【近親相姦】限界集落の須田君【実話告白】

須田浩二君のこと覚えてるかしら。
なおぼんの拙著「限界集落」でいい目をした大学院生ですね。
須田君が、農家の安井さん宅に住み込んで、お仕事を手伝いながら修士論文を仕上げたらしいの。
安井佳代さんが、お母さんのあやのさんと二人で田んぼと畑をきりもりしてるの。
娘さんの雅美さんがいるんだけど、神戸の大学に行っててそこにはいないんだって。でもね、お母さん、雅美さんと須田君を娶せたらしいのよ。
須田君が娘婿になって農業を継いでくれたら安井家は安泰よね。
須田君もそのことはわかってるから、大いに乗り気でさ、雅美さんと意気投合しちゃったってわけ。あたしの悪友の谷口氏の言った通り「親子丼」になったんだ。
昨日、須田君が婚約の知らせを持ってあたしたちのたまり場「あかべこ」にやってきたんだ。
※「あかべこ」は京阪六地蔵駅前の居酒屋(?)みたいな汚い飲み屋。あたしに会いたかったらそこにおいで。「え、この子?」
彼の差し出した写真を見てあたしは、びっくり。だってKちゃんにそっくりだったから。
ま、他人の空似だろうけど。
※Kちゃんは、あたしに将棋を教えてくれてる、中三の女の子で、その代わりにお勉強をみてやっているんだ「須田君、あずみちゃんとはどうなったの?」
「別れたよ。あいつ、信州の実家に帰ったんだ」
「へえ。おっぱいの大きな子だったのに」
「ただのデブだよ」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2017年12月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【出会い系】生まれて初めての未亡人 【実話告白】

年上の女性(当時53歳)と一年半のあいだおつきあいをしていました。旦那さんは亡くなって子供さん三人と暮らしていて、若い頃は薬師丸ひろ子似だったようなすっきりとした顔立ちで話も合いました。何度か居酒屋デートして、その日盛り上がったのでラブホテルに誘ってみると向こうも待っていたようですんなりといきました。
ホテルに入るときゅっと抱きしめて、長いキスをしました。彼女もキスが好きなようで、ベッドに倒れこみながら激しく舌を吸い込んできます。彼女は「ああ、ああ」と何かものすごく興奮したようすで体をくねらす感じです。バストを揉むより先に、スカートの中に手を入れました。相当濡れていました。
クリトリスに指先をあてて持ち上げるようになでると彼女は「ふーう」と興奮した声を上げました。キスをしたまま、まずスカートを脱がし下半身を裸にして、そのあと上半身の衣服を脱がせてあげました。僕は、ネクタイ姿ですが、彼女はすっ裸の状態です。おっぱいは、小さめですが、先っぽがツンと出て指でつまむとこりこりといい感触です。

キスを中止して立ち上がると、彼女の両足を思いきり開きました。彼女は「明かり消して」といいましたが、お構いなしで濡れた貝を開きました。ビラビラもそんなにめくれた感じはなく、濡れていいにおいがしていました。クリちゃんをなめながら、指を出し入れしすると、「いい、いい」と大きな声をたてます。

「だめいく」といって挿入をせがんできました。僕は衣服を脱いで、69の形になりました。バナナのようにそそり立ったオチンチンを彼女の顔に近づけると彼女はそれに吸い付きました。軽く腰を振るとキュキュと口で閉める感触はなかでした。クリちゃんを舌で上下していると、また「入れて」とせがんできます。あくまでもオチンチンを挿入していきたいと言うのが彼女の要望だったので、お口に入ったものをすぽっと抜いて、体を入れ替えてぐっと入れました。

彼女は自分で腰を降り始めました。そして、一分もしないうちに「いくぅ」と声をあげて体を痙攣させました。そのとき、オチンチンに「ピチャ」という感覚があったので、僕はすぐに彼女が潮吹きであるとわかりました。「よし、今度はしっかりみてやろう」と思い、ぐったりとした彼女に今度は後ろからオチンチンを突き立てました。彼女はすぐに声をあげます。

すぐに要求してもいやがらないのが年上のいいところだと思います。右手でクリをこすりながら、左手でおっぱいを揉み、バックで突き立てていると、また「いくー」といったので膣のあたりを見てみると、挿入したオチンチンの間から、潮がぴちゃと飛ぶのがわかりました。「いつもこうなの?」「こんなに出たのは初めて。あなたうまい」彼女は二度もいったのに(そのほかに小さく何度もかいっている)まだ入れてと迫ってきます。

「正常位」で僕が射精するそのときの顔をみたいといってきます。「いいよ」と腰を動かしたものの、出そうと思うとなかなかでません。体位を変えながらおそらく一時間以上は腰を振っていたと思います。彼女はまたもイキました。そして射精の瞬間。ぴくんぴくんとオチンチンが痙攣して、ものすごい量の精子が飛びました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2016年1月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【フェラチオ】弱みを握られた美女 【実話告白】

