕方を調べる事になりました。
僕は2年の副部長(凄い美人)とペアになって、鞭毛運動について調べる事になりました。
でも、鞭毛運動をする細胞なんてそんなに種類がないので、すぐに研究が行き詰まってしまいました。
このままでは冬休み前にする中間発表に間に合わず困っていると、先輩が
「ヒトの鞭毛運動を調べよう」
と言い出しました。
僕が
「ヒトの細胞に鞭毛運動している細胞なんてあるんですか?」
と聞くと、先輩は真っ赤な顔をしてしばらく困ったような顔をしていましたが、やがて小さな声で
「精子」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年11月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

このページの先頭へ