【おっぱい】単車で東北一周中に寄った混浴で女性2人組と仲良くなった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
バブルの頃、単車で東北一周した時の事。
ある日、テントを張って寝ようと思ってたんだけどちょっと肌寒い感じで、風邪引くぐらいなら・・・と近くで一番安い温泉宿に投宿。
夕食後に風呂に入った時はジジババだらけ。
さっさと上がってビール飲んで寝たが、夜中に目が覚めてもう一度風呂に行った。
いわゆる湯小屋の脱衣所で服を脱ぎ、タオル片手に浴室のドアを開けようとしたらなぜか開かない。
何度かドアをガタガタさせていたら、中から
「ごめんなさーい」
という声。そしてドアが開いた。
どうやら鍵をかけていたようだ。
浴室にはハタチ前後の女性が2人。
「すみません、鍵かけちゃってましたー」
との事。
「あ、女性だけだったんですね。じゃあ僕は後からにします」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年12月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】一人旅できた奥飛騨温泉郷の混浴で美しい女性と一緒になった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
奥飛騨温泉郷の中でも、最も奥まった高台にある古い宿。
民宿に毛が生えた程度の、こじんまりとした、しかし落ち着いた風情のある宿だ。
年に1度、仕事にも家族にも縛られないバイクの一人旅に持ってこいの宿だ。
早朝からのツーリングの心地よい疲れで、温泉にも入らず食事の後はすぐに寝入ってしまっていた。
気がついたのは既に0時すぎだが、露天風呂は24時間いつでも入れるとの事だったので、せっかくの温泉を楽しもうと風呂場に向かった。
ここの露天は確か混浴のはずだが・・・スケベ心が全然なかったと言えば、嘘になる。
しかしこんな時間、誰もいないだろうとも思っていた。
内風呂でかかり湯をしてから露天風呂へ。
片足をザブンと湯船に入れたところで、すぐ近くに先客がいるのに気がついた。
跳ねた湯を浴びせてしまい、
「あ、失礼!気がつかなくって・・・」
で、絶句。
なんと、若い・・・とは言っても、30歳は越えているだろうか・・・垢抜けた、美しい顔立ちの女性だ。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】【混浴】女子高生の生着替えと生おっぱいが見れた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
露天から洞窟風呂に向かうと、着替えをしようとしている女の子がおり、その子が私に声をかけてきました。
「すみません、中におじさんとかおばさんは入っていますか?」
私が中に入って見回したところ、30代半ばの女性だけでした。
その事を彼女に伝えると、安心した顔をして服を脱ぎ出すのです。
いくらなんでもおじさんがそこに一緒に居るのは何だか気まずいので、湯船に入ってしまいました。
でも扉は閉めずにいたのは言うまでもありません。
先に入っていた女性からも、その子の姿が見えます。
そのため私が一緒の客だと思ったのか、入っていっても安心しているのか、そのままです。
挨拶をして、私の目線は扉の方につい行ってしまいます。
やっぱ男だね。
薄暗い湯船から見ると、脱衣所は照明で明るいため彼女の身体は浮き上がって見えます。
凄いですねー。生脱衣です。
彼女、あまり私を気にしないで脱いでいきます。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年8月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】塾の教え子たちの卒業旅行の引率役を頼まれた【実話告白】

名無しさん(からの投稿
—-
以前大学生の時に塾講師をしていた時、中3の女の子達(3人組)から卒業旅行に行きたいので親を説得するためにも引率役をしてくれと頼まれた。
1泊2日で行けそうな所という事で、近めの所を選び、費用を浮かすために俺の車で行く事になった。
行ったのはただのキャンプ地で、近くに何があるというわけでも無かったのだが、話の成り行きで夜に温泉に行きたいという事になった。
地図を見ながら車で数10キロ離れた温泉まで行く事にしたのだが、途中道に迷ったせいもあり、着いたのは0時を少し回ったくらいになってしまった。
平日で、しかも地元の人間しか来なさそうな所でもあり、そこの露天風呂には誰もいなかった。
しかし、いざ入ろうと近づいた時に初めて大事な事に気が付いた。
そう、そこは混浴だったのである。
当然俺は生徒達だけで入ってくるように言ったのだが、暗くて怖いからついてきてよ、などとしきりに手を引っ張りながら哀願してくる。
恥ずかしくないのか?とか聞いてみても先生なら別にいい、との事。
思いっきり悩んだが(実は内心では嬉しかったが・・・)、せっかく苦労してここまで来たのだからと、結局一緒に入る事にした。
早速男女別に別れている脱衣所に行き、タオルを下半身に巻きつけつついざ出陣。(この時はさすがに心臓バクバク!)
湯船に浸かってしばらくすると連中も脱衣所から出てきた。
恥ずかしそうにでもするのかと思っていたが、結構あっけらかんと出てきたのには拍子抜け。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】友人に彼女を紹介するための食事会で、泥酔した彼女が輪姦された【実話告白】

