【温泉・混浴】僕と妻と息子の3人で温泉に行った時の話【実話告白】

今年の正月、僕と妻と息子の3人で温泉に行った時の話です。
僕は40代後半で、妻はアラフォー。
息子は当時中学3年でした。
僕は普段から仕事人間で、ろくに家庭サービスをしてなかったし、思春期に入った息子との間に「壁」を感じる事も増えてました。
子供が高校に入ったら家族で出掛ける機会がなくなるのかな、と思ったんです。
息子は気乗りしない風でしたが、せっかくだからと説き伏せました。
泊まったのは小さな宿で、男女別の大浴場がありましたが、密かに期待した混浴はなし。
もっとも、宿泊客は大半が年配でしたけどね。
その代わりじゃありませんが、予約制の家族風呂がありました。
夕食後、息子を誘って家族風呂に入りました。
息子は最初、
「えー、父さんと入んの?」
と嫌そうな顔をしましたが、こんな機会でもないとゆっくり親子で会話できませんからね。
「たまにはいいだろ、なっ!」
と半ば強引に連れて行きました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2014年10月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での体験談

【おっぱい】【母子相姦】大好きなお袋を犯して俺だけのモノにした【実話告白】

東京都/カズキさん(10代)からの投稿
—-
俺は夫婦の寝室にひとりで眠るお袋のパジャマを下着ごと剥ぎ取ると犯し、白目を剥いて失神するまでイカせ続けた。
子供の頃から俺はお袋が大好きだった。
躾には厳しかったが、愛情たっぷりに育ててもらったと思う。
若くて綺麗なお袋が自慢で、お袋に褒めてもらいたくて勉強もスポーツも頑張った。
親父が事故で亡くなってからもお袋は女手一つで俺を育ててくれて、一応大学と名のつくところに進学もさせてくれた。
そんな時、お袋の再婚話が持ち上がった。
二十歳で俺を産んだお袋はまだ三十代だったので自然ではあった。
けれども俺はそんなお袋が許せなかった。
生前の親父にさえ嫉妬を感じていた俺には、お袋が別の男に股を開くなんて考えられなかった。
お袋には俺一人のお袋で居て欲しかった。
そして、俺はお袋を犯すことにした。
計画は単純で、俺は即座に実行した。
お袋が寝入ったころに寝室に向かい、すやすやと眠る母親を襲った。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】父が仕事に行ってる間に母とまぐわってます【実話告白】

母との事書きます。
母の年は43才。
私は19才学生です。
母とそういう関係になって半年くらいになります。
今でも母は相当悩んでいる様で、いつも、
「もうこれっきりだからね・・これで止めにしましょう」
とそういうのです。
でも正直私は今の関係を止めるつもりはありません。
母にそれを話すと
「もうあなたって子は・・どうして私なの・・」
そう言って本当に困った顔をするのです。
そんな時、私はわざと母に意地悪をします。
「喜美江のオマンコ最高だからさ・・」
「やめなさい!・・母さんにそんな事言うもんじゃありません!」
母は私を睨んでそう言います。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年5月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】【母子相姦】唯一の性体験相手であった元旦那に似てきた中学2年生の息子【実話告白】

小谷麻由美さん(30代)からの投稿
—-
私は36歳になるシングルマザーで、この歳で17歳の息子がいます。
息子は現在高校3年生です。
私が高校3年生の時、7歳年上の彼氏が出来ました。
僅か5回程度のHの末、付き合って半年後の3学期に彼氏の子を妊娠しました。
私はまだ17歳だったし、百貨店への就職が決まっていたけど、好きな人の赤ちゃんを堕胎する気になれませんでした。
私は社会人だった彼氏に結婚を迫り、妊娠したまま高校を卒業して、すぐ入籍しました。
私との関係がただの遊びだったと気付いたのは、結婚してからでした。
結婚する前から他に彼女がいて、しかもそちらが本命だったみたいで、私はその彼女から男を奪った悪女扱いをされました。
旦那も彼女との付き合いを止めてくれませんでした。
妊娠して婚前から性交出来なくなってた私など、もはや興味の対象ではなかったのでしょう。
新婚4ヵ月で私は耐えきれなくなり、離婚しました。
既に妊娠6ヶ月過ぎだったので中絶は出来ず、その年の10月に、私は18歳7ヶ月で息子を産み、シングルマザーになりました。
育児休暇の後、仕事に復帰してからは息子を育てる事だけが生き甲斐でした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】中学生になる長男に寝ている間にレイプされていた【実話告白】