父の親友である正和オジサンは、俺が通っているテニスクラブの理事長をしている。

三度の飯より将棋が好きだというオジサンは暇さえあれば我が家に指しに来ていた。

聞いたところによると将棋同好会時代から、オジサンが唯一勝てるのが、父だったのだそうだ。

大抵は父と二人でパチッパチッとプロも顔負けするくらい良い音を響かせているのだが、時々、俺も相手をさせられることがあった。

「ねえ、オジサン!新しいコーチって未亡人って聞いたけど、旦那さんとは離婚したの?旦那さんって、どんな人だったの?」

「そんな個人情報をぺらぺら教えられるわけないだろ」

「オジサン、さっきの”待った”で何回目だったっけ?」

実話告白体験談関連タグ

||||||

2015年5月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【人妻】人妻モノの動画に出てるAV女優が通勤路でよく見る人妻に似ていた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私は、32歳。二流の物販会社の営業マン。婚姻歴なし。彼女いない歴半年。
彼女は出来るけど長続きしないから経験素人マンコ数12だった。
デートも面倒くさいし、ただヤりたい時にヤらせてくれるだけの彼女が良いのだけど、なかなかそういう健気な女の子に出会えなかった。
だから、長い間ウェブサイトの素人もの人妻もの動画のお世話になっていた。
ある日、サンプルページをさまよっていたら目に留まった人妻がいた。
髪を束ねていないけど、その人妻は知っているように思った。
翌朝、私は通勤の為に駅に向かう途中にある一戸建て分譲住宅の前で立ち止まって庭を覗いてみた。
居ない。
私は再び、駅に向かう為に歩き始めた。
ちょうどその住宅の塀の角で、私は目的の奥さんとぶつかってしまった。
「あ、すいません」
「こちらこそ、すいません。ボンヤリしていて」
どちらの言葉が先か忘れたけど、同じような言葉を2人とも発していた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】未亡人と その3【実話告白】

69で未亡人のオマンコはヌレヌレになり、オレのチンポも元気になった。
オレは、未亡人のオマンコに即ぶち込めると思ったのだが。

何を思ったか未亡人は、オマンコにオレのチンポをぶち込まずオレの目の前でオナニーを始めた。
オレ:何してるの? チンポ入れないの?
未亡人:私のオナニーみて、もっと興奮してほしいの。

そう言うと未亡人は、オレを挑発するようにオナニーを続けた。

オレはなんだか、おあずけを食らってしまった。

実話告白体験談関連タグ

|||

2014年8月31日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】親友の位牌の前で【実話告白】

2年前、親友が心筋梗塞で亡くなった。それも会社の出張中で海外だった。
残された奥さん38歳と子供8歳は急に駆けつけることが出来ず、無言の帰
宅だった。俺は毎月の命日に親友の仏壇に手を合わせ親子の様子を見に行っ
ている。
1周忌が過ぎた頃、奥さんが、
「1周忌のとき、主人の会社の人がたくさん来てくださったのよ。そのとき
耳にしたんだけれど、主人ね現地の未亡人のお宅のベッドで心臓の発作が来
たみたいなの。救急車が来たとき、主人はもうすでに亡くなっていて、裸だ
ったそうなの。未亡人の人が発作が起こってすぐに救急車を呼んでくれたら
助かったみたいだけれど、世間体を気にして呼んだのが1時間も経った頃だ
ったらしいわ。自業自得よね。」と言った。
俺は急に奥さんが愛おしくなり、体を引き寄せて抱きしめた。
奥さんが抵抗するかなと思ったが、「子供が2階で寝ているの。優しく抱い
て、、、」そう言って俺に体を預けてきた。
親友の奥さんを抱く、親友が生きているときはそんなこと思ってもしなかっ

実話告白体験談関連タグ

|||||

2014年7月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】拒まれて【実話告白】

激しく抵抗する女…。それでも強引に襲いかかる男…、それが知り合いの男性なら、抵抗続ける女性もついには性本能が勝って変身して男性にからだを与えていく。あの時、俺も渡辺マサコさんに抵抗されても襲いかかるべきだったのか…。
過ぎ去ったあの日、夜明から降りだした雪は、街でも20センチは積もっていた。前日は出産直前の妻にあって安産を祈願し、その日は、市役所会議室で開催した人勧給与改定の地区説明会で集まった関係者に二時間説明し、終わって関係職員と夕食を共にする。その後、日頃から親しくしていた渡辺マサコさん宅に立ち寄って、一緒にいた竹内君と再び飲みはじめ、酔いつぶれてそこに泊まる。
渡辺マサコさんは戦争未亡人だった。
昭和十九年秋、ご主人が出征する直前に結婚し、すぐに子供を授かったが、
ご主人は南方戦線で戦死し帰らぬ人となった。その時、奥さんはまだ十八歳だった。
それから奥さんは、たばこ屋を開店しながら女一人で子供を育て、
その子も、春には高校を卒業して警察官になっていた。
酒に酔っていた俺はそのまま炬燵に潜って眠っていた。
真夜中だった。目が覚め、見ると奥さんは炬燵の向こう側で眠っていた。
そんな寝姿を見て俺は奥さんを女として意識しはじめ、変な気持ちになっていった。
当時奥さんは女盛りの三十六歳だったと思う。
その時俺は二十九歳、結婚して三年目、妻は出産直前で実家に行って俺は単身だった。
妻の肌に触れられない男の欲望が頭をもだげていった。
そんな時、奥さんは未亡人だから男が欲しいのだろうと思っていたし、
奥さんの寝姿に手を差しのべてみたいという男の性欲が騒いだ。