福岡県/裕子の旦那さん(30代)からの投稿
—-
彼女(妻)と交際を始めて3ヶ月経った、残暑厳しい夏の事でした。
久しぶりに帰省した大学時代の友人に、彼女の紹介を兼ねた食事会を居酒屋でしました。
私は酒がダメなので、彼女を助手席に乗せて車で友人2人を迎えに行きました。
車の中では簡単な挨拶を済ませ、居酒屋近くの駐車場に向いました。
彼女の服装は淡い水色の膝丈のワンピース。
(私がスリップフェチで、彼女は私と会う時はスリップを着てくれていました)
ワンピースは夏らしいシースルーで、スリップの刺繍模様が透けて見える薄さと、スリップの丈がワンピースの裾と同じ位なので普通に歩くだけでもヒラヒラの裾から白いスリップが見えていました。
居酒屋から少し離れた駐車場に車を停め、降りた彼女の太股に、友人ばかりか通りすがりの男性の視線が集中します。
居酒屋に着くまでの繁華街を歩いて移動中、少しの風でも裾が翻って、パンチラになる事もしばしば…。
居酒屋に着くと、予約をしていたものの、店員の手違いで個室の相席だったのです。
外で空きを待つ客を思えば、直ぐに食事にありつけるだけでも…と、先客の大学生4人組と相席に了解しました。
彼女と私、向かいに友人2人。
掘り炬燵式の長机と長椅子なので、私が奥(大学生の隣)に座れば良かったのですが、席が決まるなり私がトイレに駆け込んだので必然的に彼女が大学生の隣で外側が私の席になりました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】旅館でやった送別会で浴衣姿の主任に興奮して【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
入社5年目の時、定年退職する人の送別会を地元の旅館でやった。
部署単位での送別会だったんで参加者は少なく、メンバーは退職する部長(男)そして課長(男)と係長(男)と僕、女子はA子主任(32)、B子(31)の計5人A子主任の方は仕事は真面目でよく働くんで尊敬してる。
ちょっとぽっちゃりだけど、可愛らしく松たか子似なんで以後は松さん(仮)と呼びます。
B子の方は松さんとは性格が真逆でおっちょこちょい。
見た目も可愛い系の松さんとは真逆で細身の綺麗系で、矢田さん(仮)にしときます。
ちなみにどちらも既婚。
僕はもちろん独身送別会も一段落し、男部屋、女部屋へとそれぞれ戻ります。(人数も少ないんでそれぞれ一部屋ずつ)
部屋で男上司3人とビールを飲みながら部長との思い出話に花を咲かせます。
すると、女子2人が
「露天風呂いきませんか」
と誘ってきて、課長と女子2人の4人で露天風呂へ行くこととなりました。
部長は年のせいか既に横になってます。
係長はこの時既に酒でダウン。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【レイプ】露天風呂のある旅館で大学生に輪姦された私【実話告白】

東京都/蜜柑さん(30代)からの投稿
—-
私は35歳の主婦です。
4人組の大学生に輪姦された話を書きます。
夫と兵庫県の某温泉に旅行へ行く計画をしていたのですが、前日にダメ亭主がインフルエンザでダウン。
キャンセル料金を払うのももったいないので1人で行く事になりました。
旅館へ着いたら早速温泉に入りました。
内湯で体を洗ってから、露天風呂の方も入ってみたいなと思いました。
おばあちゃんがぞろぞろと露天風呂から上がってきたので良いタイミングだと思い、タオルを肩にかけ、スッポンポンで外に出ました。
露天風呂はガラガラかと思ったら先客がいました。
風呂へりに腰をかけ、こっちをじっと見ています。
色が黒いし胸も小さいし変だな、と思ったら腰にぶらぶらしているものが…男だ。
慌てて内湯に逃げ帰りました。
私は4、5人の男の目に裸体を晒してしまいました。
びっくりしている私に、おばあちゃんが声を掛けてきました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年3月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:レイプ体験談

