【不倫・浮気】ショタな男の子といけない子作り 【実話告白】

私は亜希といいます。人妻で、家族は5歳年上の夫と子供が3人おります。もっとも今は夫は海外に長期に出張中で、夫の従妹の美優ちゃんと従弟のまさるくんが同居しており、6人で暮らしています。子供たちは実の母である私をあーまま、育ての母である美優ちゃんをみーままと呼び、まさるくんをぱぱといっています。でも、その呼び方は決して間違ってはいないのです。なぜなら3人の子供の本当の父親はまさるくんなのですから。

 私が夫ではなく、まさるくんとの間に子供を作ったのは理由があります。夫は会社の社長の息子で、事務員で入社した私は会社内では一番の美人という事で夫に見初められました。しかし、田舎の夫の祖母がこの結婚に大反対しました。夫の父も母も祖母の言うことは聞かなくてよいといってくれたのですぐに結婚しました。でも、祖母はわざわざ上京し、私を罵倒しまくりました。夫は何もいえませんが、祖母に苦しめられた過去のあるまさるくんが怒って祖母を、田舎に追い返したので、事なきを得ましたが、結婚しての1年間、毎晩、生でセックスしたにも拘らず妊娠しませんでした。その事を知った祖母がやってきて、私の事を欠陥品と罵る始末。私は体を調べてもらったが特に問題はありませんでした。夫のほうに問題があるかと思いましたが、祖母が私が悪いの一点張りで話し合いになりませんでした。最後はまさるくんが祖母を追い返してくれました。

 美優ちゃんに思わず相談すると、美優ちゃんは夫が20歳の頃に高熱の病気にかかっていたので、精子が駄目じゃないかと教えてくれました。それを聞いて私は途方に暮れました。セックスのとき、ちゃんと射精するので精子がないわけではありません。時間を掛ければ不妊治療も可能ですが、それを許す祖母ではありません。

 そんな中、義父の会社に勤めるまさるくんの両親が仕事で引っ越す事になり、私立の学校に通う息子を寮に入れるという話を聞き、私は自分の家に同居させることを提案しました。まさるくんは小さい頃の夫によく似ており、血液型も一緒だという知っていました。何より祖母から助けてくれて以来、私はまさるくんの事が好きでした。だから、私はまさるくんとセックスをして、子供を作ろうと考えました。もちろん、そのことはおくびにも出さず、夫に同居の事を話すと特に賛成してくれました。夫も仕事で出張が多くなってきているので、私の側に誰かいたら安心だという考えあったからです。まさるくん本人とご両親も同居に賛成してくれました。こうして、私の家にまさるくんが来てくれました。

 まさるくんが来て、数日後、春休みの初日、夫は長期の海外出張に出かけました。夫を送り出してすぐに二人きりになった私は早速まさるくんとセックスをしようと張り切りました。目的は子作りですが、相手は大好きなまさるくんです。その初めての相手になるのですからテンションもあがります。私はお風呂を沸かし、まさるくんを先に入れました。そして、すぐに私も裸になり、お風呂に入ります。

「あーちゃん、なに」
 当然のことですが、まさるくんは驚き、股間を隠します。
「せっかく、二人っきりだから、一緒に入ろう」
「でも」
「いいじゃない。それに夫もいないのだから、お風呂だけではじゃなくて一緒に寝よう」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年6月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【友達】娘と・・・・【実話告白】

俺には25歳の娘がいます。
娘はすでに結婚して大阪に住んでいます
この春、仕事で大阪に出張した時、娘に電話すると夕食を食べていってと言われたので俺はワインを2本かって娘のマンションに行きました。
娘に逢うのは孫が生まれてから、半年ぶりだったし孫の成長を楽しみにしていました。
娘のマンションに着いたのはたしか7時ごろだったと思います。
娘の旦那はその日は夜勤だったみたいで丁度出社するところでした。
タイミングが悪かったなぁと思いつつ、ワインを娘に手渡しました。
すると娘は
「ずっとお酒やめてたんだぁ」というので
「なんで?」と聞きなおすと
「母乳からアルコールがでちゃうかもとおもって」と答えました
ってたわいもない話をしているうちに嫁の旦那が仕事にでかけました
「ワイン飲む?」って娘に聞くと
「うん。飲みたいなぁ」っていうので
「じゃ先におっぱいあげたら?」というと

