【妹】「妹と姫初め」(妹と同居を始めた)【実話告白】

今年の元旦に妹のノリと姫初めをしてしまい、その後は妹とセックスを繰り返した。
そして、賃貸マンションを借り、妹と同居を開始してもうじき3週間になる。
まるで新婚夫婦みたいな感じになってしまって、このままでは実質兄妹の近親相姦夫婦になってしまいそうな状態だ。3月下旬に物件を見つけて、さっさと契約した。
ノリも一緒についてきて、二人の新居をあちこちと探しまくった。
まあ、築5年の新しい物件が見つかり、4月12日、13日で引っ越しをして同居を開始した。
まあ、片付けやソファ、テレビや電話とかの関係もあって、14日、15日と2人とも休みをとってだった。
3LDKで家賃が11万円。俺が7万、妹が4万出すこととした。
ノリの部屋は6.5畳、俺が7畳の部屋をそれぞれの部屋として、もう一部屋は共通の部屋とした。
もちろんリビング、キッチン、風呂、トイレは共通だ。
家電やリビング用品も二人で貯金を出し合って買った。引っ越しが終わって最初の夜。
「お兄ちゃん、これからはたくさんノリと一緒にいる時間ができるね!」
「おお!本当に良かったよ。大好きなノリがいつもそばにいるもんな。」
「ねえ・・・お兄ちゃん、たくさんノリのこと愛してね?・・・キスしよっ?」
ダンボールの山の中で抱きあって、ずっとキスした。
誰が見てもラブラブカップルにしか見えない。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:妹との体験談

【人妻】人妻に生挿入、膣内が熱くてローションみたいになってる【実話告白】

花火大会の日、息抜き奥さんをGetできた。
出会い系サイトを覗いてたら、こんな感じの書き込みがあった。

「旦那は会社の人と、子供は友達と花火大会に行っちゃった。
夜まで一人だから遊びたいな」

同じ市内だったので連絡してみたらあっさりと会う算段に。

待ち合わせは市内のパチ屋の駐車場。
お互い車で乗り付けて、こちらの車に来てもらった。

年齢は37歳との事だったが、
可愛らしい感じで出会い系とかやってる風に見えない。

でも、年に何度かはこういう風にあった相手と遊んでるんだって。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2015年9月20日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【フェラチオ】ある日、妹がコミック雑誌で角オナしてることに気付いた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
小6の時、小1の妹が俺のコミックボンボンで角オナしてる事に気づいた。
でもまだ当時はオナニーを知らなかったので、遭遇しても何かやってるなとしか思ってなかった。
というか俺がいる時も部屋に来て、ボンボンを腹に敷いて寝そべりながら漫画読みだしたりとかもあった。
中1になってオナニーを覚え、そこで初めて妹が変な事してる!と分かった。
気にしないフリして放置し、背後に回りこんでバレないようスカートを覗きこんでみたり。
独特の妹の腰の動きや、その時のパンツの食い込みを観察した。
たまに
「それ読むから」
と妹の腹を持ち上げて使われてたボンボンを取り出し、別のボンボンを腹の下に差し込んだり、最中に直接妹に触れる事も多くなった。
俺自身がオナニーする時は、少年漫画のエロシーンや父親の部屋から拝借したエロ本だったが、いつしか完全に別腹。
興味無しだったはずの妹の角オナを思い出してしごく事も増え、妹が部屋で角オナを始めたら、漫画読んだり別の事をしてるフリをしてそれを見ながら、パンツに手を入れてバレないようこちらもオナニーを開始したりした。
余談だけど、パンツの中でしごいてそのまま出す時もあったが正直当時の俺頭おかしいw
それである日、部活から帰ってきたら妹が俺の部屋、俺の布団でうつ伏せで寝てた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年12月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【妹】妹と同居をはじめた 【実話告白】

今年の元旦に妹のノリと姫初めをしてしまい、その後は妹とセックスを繰り返した。
そして、賃貸マンションを借り、妹と同居を開始してもうじき3週間になる。
まるで新婚夫婦みたいな感じになってしまって、このままでは実質兄妹の近親相姦夫婦になってしまいそうな状態だ。