【オナニー】近親相姦~妹が寝ている隙に生挿入~夜這いは日本の文化【実話告白】

154 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 16:53:26 ID:XU+gNjz2O [1/7]
都内で一人暮らししてるんだが、先日田舎から妹が遊びに来た。妹は今年で20歳になる。仕事から帰って風呂に入ってると、遊びに行ってた妹も帰ってきて、汗かいたから一緒に入れて~と入ってきやがった。妹は3つ下なんだが、最後に一緒に風呂に入ったのは自分が中学校の時だと記憶している。シャワーを浴びていた俺は、さすがに「ちょっ!おまっ!待った 待った!」と動揺してしまった。気にせず「いいじゃん別に。なに照れてんの?」と言い身体を流しだす。うちは風呂場が狭いんだよ。いつの間にか大人の身体に成長した妹の肌が背中に当たる。迂闊にも少し反応してしまって正面向けない。空の浴槽に移動して座り込み、妹が身体を洗う姿を眺めてみる。立派に成長したものだ。すると妹がこっちを向いて「背中洗って」と。尻もいい形じゃないか。背中、肩、首、脇、尻、綺麗に洗ってやった。髪と身体を流し終えた妹は先に上がり、俺は一人で抜いた。

155 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 17:18:12 ID:XU+gNjz2O [2/7]
ベッドを占領され、客人用の布団に追いやられる俺。遊び疲れて先に就寝した妹。先程の風呂で見た身体を思い出し、ムラムラしてしまった。寝ている妹の顔を見て、「何を考えてるんだ俺は」と思い止まるも、下は見事に反応済み。頬を摘み、熟睡してることを確認。俺の貸したダボダボのTシャツと短パンで寝ているので、とりあえず布団を剥ぎシャツをじわじわ捲ってみる。胸の形が悪くなるからだとかの理由で、ブラは付けたままだ。脚を立てて仰向きで寝ているので、短パンの隙間からピンク色のパンツが見えている。起こさないよう短パンの隙間にそっと手を伸ばし、パンツを横に引っ張る。生え揃った毛、縦に割れた筋。どうやらま〇この周りは毛を剃っているらしい。うっすら毛が生えていた。

156 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 17:22:24 ID:XU+gNjz2O [3/7]
無邪気ないびきをかく妹の割れ目の奥を見ようと、脚を大きく開かせてみる。脚の動きに合わせ、具もゆっくり、くぱぁと開いた。うん、まだ綺麗なピンク色だ。今まで妹を性の対象にするなど考えたこともなかったし、そんなもんは本やAVの世界だけだと思っていたが、目の前にいる妹はもはや、その時の俺にとっては完全に一人の女だった。俺は我慢できなくなり、短パンを少し降ろし自分の逸物を出す。笑えるくらい硬くなっていた。妹の秘部を眺めながらしごく。一体何人の男のチ〇コをくわえてきたんだろう。そんなことを考えていると、余計に興奮した。

157 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 17:29:30 ID:4NvjDusV0
支援

158 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 17:30:10 ID:XU+gNjz2O [4/7]
左手でパンツをずらし右手でしごくのも疲れるので、俺は意を決した。短パンとパンツをゆっくり膝まで降ろし、シャツも鎖骨部分まで捲り上げた。相変わらずいびきをかく妹。よっぽど疲れていたんだろう。ブラを上にずらし、胸を露わにする。乳首もまだ綺麗だ。軽く手の平で触ってみると、ぷにぷにと柔らかな感触が伝わってきた。風呂場で確認したところによると、おそらくCかDカップだ。細身の割に胸はデカい。何人に揉まれたんだよ、まったく。その時だった。妹はピクリと眉をしかめ、「う~ん」と声を出す。マズい! この状態はマズい!俺は息を殺した。幸い妹は起きず、寝返りをうって横向になった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年1月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:オナニーの体験談

【温泉・混浴】【混浴】職場の交流会はセクハラとパワハラで!【露出】【実話告白】

101 名前:えっちな18禁さん ◆cR2KgvWdrA [sage] 投稿日:2009/11/29(日) 12:09:59 ID:cBuVQOzL0 [1/8]
学生時代の合宿じゃなくて、会社での体験談だけど、いいかな?