私には息子が2人居ます。
旦那とは長男が5歳の時に離婚しているシングルマザーです。
現在私は34歳で、長男は私が19の時に産んだので今は15歳です。
次男は今2歳なんですが、最近になって次男が長男との間の子と知りました。
というのは、私は離婚してから生活費を稼ぐのに水商売をしていて時々記憶をなくすほど酔っ払ってしまう事がありました。
お客さんに送ってもらっていましたが、家に着いてからは長男が簡単にメイクを落としてくれ、着替えもさせて寝かせてくれていました。
しかし、お客の中には送り狼となって私をレイプまがいに犯していくような人がいました。
すまないと思うのか、お金を置いて帰る人もいて、生活費の足しになるし暴力を振るわれる訳ではないし、何と言ってもお客だから仕方ないと思ってました。
だけど、まさか長男にレイプされているなんて思ってもいませんでした。
後から長男に聞いて知りましたが、小学5年生くらいから私を着替えさせてる時に、おっぱいを舐めたり私のマンコに指を入れたりクリトリスを舐めたりしていたそうで、私をレイプする前には私をイカせるくらいになっていたようです。
今思うとあれっ?と思う事はありました。
顔やおっぱい、マンコの毛の辺りが何かゴワゴワというか、カピカピだった事があったのです。
その時はまた、お客さんに悪戯されちゃった?くらいにしか思っていませんでした。
次男を妊娠した時、私は堕すつもりだったのですが…長男が異常なほど強く反対し、私の両親を連れて来て産ませようとした時に気がついていれば良かったと思います。
最近になって何故次男が長男との間の子だと分かったのかというと、私に再婚をしなさいと周囲の人達が言うようになり、それを聞いた長男が私を誰にも渡したくないと、私の危険日を狙って私をレイプしたからです。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年3月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】レイプされて妊娠、出産後10歳になった息子に欲情して【実話告白】

祐子さん(20代)からの投稿
—-
私は29才で未婚のシングルマザーです。
こんな歳で不釣り合いですが、13才の息子が一人います。
異常で恥ずかしい話を承知で打ち明けます。
実話なので引いてしまう方もいるかも知れないけど、気分悪くされたらすみません。
私は、息子との近親相姦にハマってしまいました。
まず、息子を産んだ経緯から話します。
時効だと思うので書きますが、私は中学3年、14歳の頃から援交してました。
最初は好奇心からの興味本位で始めましたが、セックスの快感に目覚めて病みつきになり、高校生になると不特定多数のセックスが日常的になりました。
やがて、学校をサボって援交相手と会い、その相手に騙されて、知らない男達に車で知らない場所に連れて行かれ、車から降ろされた山林で無理矢理輪姦されました。
相手は最初5人がかりで、そのうち更に人数が増えて、ろくに避妊されないまま午前中から5時間以上に及ぶ輪姦、そして妊娠。
当然胎児の父親は誰か分かりませんし、援交相手と連絡もつきません。
レイプされたのがショックで誰にも言えないまま月日が経ち、体型の変化から親に妊娠を知られて、中絶しようとしたときは手遅れで、息子を出産しました。
産んだときは高2で16歳でしたが、妊娠したのは高1で15才。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】【母子相姦】犯されると勘違いした母を本当に犯した【実話告白】

ハルキさん(20代)からの投稿
—-
夏休みで帰省していた俺は、近所を散歩したり、本屋で立ち読みをしたり、とぶらぶらしていた。
親父の三回忌も終わり、帰ってきても母親がいるだけで、退屈していた。
「ハルキ、晩ご飯何にする?」
「何でもいいよ」
あの日も、いつもと同じ会話をしていた。
俺は、自分の部屋で、ヘッドホンをして、ネットを検索し、エロ画像や動画に見入っていた。
そのうち、だんだん興奮してきて、シコシコやっていたら、当然母親が入ってきた。
「ハルキ、聞こえているの・・・?」
俺は、慌てた。
そして恥ずかしさのあまり、怒鳴ってしまった。
「勝手に入ってくるなって、言っただろ!」
そう言って母を突き飛ばしたが、母の体は思ったより軽く、よろよろとベッドに倒れこんだ。
「ハルキ、だめ!やめなさい!」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月18日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】寝ている母親に挿入し中出しまでしてしまった【実話告白】