3月下旬に物件を見つけて、さっさと契約した。
ノリも一緒についてきて、二人の新居をあちこちと探しまくった。
まあ、築5年の新しい物件が見つかり、4月12日、13日で引っ越しをして同居を開始した。
まあ、片付けやソファ、テレビや電話とかの関係もあって、14日、15日と2人とも休みをとってだった。
3LDKで家賃が11万円。俺が7万、妹が4万出すこととした。
ノリの部屋は6.5畳、俺が7畳の部屋をそれぞれの部屋として、もう一部屋は共通の部屋とした。
もちろんリビング、キッチン、風呂、トイレは共通だ。
家電やリビング用品も二人で貯金を出し合って買った。

引っ越しが終わって最初の夜。
「お兄ちゃん、これからはたくさんノリと一緒にいる時間ができるね!」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:妹との体験談

【フェラチオ】【近親相姦】あと数年で三十路になるのに浮いた話のない妹【実話告白】

東京都/兄さん(20代)からの投稿
—-
オレの妹はあと数年で三十路を迎えようとしているのに、浮いた話もなくOLを続けている。
兄貴のオレが言うのもなんだが、妹は顔もスタイルも悪くない。
それに反してオレはというと、本当の兄妹かと思うほどビジュアル的に大きなハンデを負っており、小さいころは神様の理不尽さを恨み、妹が妬ましかった。
ただ、妹は性格的には大人しくて、どちらかと言うと、いや、率直なところ人づきあいが苦手な方だ。
子供の頃は、二人でよく遊んだり話をしていたので、いつの間にそうなってしまったのかオレにはよく分からないが、中学から大学までエスカレータ式の女子校に通っていたせいか、男と話をするのが特に苦手なようだ。
ちょっとだけ神様に感謝しているのは、オレには妹にはない社交性を授けて貰って、女にはモテなくても男友達の人望はそれなりにあった。
あの日は両親が遠い親戚の法事で出かけていて、オレたちは二人で夕食を済ませると、いつも通りリビングでテレビを見ていた。
「お兄ちゃん、これ食べる?」
食後のデザートに妹がリンゴを剥いて持って来てくれた。
「おう、サンキュ」
至っていつも通り、普段と変わらない会話だった。
それからも二人でテレビを見ていて、バラエティ番組の途中でコマーシャルになった時、何の気もなしにオレは妹に問いかけた。
「恵子、お前、結婚しないのか?」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【友達】友情と欲情と少しばかりの快楽と【実話告白】

数年前に知り合った女友達の最初の印象は「残念な人」。
ファッションセンスが色々とおかしかった。
黄緑色の変な色のジーンズに真っ白いスニーカーで
デニムジャケット白Tシャツにに赤いマフラーをしていて
昔の特撮ヒーローの主人公か?!と思った。
しかし話は合うから二人で会うようになっていって、
会ってるうちにファッションがだんだん普通になっていった。
そうすると、顔は美人でスタイルも良いことにようやく気づいた。
けど最初の印象が悪すぎて恋愛感情も別になかった。

その女友達は恋愛観についてもちょっと変わっていた。
1対1で付き合う必要は感じないし
セックスもやりたくなれば特定のパートナーが既にいても
性病防止と避妊をしっかりやればセックスすれば良いし、
同じ相手とのセックスに飽きれば止めればいい。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年6月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【フェラチオ】童貞だからビクビクしながら風俗に行ってきた【実話告白】

