【レイプ】中学時代、義父の知り合いらしき2人に毎月ずっと犯され続けた【実話告白】

私の家は母子家庭だったのですが、私が中学1年生の時に母親が再婚しました。
私はずっと母親には幸せになってもらいたいと思っていたので、本当に心から嬉しかったです。
義父も優しく良い人で、私もすぐに「お父さん」と呼ぶ様になり、それを見て母が嬉しそうに笑ってくれ、私も母の笑顔と初めてお父さんと呼べる事に幸せを感じていました。
ところが、私が中学3年生の時に義父が会社をクビになり、一日中家にいるようになって母が代わりに昼も夜も働く様になりました。
ある日、私が家に帰った時玄関に見慣れない靴があり、
(お客さんかな、珍しいな?)
と思う事がありました。
リビングには知らない義父と同年代位の男性が2人ソファーに座っていて、私に
「お帰り!」
と言ってきました。
私は軽く会釈をして父に
「誰?」
っと訪ねると、父はバツの悪そうな顔をして、
「いいから部屋に行ってなさい」
と言われました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年3月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【手コキ】ロリコン相手に撮影会のような事をさせられてた【実話告白】

私が幼少から小学低学年にかけての話です。
母に連れられ、よく雑誌モデルのような事をしていました。
可愛いお洋服を着て、写真撮ってもらったり…。
その事自体はとても楽しかったんです。
でも、だんだん撮影の内容が変わってきてしまいました。
夏はプールや海で真っ白な小さいビキニを着てのビデオ撮影。
何故かお着替えするところからバッチリ撮られてました。
水鉄砲でアソコの部分だけ集中的に水かけられたり。
くすぐったかったのと、濡れたところがスケスケになって恥ずかしかったのを憶えています。
そして、小学2年生の時。
私はいつものスタジオとは違うマンションに連れて行かれました。
中に入ると男の人が3人くらい居て、奥の部屋に入って待ってるように言われました。
部屋には大きなベッドが1つあり、クローゼットが開いていて色んな可愛い洋服が掛かっていました。
私は単純に、”また可愛いお洋服がいっぱい着れる!”ってはしゃいでいました。
一番若いお兄さんが入ってきて

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年12月31日 | 実話告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

このページの先頭へ