102 名前:えっちな18禁さん ◆cR2KgvWdrA [sage] 投稿日:2009/11/29(日) 12:13:36 ID:cBuVQOzL0 [2/8]
ウチはとても小さい会社の総務経理課なんだけどね。GWの次の週の土日、女性課長の号令で課の結束を固めるという目的も兼ねて、1泊2日の研修合宿にそのS課長と俺と2つ下の新人のE美の3人で出かけた。山間の小規模な温泉宿、大型連休の後だったから客は疎らで、宿泊客としては貸切りに近い状態だった。ひとまず割り当て部屋に落ち着いて、まずは旅の汗を流してサッパリしようと、最初のスケジュールは入浴タイム。当然そこの家族風呂、時間をズラして別々に入るものと思ってたのに、S課長に脱衣場まで連れていかれ、「3人一緒に入ります」との言葉に部下2人とも呆然。課長はさっさと服を全部脱ぎ捨てて、続けて「どうしたの?2人とも早く脱ぎなさい」俺もかなり抵抗の挙句、仕方なく折れて全裸に、しかしE美がおさまらない。課長はなおも全裸姿のままE美の説得を重ね、俺は後ろで股間を隠しながら控える。10分以上膠着状態。課長曰く「H君(俺)先にお風呂に入ってなさい」

103 名前:えっちな18禁さん ◆cR2KgvWdrA [sage] 投稿日:2009/11/29(日) 12:16:12 ID:cBuVQOzL0 [3/8]
俺が湯船につかって更に待つこと10分近く、2人がやっと浴室に入ってきた。課長はタオルを首に掛け、後ろからE美はタオルと手で体前面を隠しながら。最初お湯につかりながら、課長が話しかけてきても、俺たち恥ずかしさと緊張感でギクシャク、会話も弾まない。湯から上がって、課長命令で3人互いに背中の洗い合いする頃からやっと、会話がつながり始め、盛り上がり、E美から笑い声も出るようになった。それを境にE美も体のどこも隠さなくなった。S課長は俺たちより一回りくらい年上ながら、昔は水泳選手だったらしく手足長く均整とれた体型で、肌も艶やかで綺麗で、なるほど人目憚りなく晒せるくらい見事な裸体してるなと感心した。E美はややポチャだけど胸は並以上に大きいし、肌は若いからもっと綺麗で、背中も乳房も腰も腿もピチピチはちきれそうな、こちらもなかなか魅力的な裸体だと思った。情けなくも俺のチンコはフル勃起状態と半勃起状態の間の往復だったが、2人ともそれは自然・普通なこととして受け流してくれてた。

104 名前:えっちな18禁さん ◆cR2KgvWdrA [sage] 投稿日:2009/11/29(日) 12:17:38 ID:cBuVQOzL0 [4/8]
入浴後はマジメに職務討論会。E美は裸に慣れたみたいで、日頃の仕事上の疑問点を積極的に出していた。でも俺は、課長の股間の薄毛やE美のプルプルするおっぱいを目の前にして、気が気じゃなかった。それから夕食、そして酒席。課長が上座、俺とE美がその左右で向かい合わせの席。話題は社長や他課の社員の笑い話、業界のマジメな話、学生時代の思い出、将来の夢など…俺もこの段階にきてようやくこの状態が日常のものとして受け入れられるようになった。彼女らのおっぱいやマンコが、顔や普段着と同じようにいつもよく見る光景として直視できるようになった。実際その場では、チンコやおっぱいのみならず、マンコもよく見えた。たくさん、たくさん見た。何か取ろうとむこう向きに腰をかがめたり、座ろうとしてM字にしゃがんだり、座り直しの際に足の位置を変えたりする度に、あるいは話に夢中になるうちに次第に両膝が離れていったり…そんな彼女らの秘部を見ていると、それは彼女らの性格や顔と同じく、とても愛しく大事なものだと思えてきた。