前日2人まで絞った姫のうち、どちらかで予約が取れるなら腹を括ろうと決意して朝に電話。
そしたら一番気になってた姫が予約できてしまった。
電話対応の人は温和な感じで、少し気持ちが落ち着いた。
軽くシャワーを浴びてから出発。
移動中は携帯で姫の画像なんかを見てムラムラしてたが、目的地が近づくにつれて股間が萎んでいく。
イチモツに一抹の不安を覚えながら入店。
入り口で総額を支払い、待合室へ通される。
店員に飲み物を何にするか聞かれ、後で飲み物代を取られないか心配しながら紅茶を頼んだ。(無料だった)
待合室は豪華絢爛で雰囲気も良いが、股間は益々元気がなくなっていく。
緊張か、もしくはテレビに映っていた上沼恵美子のせいだろう。
途中で40代くらいのおじさんが入店。
やっぱり金持ってる人が多いんだろうなぁ。
15分くらい待っただろうか?
用意が出来たとの事で、とうとう姫とご対面。
パネルマジックとやらを覚悟していたが、めちゃくちゃ可愛くてビビった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年4月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【友達】風俗にいた友達④【実話告白】

後日また投稿して頂いたので、続きを紹介します。
————–後日談—————
あれから結局1週間ちょっとで呑みに行ってきた。
もうちょい頑張ろうと思ってたんだが、誘惑に負けたってのが理由です。
『久し振りのエッチで凄く良かった』
『初めてお客さんの入れちゃった』
『しちゃダメって思ったら興奮しちゃった』
『大きさがジャストミートだねw』
『今度はフェラでイカせてあげる』
とまぁ~こんな感じのメールが日々送られてくるんですよ。
『でも別に彼女になりたいとかないから!』
『今はお金貯めなきゃだし、彼氏とかいらないから』
そう言ってたので、誘惑に負けて行っちゃいました。
今日はアタシが奢る!と言うので、普通の居酒屋で呑みました。
呑みながら今まで言わなかった身の上話まで聞かされ、そのままやっぱりラブホへGO。

実話告白体験談関連タグ

||||||

2014年4月8日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【学校】俺の青春と現在が(1)【実話告白】

俺が21の時の話。
その日は、食中毒をおこし、朝に病院で点滴を受けてから、一人暮らしの家から車で20分の実家に帰った。
昨夜、下痢と嘔吐で一睡も出来なかった俺は、点滴の効果と実家の安心感から、すぐ眠りについた。
夜、部屋をノックする音と母親の声で目が覚めた。
「和樹、なんか同級生とか言うとる女の子3人来とるよ。」
寝ぼけながら俺は、部屋を出て母親に
「だれ?」(俺)
「見たことない子やったけど。」(母)
特に気にすることなく、玄関に向かいドアを開けた。
「久しぶり、元気しとった?」
そこには、恵美・亜紀・沙耶がいた。高校時代に学校の校舎改築のためにテニスコートが使えず、テニスコート
を時々借りていた女子高のテニス部員だった。一通りの挨拶が終わった後、冬だったこともあり家のなかで話を
することになった。家の中では、九時ごろに亜紀が門限があるので帰るというまで、高校時代の思い出話、互い
の近況報告で盛りあっがた。俺も三人を見送ったあと、翌日の仕事にそなえ一人暮らしの家に帰った。
 翌日、仕事を終え家に帰宅したのは、八時ごろだった。ビールを飲みつつ彼女に電話をし、食中毒でデートを

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年4月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:学校での体験談

【初体験】脱童貞してセフレ作った【実話告白】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水)14:19:59.46ID:wiLHn6pV0<>

俺がここ(※
書きためたのでゆっくり馬鹿の話を垣間見ていただければこれ幸いであります
始めたのは俺が大学1年生で、まだ童貞だったころ
今は23歳だから、それほど昔の話じゃない。

県外にいった友人が都会じゃ出会い系で知り合うのが当たり前なんだぜというコトバに乗せられてやってしまった

出会い系なんかガセばっかじゃねーの?と思ってたし
なんとなくプライドが邪魔してできなかったが
友人も出会ってヤれたらしいのでやってみることにした

まずは適当にネットで検索してでてきた出会い系サイトを使ってみた
俺のターゲットは30代前半から40代前半の人妻
人妻で筆おろし最高と訳の分からない考えがあった俺はとにかくメールを送りまくった

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年3月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:初体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