実話告白体験談関連タグ

|||||

2014年8月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】いけない子作り【実話告白】

 私は鮎子といいます。人妻で、家族は5歳年上の夫と子供が3人おります。もっとも今は夫は海外に長期に出張中で、夫の親戚の美由子ちゃんとまさるくんが同居しており、5人で暮らしています。子供たちは実の母である私をあーまま、育ての母である美由子ちゃんをみーままと呼び、まさるくんをぱぱといっています。でも、その呼び方は決して間違ってはいないのです。なぜなら3人の子供の本当の父親はまさるくんなのですから。
 私が夫ではなく、まさるくんとの間に子供を作ったのは理由があります。夫は会社の社長の息子で、事務員で入社した私は会社内では一番の美人という事で夫に見初められました。しかし、田舎の夫の祖母がこの結婚に大反対しました。夫の父も母も祖母の言うことは聞かなくてよいといってくれたのですぐに結婚しました。でも、祖母はわざわざ上京し、私を罵倒しまくりました。夫は何もいえませんが、祖母に苦しめられた過去のあるまさるくんが怒って祖母を、田舎に追い返したので、事なきを得ましたが、結婚しての1年間、毎晩、生でセックスしたにも拘らず妊娠しませんでした。その事を知った祖母がやってきて、私の事を欠陥品と罵る始末。私は体を調べてもらったが特に問題はありませんでした。夫のほうに問題があるかと思いましたが、祖母が私が悪いの一点張りで話し合いになりませんでした。最後はまさるくんが祖母を追い返してくれました。
 美由子ちゃんに思わず相談すると、美由子ちゃんは夫が20歳の頃に高熱の病気にかかっていたので、精子が駄目じゃないかと教えてくれました。それを聞いて私は途方に暮れました。セックスのとき、ちゃんと射精するので精子がないわけではありません。時間を掛ければ不妊治療も可能ですが、それを許す祖母ではありません。
 そんな中、義父の会社に勤めるまさるくんの両親が仕事で引っ越す事になり、私立の学校に通う息子を寮に入れるという話を聞き、私は自分の家に同居させることを提案しました。まさるくんは小さい頃の夫によく似ており、血液型も一緒だという知っていました。何より祖母から助けてくれて以来、私はまさるくんの事が好きでした。だから、私はまさるくんとセックスをして、子供を作ろうと考えました。もちろん、そのことはおくびにも出さず、夫に同居の事を話すと特に賛成してくれました。夫も仕事で出張が多くなってきているので、私の側に誰かいたら安心だという考えあったからです。まさるくん本人とご両親も同居に賛成してくれました。こうして、私の家にまさるくんが来てくれました。
 まさるくんが来て、数日後、春休みの初日、夫は長期の海外出張に出かけました。夫を送り出してすぐに二人きりになった私は早速まさるくんとセックスをしようと張り切りました。目的は子作りですが、相手は大好きなまさるくんです。その初めての相手になるのですからテンションもあがります。私はお風呂を沸かし、まさるくんを先に入れました。そして、すぐに私も裸になり、お風呂に入ります。
「あーちゃん、なに」
 当然のことですが、まさるくんは驚き、股間を隠します。
「せっかく、二人っきりだから、一緒に入ろう」
「でも」
「いいじゃない。それに夫もいないのだから、お風呂だけではじゃなくて一緒に寝よう」
「…………いいの?」
 まさるくんはその言葉の意味をなんとなく理解してか、恐る恐る聞く。
「うんいいよ。まさるくん、私のこと好きでしょ。私もまさるくんのこと好きだから、今日から毎日好きなだけセックスさせてあげる」
 私はまさるくんに前も隠さず、自慢のEカップを見せて、お願いをすると「うん」と頷きました。
 私はまさるくんの体を洗ってあげました。子供だからといっても成長期ですから、体はやや同世代の男の子より少し大きめで身長も私の頭一つ小さい程度です。そして、肝心のオチンチンはどれくらいかと隠していた股間を開かせるとまあびっくり、巨根というほどではありませんが、夫とほぼ同じ大きさがありました。夫も大きいほうなので、このオチンチンなら私を満足させてくれるはずです。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【ゲイ・ホモ】本当は優しいご主人様2(つ)【実話告白】

