【フェラチオ】割り切りで会った独身女が最高だった【実話告白】

鳥取県/名無しさん(40代)からの投稿
—-
去年の夏頃の話です。
私は40才代で、嫁と子供がいる普通のオッサンです。
仕事でストレスが溜まり、ひょんな事から某出会い系サイトで遊んでみたくなりました。
普通の出会いは面倒くさいので、割り切り専門で探すと、いるわいるわ。
目的は決まっているので、話は早い。
条件が合えば待ち合わせ場所に行き、車でホテルに。
最初はかなりビビっていましたが、何回かすると慣れてきました。
ほとんどがセミプロみたいなもんで、中には元風俗嬢なんて方も。
お金は使いましたが、それなりに楽しんでいました。
そろそろ飽きたなーって思いながら検索していると、40才の独身女性の書き込みを発見。
あまりこの年代はいないし、条件もリーズナブルな為、会う約束をしました。
いつもとは違い、こまめにメールが来るし、返事も丁寧。
ちょっと期待して待ち合わせ場所に。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年3月8日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【不倫・浮気】彼氏とセックスレスだった頃、バイト先のN君と仲良くなった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
22歳の頃、私は彼氏とセックスレスで欲求不満でした。
そんな時、バイト先の友人たちと遊ぶことが増え、中でもN君とは話もノリも合い、お互いに好意的でした。
あるとき、二人で飲みに行ったあと彼の家に行きました。
N君はマンションにご両親と一緒に暮らしていて、深夜でしたし、玄関からすぐの彼の部屋にこっそりとお邪魔しました。
ひとしきり飲んでしゃべって楽しんだあと、電気を消し、布団を一組敷いて彼が先に寝、隣に私が寝られるように場所を空けてくれました。
私はエッチな気分ではなく、修学旅行のようなワクワクとした不思議な感覚でした。
何よりも眠気が強く、一瞬夢を見かけました。
すると突然、N君が、
「寝れるかよっ・・・」
と言って私に覆い被さってきました。
密着はせず、彼は腕を突っ張ったまま、興奮した表情で私を見つめています。
「・・・・・・・・・・・・いい・・・?」
私はもう流れに身を任せる決意をしました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2015年3月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【おっぱい】援交が初めてという、巨乳のヤンキーちっくな若妻【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
昨日すぐに会える女を探そうと、いつも使ってる出会い系を見てみました。
パチンコで5万勝ったので、少し気分が大きくなってたんだと思います。
いつも以上に念入りに探して募集も掛け、ある人妻にメールを送ってみました。
『目とかは隠していいから、ある程度分かる写メを送ってくれませんか?』
と。
しばらくメールの返信が無かったから、写メはダメな人なんだろうなって思ってたんです。
他の子を探そうかと思っていた頃、やっと返信がありました。
「写メはダメなので・・・」
という内容かと思ったら、ちゃんと写メを送ってきてくれていました。
本文には
『寝起きのまんまだったから少し着替えたりしてました』
と可愛い内容も。
写メを見てみると、い~じゃ~ん!と思いました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年1月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】教え子の中学生にイカされて目覚めてしまった【実話告白】

