【職場】エキストラのバイトでの撮影中に起こった嬉しいハプニング【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
ここ最近に立て続けに、かなりエロい夢を見た。
最初は、女のケツに自分のムスコを押し当てるというもの。
挿入まではしていないが、下半身丸出しの女のケツにぐいぐいムスコを押し当てる。
しかも手当り次第。
起きた時にそれが夢だと分かってどれだけがっかりしたか。
そんな夢の後に起きたリアルな話。
時々エキストラのアルバイトに出ている事があって、今日も群衆の中のエキストラの仕事だった。
その日は、エキストラは皆赤ジャージで、大体100人以上でメインのキャストを囲って体育館のようなところで座って野次を飛ばすというシーンだった。
100人が座って円を囲むような形になっているのだが、とにかく人の密度がかなり濃い。
体育座りで座っている俺の前に20代くらいの女性がいたのだが、四方八方を人に囲まれている中で、彼女がちょうど俺の目の前に座っていた。
監督が
「もっと円を詰めて間隔を空けないで」
そう指示があったので、皆隣の距離をかなり詰めていった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年2月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

このページの先頭へ