【おっぱい】【母娘丼】大好きな叔母と、叔母に瓜二つな従妹と葬儀で再会した【実話告白】

東京都/トモさん(20代)からの投稿
—-
叔母が叔父と結婚した時から、叔母はボクの憧れだった。
叔父はお袋と少し年の離れた弟だったので、お嫁さんになったばかりの叔母は当時まだ二十歳を過ぎた頃で、ボクはと言えば小学校に入ったばかりの頃だった。
都会というには少しおこがましい中途半端に開けた街に嫁いできた叔母は、子供の目にも垢抜けていて、それまで接してきた大人とは身なりも身のこなしもちょっと違った雰囲気を醸していた。
大人なのにセミロングのおかっぱ頭で、アーモンドのような涼しい眼をした叔母はまるで別の世界から来た人のようだった。
まだ子供のくせに、ボクはそんな叔母の綺麗な顔立ちと、母や周りにいる他のおばちゃんたちとは違って細くて、それでいて胸の大きな叔母が大好きだった。
自分の容姿が標準以下であることに気づいていなかった頃、そんなボクは結婚したばかりの叔母に纏わりついて
「一緒にお風呂に入りたい」
とせがんでみたり、叔母の腰に抱きついてみたりしては叔父に冷ややかな目を向けられていたのが子供心にも分かっていたのだけれど、叔母は嫌がりもせずにボクをお風呂に入れてくれていた。
大きなおっぱいで、色白の叔母は子供の目から見ても本当に綺麗だった。
一緒に湯船に浸かりながら無邪気なふりをして叔母のおっぱいに触ったり、背中から抱きついてみせたりした。
極めつきには、黒い草むらを目の当たりにした時には股間が何だかもぞもぞしていた。
しばらくして従妹が産まれて、それからも10年くらいは近所に住んでいた叔父一家だったが、その後、叔父の仕事の関係でボクの田舎とは別の地方に引っ越してしまった。
叔母に会えなくなったのは残念だったけど、ボクはボクで大学に入ってから実家から足が遠のいて田舎に戻ることも滅多になかったので、それからはすっかり疎遠になってしまった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【手コキ】高校時代から付き合ってるビッチな彼女の母親もビッチ【実話告白】

アンドゥトロワさん(20代)からの投稿
—-
俺には高校時代から付き合ってる彼女メグ(仮)がいる。
メグは俗に言うビッチで、初めての時も向こうから誘ってきた。
ポッチャリ体型ならではのEカップとバキュームの様なフェラに思わず
「風俗に務めたらNo1だぞ(笑)」
と言ってしまったこともある。
今だから思い出だが、高校時代のメグとのエッチは常にドタバタだった。
まず、当時二人の中でブームになってたのが、「イったら罰ゲーム」だった。
10分以内にメグがイカせたらメグの勝ち。イカなかったら俺の勝ち。
単純なルールだがもちろん俺は不利。
実際、勝ったのは当日先に抜いてたりして出にくくしてた時だけだ。
ある日の事だが、メグが勝ち俺に突きつけた罰が「私の家でエッチ」だった。
もう家族公認の付き合いな上に、泊まった際などに何度かやってたので抵抗は無かった。
金曜日だったので一旦家に帰り、必要なものだけを持って泊まりに行った。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年11月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

【フェラチオ】何でもすると言った彼女に母親と3Pさせろと言ったら【実話告白】

昔酔った勢いで彼女を振ったら、
「何でもするから」
って言うんで、
「母親と濃厚な3Pさせろ」
って言ったらそれが本当に成功しちゃった…。
当時彼女18歳、母親38歳だった。
元彼女になるが、当時は某有名エリート女子高へ通っていた。
ある日、彼女のバイト先で一目惚れして連絡先を渡したらデートする事になって順調に交際に発展。
彼女は処女では無く、見た目清純だがかなり淫乱タイプ。
後で知るが、心に病を抱えているタイプだった。
いわば何でも言う事聞くどM娘でした。
彼女を迎えに行く母親と顔を合わせてるうちに仲良くなっていった。
母親の仕事は婦警で、子供に激甘な典型的なお母さん。
若くして産んだだけあり、見た目や雰囲気は鈴木砂羽な感じ。
とても明るく、街でたまたま会えば無理矢理お茶に付き合わされたりしてたな。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】父の会社の男達がやってきて母と姉を目の前で輪姦された【実話告白】

僕がまだ小学生の時でした。
姉(小学校6年生)とリビングで夏休みの宿題をしていました。
母(当時38歳)は普段は優しい人なのですが、勉強や行儀には厳しい人でした。
その時は夏休みで、ラジオ体操が終わって帰ると、午前中は勉強しなさいと宿題をやらされていました。
当時の家は庭もあり、大きな家だったと記憶しています。
『ピンポーン♪』
呼び鈴が鳴って母が玄関に向かいました。
一瞬だけ母の
「キャー」
という叫び声が聞こえた気がして振り向くと、
「旦那は何処だ!」
と怖そうな男の声がして、ドタバタと争ってるような気配がしました。
当時の僕は全く何が起こってるのか想像もつきませんでしたが、姉が泣きそうな顔をしてたのを覚えています。
次の瞬間、リビングの扉が開いて坊主頭でサングラスをした怖そうな男の人が入ってきて
「お父さんはどこや?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年1月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【人妻】JKの彼女がいるのにその母親と居間でエッチ【実話告白】

俺が21歳の学生の時、高校生だった彼女の家でヤッてると、出かけてた母親が帰ってきていきなりドアを開けてきたのでビックリ。
気まずいったらありゃしない。
それから2ヶ月後、いつものように彼女の家に行くと、いたのは母親だけで、彼女はまだ帰ってきてなかった。
てっきり母親は仕事に行っていると思っていたのでビックリ。
母親に、
「上がって待ってたら」
と言われて部屋に上がった。
ソファに座ると母親が飲み物を出してきて、斜め前に母親は座った。
すると母親が、
「娘とはどうなの?」
と聞いてきて内心どうなの?と言われてもと思いつつ
「はい、良いお付き合いをさせてもらってます」
としか言いようがなかった。
「娘はまだ高校生だから………避妊はしてるの?」
急にストレートに言われ面食らって、ジュースを噴き出しそうになった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2013年8月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