【風俗】過去に女房がヤクザの奴隷【実話告白】

俺の女房は俺が言うのも何だが35歳で結構可愛い顔をしてる。
だが昔、薬を使ったセックスをしてたらしい。
数年前に本人から聞いたのだが、ヤクザの情婦と言うか厳密には単なるセフレ
と言うか奴隷なのかも知れんが・・・もう8年くらい前の話なので、俺は結婚してから聞いたのでそんなに気にもして
いないのだが、このスレを見つけたので参考までに書いておこう。10年前にそのヤクザだかチンピラだかに知り合ったらしい。
(詳しいことは女房も知らんらしいが・・・)
女房は酒好きでだらしがない。
酔っ払うと、酔っ払い親父の逆バージョンって感じなので、外で一緒に飲んでると
一緒に居るのが恥ずかしいくらいだ。女房の話によると、10年前にとあるスナックで飲んでて、そこにヤクザも飲みに来ていた。
残念ながら女房の乳は、ここのスレに出てくる女性のようにIカップほどの爆乳ではないが、
そこそこ乳はでかくて今は太ったのでGカップ。(10年前のピルと年のせいで太ったと思われる)
当時はFカップのスレンダー巨乳だった。(T166、B100、アンダー75 今現在のサイズ)
昔から大酒くらいの女房だったが、顔もスタイルも悪くないために結構男からは人気があった。
ただし、ベロンベロンにならなければの話だ。
ひどく酔っ払うと大抵の男は引いてしまうくらいにだらしがない。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:風俗での体験談

【おっぱい】街にあふれる新社会人とセクロスするの簡単すぎww【実話告白】

春、いろんな人が激変した環境に何とか馴染もうと必死で頑張ってる姿をたくさん見かける。
初々しいスーツ姿にまだ角が張った黒い革鞄を抱えた新社会人、自分が大学を卒業した頃を思い出して微笑ましくもなる。ただしその姿も週末の終電間際になると様子が異なってくる。
馴れない環境で昼間一生懸命精神をすり減らした新社会人たちは、夜、少しのアルコールで過ぎ去りし大学生活へのノスタルジーか、一気にその”ノリ”に戻って飲み過ぎてしまうものだ。俺がこの季節狩場にしているのは主に大箱の居酒屋かチャージがかからないカジュアルなバーだ。
特に俺が好成績を収めている店は、ノーチャージでカウンターでの都度払い、ダーツが2台設置してあるもののこじんまりとした、そして価格帯の安さから若い子で賑わうお店だ。
普段はクラブが主戦場だが、ほぼリクルートスーツに毛の生えたような格好をした新社会人たちは飲みに出てもその格好のまま金曜日のクラブへ出向くことは少ない。4月初頭のある金曜日、この日も18時を過ぎると新社会人の歓迎会的な集まりが繁華街のアチラコチラで催されている。俺も同じ業界の合同新歓的な集まりに顔を出さなければならなかった。狭い業界内の女の子には手を出さない、まして社内の子などもってのほかという主義を持っていたので、粒ぞろい女の子が集まるこの業界に身を置いたことを嘆きつつ、1軒目をさらっと流して悪友と一緒に狩りへと街に繰り出した。俺、隆と裕也は高校からの親友、マーチを出てネット中心の新興代理店に就職した俺とは違い一流大学から大手広告代理店を経て30前にしてさっさと独立を果たした裕也とは、現在のステータスこそ違えど普通に仲が良いことはもちろん、女の趣味が真反対ということで一緒に飲みに繰り出してはナンパに励んでいる戦友でもある。その日飲み会を抜けだした俺達がまず向かったのは大箱の居酒屋。いい大人になった俺達は普段ならもうほとんど行くことがないこの手の店だけど今日の目的はあくまで狩りだ。トイレに向かう動線上の半個室席を確保して着席、不味い酒を飲まされないためにボトルのスパークリングワインをオーダして二人で飲みつつ、トイレに向かう女の子をチェックする。
夜の9時を回った頃だというのにすでにいい具合に酔いが回った女の子が列に並んで頻繁に入れ替わっているのがわかる。しばらく飲み進めた時、その女の子は少し赤くなった顔で、でもまだしっかりした足取りでトイレに向かう列の最後尾にならんだ。
就職活動に合わせて黒くしたのか、濡れるような黒髪にまだ真新しいスーツ、むっちりとしたおしりを包む膝丈のタイトスカートの上からでもその太ももはイヤラシくその存在を主張していた。
顔は一瞬しかチェックできなかったけど意志の強そうなくっきりとした目元(お酒で少しやわらかくなってはいたが)にぽってりとした唇、そんな俺好みの顔立ちだったし、なにより、白いブラウスの下からスーツの胸元をきつそに押し上げる、その大きすぎる胸に目が釘付けになった。裕也に「俺が行くね」的なアイコンタクトを送るとすかさず立ち上がり、そのコの後ろに並ぶ。トイレは男女兼用の個室が3つ、そこに一列で順番待ちをするようになっている。ざっと見てそのこの前に並んでいるのは6人、時間にして約3分ほど話をする猶予がありそうだ。「並んでますねー、今日は街にもいっぱい人出てたしどこのお店も満杯ですね」
「そうなんですよー、このお店入る前に2軒も断られちゃいました」
最初の印象通り、気の強うそうなはっきりした目元だがさり気なく話しかけると思いの外ノリよく付き合ってくれる。サラサラのロングヘヤーに目が行って気付かなかったが小顔でパーツがはっきりしたかなりの上玉だ。
「俺もこのお店学生時代以来かもしれないくらい来てなかったんだけどどこも空いてなくて久しぶりに入ったよ、今日はここ一軒目ですか?」
「いえ、会社の飲み会あったんですけど一次会で解散だったんで、同期の子たちと二軒目にきたんです。やっぱり先輩や上司と一緒だと食べてても飲んでても全然緊張しちゃって、かえってストレス溜まっちゃいますよねー、あそう、私まだ就職したてなんですけど、ホントこの先ちゃんとやっていけるか不安ですよー」
酔いも手伝っているのか思った以上に饒舌にしゃべりまくる、どうやら本当にストレスが溜まっているようだ。
この時点で並んでいるのはあと3人だ、もうちょいいけそうだ。
「新社会人だ、なんかそんな気してたよwどんな業界ですか?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【友達】幼なじみの彼女を寝取った【実話告白】