中学校教員さん(20代)からの投稿
—-
当時、私は音大を卒業し、音楽を担当する教師として公立の中学校に勤めていました。
音大に入学した当時は、ピアノで身を立てていくことを夢見て一日中大学の防音室でひたすらピアノを弾き続ける生活をしていました。
ピアノ一本を生業の糧として生きていく、そんな夢が叶うのはほんの一握りの才能ある人間に限られていることはわかっていましたが、私は何度かコンクールでも入賞し、自分がその一握りの人間に入っているのだと信じていました。
青春のすべてをピアノに捧げた私でしたが現実はそんなに甘くはなく、結局は手元に残ったのは、音楽の教師の免状だけでした。
大学を卒業して勤め始めた学校は特に問題となるような生徒もおらず、三年目には合唱部の顧問も任されるようになりました。
そんな頃、先輩教師であった夫と結ばれて、それなりに幸せな新婚生活と充実した教師生活を送っていました。
夫は初婚でしたが私よりも20歳も年上で、教師としてもベテラン中のベテランで、新米の教師であった私が面倒を見てもらううちに自然とそのような仲になったのでした。
私の初めての人は夫でした。
夫の家にお邪魔をして、学校行事の打ち合わせをしていた後、自然に抱き合って気がつくと唇を合わせていました。
私は頭の中が真っ白になり、一枚一枚身に着けているものを脱がされていくのを抗うこともせず、気がついたら全裸にされていました。
私は胸が小さいのがコンプレックスで、腕で胸を隠していましたが、夫はそんな私に、
「可愛いよ、もっとちゃんと見せて」
そう言って優しく私の腕を胸から引き剥がすと、ゴツゴツとした掌で私の乳房を包みました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】私立の男子校で教師をしてる56歳の主婦【実話告白】

美也子さん(50代)からの投稿
—-
私立の男子高校で教師をしてます、56歳の主婦です。
息子はもう社会人になって自立して、今は主人と二人です。
高校ではラグビー部の副顧問に、三年生の担任に、父兄会も親睦会もさせられてもう走り回る毎日です。
長年教師してるのに私って何やっても遅くてドジばかりでほんとにどうしようもないんです。
身長が150しかなくて幼顔で、美貌とか色気なんて羨ましいです、どちらかと言えば可愛い甘えんぼの方です。
背が低いのに胸がいわゆる巨乳なんです。
ホルモンが分泌しちゃうんでしょうか、出産してからもまだまだサイズがアップしたりして、今はブラのサイズがJ70なんですね。
この身長でJカップはもう胸ばかりが目立ってしまいますね。
贅肉もちょっとついてしまってムチムチしてるから先生方にミニマムグラマーって言われちゃうそんな体型です。
見た目は顔も感じも磯山さやかさんって言われて、そんな優しいというかゆっくりした感じです。
教え子たちにきつく叱れない甘い私だから、ブラウスがはち切れそうになっちゃうと、男子高でそんなのはこの歳になっても囲まれてしまうんですね。
「美也子先生、今日もでかい」
皆もう美也子先生美也子先生ってなっちゃって私の胸なんです。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年12月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】ドアを開けたら受験生の義弟がオナニーしてる真っ最中だった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
主人は九州出身で、男ばかりの3人兄弟です。
去年の冬、主人の一番下の弟が大学受験のために、京都に住む私達のところへ1ヶ月ほど泊まりに来る事になりました。
弟は主人よりハンサムでしたが、私も結婚して2年目になったばかりなので、彼を男性として意識したりはしていませんでした。
何より、まだ高校生の彼が子供に見えてたし。
彼が来てから1週間ぐらい経った時、主人が入れ替わりに東京に3日間の出張をする事になりました。
夫が出張に行った日に、ちょうど彼の第一志望のK大の試験があったので、夜に夫から電話がかかって来て
「どうだった?」
と聞くので、私は
「まぁまぁだったみたいだけど、『1つつまらないミスした』って、気にしていたみたい」
と言うと、
「あいつは細かい事気にするからなぁ。『K大ぐらいならお前の実力なら楽勝だから気にすんな』って言っておいてくれよ」
なんて言っていました。
私は主人の言葉を伝えるついでに、昼間作ったクッキーと紅茶を持って彼の部屋に入って行きました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年12月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】死にたいと言う女友達の元に駆けつけたらお礼にフェラしてくれた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
地元の女友達Nとは、ガキの頃はそれほど仲はよくなかったが、20歳を過ぎてからよく遊ぶようになった。
特に、俺が大学院に入るために浪人していた一昨年は、Nを含む地元の仲間とよくつるんで遊びにいった。
ちなみにNは看護婦である。
それから俺は大学院に無事合格し、地元を離れる事になった。
不思議とNとのメールが増えたのは、俺が地元を離れてからだった。
遠くにいる方が、くだらない相談とかしやすいのかもしれない。
Nとは特に恋愛感情はなかった。
顔は結構可愛いが、時々キツい事をさらっと言う。
それに昔っから眼力が強かった。
俺はちょっと苦手だったんだ・・・。
大学院に入って3ヶ月ぐらいして、後輩の学部生の彼女ができた。
Nにも彼氏がいたはずだ。
それから1年くらいが過ぎ、9月に同窓会があるとかでNからメールがきた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年11月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【寝取られ】行きつけのコーヒーショップの店員さん【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
彼女と知り合ったのは、私がよく行くコーヒーショップで、彼女はそこでアルバイトをしていた。
どちらかと言うと大人しい感じの女性で、歳は24-5で、私は好印象を抱いていた。
私は仕事の気分転換によくその店を訪れていて、なんとなく顔馴染みになったようなものでした。
そんなある日、街を歩いていて信号待ちをしていると偶然にも彼女に会って、ちょっと立ち話をした。
以後、その店を訪れると軽く会釈をするようになった。
しばらくするうちに、なんとなく彼女に声をかけ食事に誘ってみた。
といっても私はお酒が飲めないので、酔わせてどうこうとまでは考えていなかった。
現われた彼女はシックな感じの服装で、お店でのイメージと変わらなかった。
横浜の夜景の綺麗なレストランで食事をすると、彼女の方から色々身の上話をしてくれた。
今付き合っている彼がいる事、歳は26であった。
私も自分の仕事、家族の事などを話した。
彼女もお酒はそんなに強い方ではないようだったが、ワインを飲んでいるうちに酔いも回ったようで、彼とのセックスの話もしてくれた。
その中で彼女は、彼の行為には満足していない事まで話をしてくれた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年11月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【おっぱい】【口止め】内緒にしてもらう代わりに何でもしますと言った美人エステスタッフ【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私はとある総合ビルの警備員をしている。
事務所は2階にあり、他には美容院・ブティック・英会話教室・商社などが入っている。
ある晩、1時頃の事だ。
事務所で待機していると、1つの部屋の火災ランプが点滅している。
慌てて7階に駆け上がると、そこはアロマエステだ。
ドアをガチャガチャさせ
「誰かいますか?」
と声を掛けたが当然こんな時間だ、返事はない。
もちろん無灯で、緊急事態か誤作動か分からないが、仕方なく合鍵で中に入ると奥に進んでいった。
何だか蒸気でムワッとしている。
(これでランプが点いたんだな・・・)
元となっていると思われるのは、簡易式のユニットシャワールームだ。
(もしや人がいるのか?)

