【フェラチオ】とある小さな温泉センターの面接にやってきた安達祐実似の美人さん【実話告白】

熊本県/ふあさん(30代)からの投稿
—-
昔の話ですが、今は潰れた温泉センターの話をします。
私がリストラされて失業中の時、熊本県の菊〇郡〇〇町の小さな温泉センターの社長が雇ってくれました。
雇ってくれたのは50代の社長で、雇ってくれた恩義は感じるのですが酷すぎます。
女風呂や脱衣場は覗くし、そのことは社長と入った後に知りました。
勤めて3ヶ月経った時に、バイトの面接に20代の女性が来ました。
安達祐美に似ていて小柄です。
社長の部屋に案内して30分ぐらいで出てきました。
その子は私の好みだったので採用されたか気になっていると、社長が出てきて履歴書を渡してこう言ってきました。
「岡、今面接に来た女をバイトで雇うから事務の制服と風呂場の作業服を買いにいくど」
と。
私は心の中でガッツポーズをして履歴書を見ました。
名前は、〇〇真理子で26歳です。
赤文字で身長155cm、B81W55H82と書いています。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

このページの先頭へ