実話告白体験談関連タグ

|||||

2014年7月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】思いがけない露天風呂での出来事【実話告白】

台風6号の影響か?・・・風は、まだかなり強い。
昨日の37.3度と打って変わって・・・今日はかなり涼しい。26〜27度くらいか。
少し温い温泉に浸かっても汗が余り出ない。湯から上がって強い風に当ると少し寒いぐらいだ。13時過ぎに入ったが・・・男湯は内湯も露天も誰もいない。女湯も音がしない。
一番奥の座敷で熟女達の話し声が聞こえた・・・ここはとある温泉の立ち寄り湯。
月に最低でも1度は温泉に入りに来ている所だ。古い日本旅館なのだが泊まれる部屋は5つしかない。こじんまりとしているが中々風情があって・・・特に露天風呂が良いのだ。
源泉掛け流しで、すぐ側を有数の一級河川が流れていた。川幅はかなり広い1Kmはないと
思うが・・・若い人には人気がないが、中高年には魅力的だと思う。
妻とは2回泊まった。妻も気にっている。この日、妻は月に一度の趣味の集いがあって出掛けたので・・・思い立って来てみたのだ。この宿の面々とは顔なじみだった。
川下りの船が横切って行った。下りは追い風で早いがUターンすると強いアゲンストとなる
為進みがかなり遅い。いつもの船より大きいエンジンが2つ付いていた。風が強いからか?
船客はまばらで6〜7人だ。湯船の中の大きい岩の上に座る。足を広げて・・・股間はまる見えになるが・・・船客は誰もこちらを見ていなかった。汗がすぐ引いて少し寒い、湯に入ろうとしたら・・・また船が・・・今度は通り過ぎず目の前でUターンし始めた。
船客はさっきより多く10数人いる。ほとんどが女性?熟女ばかり・・・向きを川上に・・
・・距離はかなり近い。顔が確認出来る程だ。こちら側に座っていた客と目が合った。
股間の物も確認出来た様だ。手を振ってくる熟女が2人いた。
うつ伏せになって腰を伸ばしていると、入り口の木戸の下の隙間から一人こちらに向かっ

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月5日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】両親の妻物語【実話告白】

私の母が74歳で亡くなって四ヶ月が過ぎました。
私は現在51歳になりますが、私達親子は実年齢よりも若く見える母と
親の面倒をよく見る孝行息子として近所でも評判の仲良し親子でした。
しかし実を言うと私と母は、私が33歳、母が56歳の時から約18年間
夫婦同然に暮らしているいわゆる近親相姦の間柄なのでした。
さすがに母が病気になったここ3〜4年間は無理でしたが、
それまでは母と二人で淫らなセックスを毎週のように楽しんでおりました。
父は私が23歳の時(今から28年前)に癌で亡くなりましたが、
それよりずっと以前か母は浮気をしており そのことは当時小学生だった
私も薄々感じていたほどでしたし実際に私が19歳の時には、
母の浮気現場をこの目で目撃もしておりました。
でもその事は誰にも喋ってはいけない事だと思い私の胸の中に
しまっておりましたが、父も亡くなってその上 母とただならぬ
仲となったのを機会に母に問いただした所思いもよらない事に
母の浮気は、のサイトで言う所の妻物語だったのでした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】未亡人の愛欲【実話告白】

隣室からの話し声に突然目が覚めて、母の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ている母を押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。
「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」
母はかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。
浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。
恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れようとしたのですが、男性に腕を掴まれて引き寄せられると、布団のうえに再度押し倒されました。
「イヤ、イヤ、だめ、お願い許して」
男性は母の身体を押さえ付け、下半身に残されたショーツに手を掛けて剥ぎ取ると、一糸まとわぬ全裸姿にしてしまいました。
私は思わず「お願いやめて下さい」と言い出そうとしましたが、驚きのあまり声を出せず、自分の口を塞いでしまいました。
母の身体はふっくらと盛り上った乳房、くびれたウエスト、やや濃い目の陰毛に被われた性器をあらわにされて、必死に恥ずかしさに耐えている母の全裸姿を見つめていました。
39歳になる母ですが5年前に父を亡くして、娘の私から見ても女盛りの魅力ある女性で、男性は父の実兄にあたる人です。
50歳位になる伯父は未だ独身だそうで、父が亡くなってからはしばしば母に言い寄っては、その都度母を誘惑していました。
私は今年19歳を迎える母の一人娘です。キスの経験は数回ありますが、セックスの経験は未だありません。
「ダメッ、となりに娘が寝ているから、イヤッ、お願いだからやめて」
伯父は母の身体に覆い被さり抱きしめると、男と女すなわち伯父と母が性の快楽を求め合うセックスが始まりました。
初めて見る生々しい光景に、私は興奮を押さえられず必死に息を殺して、セックスの一部始終を覗き見ることになりました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年4月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