ガキのザーメンを管理したい俺。
日々己で採取したザーメンは全部、白いボクサーパンツの中へ垂らしておけ!
俺の所へ来る時は真黄っきになった下着、それをはいて来るんだぞ。。
ゆっくり、俺の前でGパン脱がしてやる。
下着を剥ぎ取り、匂いをかぎながら・・
俺の前でじっくり搾乳してやる。
一通り、調教を重ねたら、公園デビュー。人前に連れてってやる。チンポに首輪つけて連れ出してやるぜ。
25歳以下の新鮮なザーメン垂れる事のできるガキしか、求めない。
大阪 163×48×46 真夜中OK 090-。。。。−・・・・

実話告白体験談関連タグ

|||||

2014年2月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの体験談

【小中学生】勇者「勇者養成課程が終了、いよいよ冒険だ!」【実話告白】

勇者「はぁ…辛い勇者学校の養成課程が終わり、ようやくスタートラインに立てたな」
教官「おう、勇者!準備はいいか?…
では出発だ、最初だけ冒険のコツ教えてやるからな」
町の門番「おや、教官。お出かけですか?」
教官「ああ、こいつが新しく勇者になったんだが…武器を預かってやってくれ」
勇者「え?武器を?ちょ、勇者学校では『武器は勇者の命』って…」
教官「あ?あれは嘘嘘
冒険者登録可能な職業の、最終試験に受からなかった奴は
町から出ないで一生を終えるから、知らないもんな
本当はさ、町の外は丸腰で歩けるぐらいに安全なんだよ」
【勇者は『銅の剣』を捨てた】
【勇者は『皮の鎧』を捨てた】
<>3 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:01:09.30 ID:D2rSYn1JO<>
勇者「え…丸腰でOKて…僕が6年間学校で習った事が、根底から覆るじゃないですか!」
教官「…まあ色々と事情があるのよ」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【妹】従姉との話・・・その三【実話告白】

226名前:作者◆qxyyRmmk投稿日:02/03/2817:40

従姉にいたずら   思い思いの重い想い 後編

俺たちは重い足取りで自宅に向かった。
言うべき事はわかっているつもりだったが
いざとなると気が重くなるのはやむを得ない。
途中で従姉が
「頑張ろ?」と勇気付けてくれるが
「うん。」と答えるのが精一杯だった。
親父と叔母の意見は予想がついたが
お袋の出方がいまいちわからなかった。
それ次第で流れが大きく左右する、そんな予感がした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月5日 | 実話告白体験談カテゴリー:妹との体験談

【マニアック】「姉ちゃんのおっぱい飲ませて!」「ちょっとだけなら・・・」【実話告白】

<>203 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/15(金) 23:24:42 ID:iY2RSS+90 [1/2]<>
俺も姉ちゃんの母乳飲ませてもらってた。俺が大学生の時に、姉ちゃんが結婚して子供産んだ。初めての出産だったし旦那が仕事で忙しく非協力的だと愚痴言って実家に戻ってた。子供産んでもしばらくは実家にいたし自宅に戻ってからも頻繁に旦那が育児に協力してくれないと実家に帰ってきた。俺がよく赤ちゃんの面倒見たりしてたけど、その時に俺の目の前で赤ちゃんに母乳あげてた。姉ちゃんのおっぱい間近で見てちょっと興奮してた。赤ちゃんは起きてる時はあまり飲まなくて母乳溜まると乳房が張るし寝てる時に飲ませるためにも搾乳機で母乳を搾っていて搾乳機に溜まってたのを「ちょっと飲んでみて良い?」って聞いて飲ませてもらった。