105 名前:えっちな18禁さん ◆cR2KgvWdrA [sage] 投稿日:2009/11/29(日) 12:18:39 ID:cBuVQOzL0 [5/8]
課長は自分の性器を見られるのも、俺たち2人の性器を見るのもまったく平然とした態度だった。E美のほうは俺のチンコに多少の関心があるみたいだった。ゲームやトランプもした。敗者罰ゲームとして、消灯後の館内自販機まで飲み物やお菓子を買いに行ったり、ビリの者が馬になって1位の者を背中に乗せて、四つん這いで部屋内を1周歩いたり。合宿中で彼女らのマンコに接触できた唯一の機会だった。E美はジョリッ、課長はヌメリとした感触を背中に受けた。E美の陰毛は普通並みに黒々としており、課長のは前面のみに薄く貼り付いている感じだ。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年1月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:温泉・混浴での体験談

【おっぱい】デパート店員の巨乳に一目惚れ!パッツンパッツンのブラウス【実話告白】

134 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2008/04/11(金) 20:42:14 ID:cC9ESiyw0
デパ地下に、背が低くて巨乳の販売員がいる。ずっといいなぁと思って、色々話しまくって仲良くなってようやく、飲みに誘うことに成功社員出口で待ってたら、私服で巨乳の○代が出てきたブラウスから乳が飛び出してる。でかい、制服も結構でかいと思ったが、私服だともっとでかく感じる。ブラウスから透けてブラのレースが見える。二人で居酒屋へ向かうと、すれ違う男共の目線が○代の胸を見てる。居酒屋の個室に入り、二人で飲み始め○代が頭を下げるたび胸の谷間が目に飛び込んでくる。

135 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2008/04/11(金) 21:04:17 ID:cC9ESiyw0 [2/2]
も・揉みたい、乳に挟まれてみたい。巨乳にザー汁をかけたい。段々酔いが廻り始めたのか、俺が胸を見てると○代が、「○○さん私の胸ずっと見てたでしょ。」「えっ~だって男だったら見ちゃうよ」「そうなの、昔からずっと見られちゃって、いやだったのでも、今は、あまり気にしないことにしたの」「いつごろから?」「中学校ごろから急に大きくなって、それからずっと男の子たちが、いつもからかってきて、すごく嫌ででも初めての彼が、すごくやさしくて、それからあまり気にしなくなったの、もう別れちゃったけどね」

138 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2008/04/12(土) 19:05:18 ID:S3Aq1Muf0
>>134続きは?

139 名前:134[sage] 投稿日:2008/04/12(土) 22:15:56 ID:JNXP/cta0
「へぇそうなんだぁ」居酒屋の個室は、掘りごたつ○代の足にわざと足を当てて、「あっごめん」と言いながらも足をずっと触れた状態○代は足をはずすことなく、ずっと触れたままでいた。脈ありかなと思って、お酒をチャンポンで飲ませまくり○代の足に当てたままの足を上下に動かすと○代の目が虚ろ、太ももの間まで上げた足を奥へ入れると俺の足を両手で押さえながら「ダメ、感じちゃう」足に温かみも感じながら「ねぇお店出ようか?」小さくうなずく完全に酔いが廻ったのか、俺に寄りかかりながら飲み屋街を歩きタクシーを拾ってホテルへ

140 名前:134[sage] 投稿日:2008/04/12(土) 22:18:12 ID:JNXP/cta0
部屋を選び、俺に寄りかかったままエレベーターに乗り、部屋へ部屋へ入るなり○代を抱えベッドへ運ぶベッドへ下ろすやブラウスの弾けそうなボタンをはずすと目の前に大きな胸を包み込んでるブラ胸がドキドキしながらブラに手をかけ背中に手を回しホックを外そうとすると「待って」目を覚ました○代が言うと手を俺に回してきてキスをしてきたが、胸が当たる。しばらく抱き合ったままキス○代をベッドにゆっくり寝かせようとすると「お風呂、 入っていい?」風呂場へ服を脱ぎ電気を消して風呂へ入る○代入ったのを見て後から入ると俺も入ると、「えっダメ恥ずかしい」「いいじゃん、○代ちゃん綺麗だから、一緒に入りたくて」構わず、湯船に入る。○代の後ろから抱き手で覆えないぐらいの胸を揉む

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年1月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談
1 / 41234

このページの先頭へ