【おっぱい】2人とも未経験な状態での新婚旅行【実話告白】

僕自身童貞で、妻も経験なしで婚約しました。
だから、いわゆるオマンコにチンポをハメハメしたのは新婚旅行の第一夜なわけです。
もちろん僕も健康な男でしたから、女性の張り切った腰回りとか豊かな胸を見る度に男の下半身の欲望を満たしたいと…しかし…度胸がなかったので体の関係は持った事がありませんでした。
だから妻を紹介され、見初めたと同時に、早くこの女性と生まれた姿のまま抱き合い、硬く勃起したチンポをを思いっきりこの女性のまだ見た事もない、男を優しく迎えてくれるところへ思いっきり突き刺し、溜まりに堪った精液を出すべきところへ放出する事を夢想し、毎晩自慰行為に耽りました。
婚約中、肩に手を廻してキスする時、自然に腰に手が触れた時の重量感のある臀部。
思わずチンポが勃ってしまい、抱き合った時に彼女の太ももにそれが触れた時…ビクンと体を震わせた時こちらの思いを悟られたバツの悪さ。
恥ずかしそうにニッコリした愛らしい横顔、その晩もそれを思い出すと堪らなくなって帰宅してから、またまた彼女の陰毛に覆われているであろうあそこを妄想して自慰をしてしまいました。
初夜というとロマンチックな響きがあるけど、婚約中最接近したのは肩に手をかけさせ、こっちは相手の腰に手を回してキスした時のみ。
勿論手でオッパイをモミモミもしてないし、公然とお尻も撫で回してない。
だから、いきなり、生まれた姿で抱き合ってオマンコにチンポをハメハメさせられるか、大いに不安はあった。
夕食を済ませ、お風呂は別々に入り、仲居さんが2組布団を敷いてくれ、どちらともなく
「休む?」
ってムードでそれぞれの布団に入って数分間…妻の布団に手を伸ばし、妻の手を握ったら強く握り返してくれたのでそちらの布団へ移り、お互いに抱き合い
「実は僕初めてなんだ」
と打ち明ける。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年12月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