<>204 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/15(金) 23:25:42 ID:iY2RSS+90 [2/2]<>
搾乳機で搾るのは結構痛いみたいだし、母乳の出が悪い時もあった。直接吸うと母乳の出が良くなるって聞いて「俺が吸ってあげようか?」って笑いながら聞いたら「ダメ、これは赤ちゃんのだから」って言うから「良いから任せなって、おっぱい痛いんでしょ」って言って直接おっぱい吸ってみた。恥ずかしがってたのに、1回吸うと姉ちゃんは大人しくなって黙って俺に吸われてた。終わってから「ねえアンタ、私のおっぱい吸いたかったの?」って聞いてきて「それだとダメ?最近、姉ちゃんの事しか口にしないから・・・」って言うと「面倒見てくれてるし・・良いよ」って言ってくれて、それからも直接飲ませてもらった。たぶん姉ちゃんも性欲溜まってたんじゃないかと思う。

<>205 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/16(土) 00:55:24 ID:EBeOXRJsP [1/3]<>
>>203-204おっぱい見て興奮したということだが、吸ってるときはやはり勃起した?

<>209 名前:203[sage] 投稿日:2010/01/16(土) 13:56:18 ID:acLm1wmQ0 [1/2]<>
>>205むしろ吸う前からギンギンだった。吸う時は押し倒して吸ってたし。たぶん勃ってる事は気付かれてた。

<>210 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/16(土) 15:02:27 ID:EBeOXRJsP [2/3]<>
>>209俺もそれくらいやる勇気が欲しかった。うらやましい。押し倒すところまでいくと、流れで最後までいっちゃう気もするんだが、どこかでストップしたのかな?勃起したものはどう処理した?

実話告白体験談関連タグ

||||

2014年2月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【近親相姦】姉の母乳飲んだことあるやついる?【実話告白】

203 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/15(金) 23:24:42 ID:iY2RSS+90 [1/2]
俺も姉ちゃんの母乳飲ませてもらってた。俺が大学生の時に、姉ちゃんが結婚して子供産んだ。初めての出産だったし旦那が仕事で忙しく非協力的だと愚痴言って実家に戻ってた。子供産んでもしばらくは実家にいたし自宅に戻ってからも頻繁に旦那が育児に協力してくれないと実家に帰ってきた。俺がよく赤ちゃんの面倒見たりしてたけど、その時に俺の目の前で赤ちゃんに母乳あげてた。姉ちゃんのおっぱい間近で見てちょっと興奮してた。赤ちゃんは起きてる時はあまり飲まなくて母乳溜まると乳房が張るし寝てる時に飲ませるためにも搾乳機で母乳を搾っていて搾乳機に溜まってたのを「ちょっと飲んでみて良い?」って聞いて飲ませてもらった。

204 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/15(金) 23:25:42 ID:iY2RSS+90 [2/2]
搾乳機で搾るのは結構痛いみたいだし、母乳の出が悪い時もあった。直接吸うと母乳の出が良くなるって聞いて「俺が吸ってあげようか?」って笑いながら聞いたら「ダメ、これは赤ちゃんのだから」って言うから「良いから任せなって、おっぱい痛いんでしょ」って言って直接おっぱい吸ってみた。恥ずかしがってたのに、1回吸うと姉ちゃんは大人しくなって黙って俺に吸われてた。終わってから「ねえアンタ、私のおっぱい吸いたかったの?」って聞いてきて「それだとダメ?最近、姉ちゃんの事しか口にしないから・・・」って言うと「面倒見てくれてるし・・良いよ」って言ってくれて、それからも直接飲ませてもらった。たぶん姉ちゃんも性欲溜まってたんじゃないかと思う。

205 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/16(土) 00:55:24 ID:EBeOXRJsP [1/3]
>>203-204おっぱい見て興奮したということだが、吸ってるときはやはり勃起した?