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【恋人】深夜に彼女が自分の部屋で誰かと電話してる声が聞こえる日が何日か続いた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
5年くらい前に同棲していた彼女の話。
当時、俺も彼女も25歳。
一緒に暮らし始めて1年くらい経った頃なんだけど、彼女が深夜1時とか結構遅い時間に自分の部屋で誰かと電話してる声が聞こえてきたんだよ。
ちなみにそれぞれ自分の部屋持ちね。
最初は地元の友達とか職場の仲がいいやつとか、そういう親しい感じの人とでも話してんのかなくらいにしか思ってなかったから全然気にしてなかった。
だけどそれが何日か続く事があって、あ、これはもしかして浮気の傾向か?なんて考えて落ち込んでたわけだ。
で、俺は意を決して彼女の部屋に忍び寄ったわけだが、そこで俺は思いがけないものを見てしまった。
彼女は確かに電話はしていたけど、ただの電話じゃなくてTV電話をしてたんだ。
ベッドに寝っ転がって、しかも風呂上りでキャミ一枚とかそんな恰好。
どう考えても俺や家族以外の前で見せる格好じゃないのね。
おいおいおいおいと、俺はその場で一瞬で沸騰して、
「おまえ、そんな恰好で誰とTV電話してんだ」
と怒鳴り込んだわけだ。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年10月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:恋人との体験談
1 / 2012345...1020...最後 »

このページの先頭へ