俺(19歳)で1人っ子、運送屋で働いてます。
親父もトラックドライバーで42歳。
母親は48歳、専業主婦。
昼間はほとんどパチンコ屋。
俺がセックスと言う意味を知ったのが、小学4年の時。
親父は朝の5時に仕事に出掛けますが、金曜日の朝4時からが両親のセックスタイム。
中学1年生の時、トイレに行こうしたら、両親の部屋から母親の変な声が聞こえて来て、やってるよとその時は思っただけで感心も無かった。
金曜日の朝だけは母親が起きて来ないので、部屋に見に行くと寝ていて、
「ごめんね、お母さん疲れてるからもう少し寝てる、自分で勝手に食べて学校行ってね」
と、何で金曜日だけは起きて来ないのか、その時初めて理由が分かりました。
俺の童貞喪失は遅く、高校3年の時。
それも友達が連れて来たヤリマン女。
でもやっぱり気持ちいい。
1週間後に彼女が出来て、ヤリまくっていました。
それが去年のクリスマス、”好きな人が出来たから別れて”とアッサリと捨てられて、またセンズリ生活。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年1月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】眠ってて起きない母を…【実話告白】

中ぼうさん(10代)からの投稿
—-
当時、俺は15歳の中学生。
母に夜這いして性的欲求を解消して楽しんでいます。
父(正彦42歳)は、外資系会社の営業課長です。
友人宅の生活と比較しても父親の収入が高いんだと思います。
母(礼子36歳)は、専業主婦で数か月前に初めてパートとして働き始めましたが、それまでは仕事をした事が無い位のお嬢様育ち。
兄は俺の2つ年上で、17歳。
家から離れた私立の高校に入り、父方の爺ちゃんの家に下宿している。
父と母は仲が良く、夜な夜なエッチな事をして楽しんでいるのを知っていました。
夜トイレに起きた俺は、両親の寝室前で”あなた・・・逝っちゃう・・・”という母の喘ぎ声が聞いたんです。
中学1年だった俺ですが、SEXの知識は十分にありエロ本だって持っていたので、両親が何をしているのか直ぐに検討が付きました。
部屋に戻った俺はベットに横になったんですが、母の喘ぎ声と母のエッチな姿を妄想して眠れませんでした。
それどころか”母の裸を見たい”と言う気持ちが湧き上がり、部屋を出て両親の寝室前に向かっていました。
寝室のドアをそっと開けると

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月5日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【マニアック】義母の着替えを偶然目撃してしまった事がキッカケで【実話告白】

兵庫県/名無しさん(30代)からの投稿
—-
1ヵ月程前、私は遂に超えてはいけない一線を越えてしまいました。
その一線を越えるキッカケになったのが、義母の裸体を見た事に始まります。
私は交代勤務の仕事柄、平日休みも多く、日中義母と一緒に過ごす時間が多かったんです。
その日は雪が大量に降り、朝から義母と私は庭の雪かきをして汗をかいていました。
一足早く家に入った義母を横目に、私は最後の仕上げ作業をしていました。
雪かきは物凄い肉体労働で、寒かった筈がいつの間にか体中から湯気が出る程暑くなります。
下着まで濡れ、早く着替えようと脱衣場へ向かうと扉が開いていました。
中を覗くと、義母が全裸で着替えている所だったんです。
53歳の裸体は、予想以上に綺麗でムチムチとした肉感と白い肌に、股間が熱くなり始めていました。
人気に気づいた義母が振り向くと垂れた大きな胸が目に飛び込んできて、股間はMAXになっていました。
「あら!ごめんなさい………」
照れながら義母がドアを閉めたんです。
それ以来、私は義母の体が脳裏から離れませんでした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2013年10月18日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談
1 / 212

このページの先頭へ