209 名前:203[sage] 投稿日:2010/01/16(土) 13:56:18 ID:acLm1wmQ0 [1/2]
>>205むしろ吸う前からギンギンだった。吸う時は押し倒して吸ってたし。たぶん勃ってる事は気付かれてた。

210 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/16(土) 15:02:27 ID:EBeOXRJsP [2/3]
>>209俺もそれくらいやる勇気が欲しかった。うらやましい。押し倒すところまでいくと、流れで最後までいっちゃう気もするんだが、どこかでストップしたのかな?勃起したものはどう処理した?

実話告白体験談関連タグ

||||

2014年1月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【小中学生】オバちゃんのはオメコ怪獣【実話告白】

僕が中学3年生の時に体験した話。
夏休みのある日、僕は当てもなく散歩でウロウロしていました。
ウロウロして家まで戻って来て家の玄関のドアを開けようとした時、隣の家をチラッと見たら隣の家のオバちゃんがしゃがんで何かをしていました。
隣のオバちゃんは30代後半で顔は普通だけど身体がムチムチしてて、デブではないけど大柄で洋物のビデオに出てくるような爆乳でデカ尻!
身長も175センチはあります。
その隣のオバちゃんはどうやら庭の草むしりをしていたようです。
オバちゃんはスカート履いてしゃがんでいたんで、
(ひょっとしたらパンツ見えるんちゃうか?)
と思い、オバちゃんに見つからないようにスカートの中が見える位置に移動して見たら思ったとおりオバちゃんのパンツが見えました。
(うわぁ、白やぁ)
とドキドキしながら見てました。
オバちゃんは生足のようです。
時間にして3分位は見てたでしょうか、太ももムッチリの間に白のパンツを豪快に見せながらオバちゃんは僕に気付かずに草むしりをしています。
僕はその時点でチンチンがビンビンになってました。
ビンビンになったチンチンをズボンの上から掴んだ時、草むしりしてたオバちゃんが急に顔を上げてこっちを見たんです!

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年1月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【フェラチオ】小学生の頃黒木メイサに似てるお姉さんに色々教えてもらった【実話告白】

これは私が11歳の頃の話。
アパートの向かいに住むお姉さんは23歳で、今の芸能人で言うと黒木メイサ似の可愛らしい方。
そのお姉さんには生後6ヶ月の女の赤ちゃんがいた。
当時私には小1の妹がいて、学校から帰宅後二人で赤ちゃんを見にお姉さんの家にお邪魔していた。
母乳を飲ませる姿を見て、妹が舐めてみたいと言うので、お姉さんは乳首をつまんで母乳を少し出して舐めさせていた。
乳首から母乳がピュッ、ピュッと出てくる姿にドキドキ感、いわゆる興奮してしまい、下腹部に痛みを覚えた。
勃起という奴だ。
自身、何故勃起現象が起こるのか分からず、また勃起が病気なのではないかとこの時期はよく悩んでいた。
妹は母乳を飲み終えた赤ちゃんの横に付きっきりとなり添い寝。
一方の私は下腹部の痛みがいつまでも治まらず手で押さえながら、中腰の体制でうろちょろしていた。
その姿を見てお姉さんは心配しながら声を掛けてきた。
私は
「大丈夫です」
と返事したが、今まで以上に勃起が激しかったので、お姉さんにこの状況をそのまま伝えると、クスッと笑いながら
「取りあえず見せてみて」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年12月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談
1 / 41234

このページの先頭へ