幼なじみの彼女を寝取った。
21の頃だったと思うが、幼なじみ(男)に恐らく初めての彼女が出来た。

幼なじみはそれほど友人もいなく、大概彼女を連れて
俺と3人で遊んでいた。

次第に彼女とも仲良くなり、連絡先など交換し、紹介と称して
幼なじみ抜きで彼女の女友達とも遊ぶ仲になっていった。

そのうち、幼なじみの彼女(面倒なのでA子とする)が
俺に気があるのでは?と言動が多くなった。

ある日、A子から連絡があり、幼なじみ(こちらも面倒なのでB男としておく)
と3人で宅飲みしないかと連絡があった。

実話告白体験談関連タグ

|||

2016年9月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【王様ゲーム・複数】爆乳の彼女を会社の男達に寝取られた 続14編【実話告白】

前編は以下のとおり

Kがその様子を見てニヤつきながら、
手伝ってやってんだから早くやれよ、と嬲ると

彼女は手を震わせてKの手の平の上に自分の手を重ね、
それからKと一緒になって乳首をいじりはじめました

画面は次第に彼女の上半身のアップになっていって、
はちきれそうにパンパンに張ったセーラー服の上で、
Kの指と彼女の指が絡み合いながら一緒になって
服越しに浮き上がった乳首を嬲りものにしている様子が映りました

彼女は何度も、あっ、あひっ、ああっとつらそうに喘ぎ、
顔を歪めて目を閉じましたが、 その度にKに、カメラずっと見てろ、

実話告白体験談関連タグ

||||||

2016年7月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【王様ゲーム・複数】爆乳の彼女を会社の男達に寝取られた 続13編【実話告白】

前編は以下のとおり

彼女が泣きそうな声で、あっ、すごい、あっすごい、
と独り言のように悶え腰をムズムズさせました

Kが、すごいだろ?そうだろ?
と彼女に言い聞かせながら穴のすぐ下にディルドを押し当て
彼女の頭をさらにつかんで様子をのぞきこませました

そんな中、チ○ポを抜いた男が満足そうに溜息を漏らして
根元を絞りました

チ○ポの中に残っていた、半分かたまりになったザーメンが
どろっ、どろっ、と絞り出され、 スロー再生のように、
穴の中にゆっくり糸を引いて垂れていきました

実話告白体験談関連タグ

|||||

2016年6月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【王様ゲーム・複数】爆乳の彼女を会社の男達に寝取られた 続12編【実話告白】

前編は以下のとおり

一瞬で彼女の全身が痙攣して硬直しました
彼女がまた、声も出せない程興奮しながらイき出したのがわかりました

Kが、周りの男達に「見ろよほら」と言いながら
ディルドから手を離しました

彼女は行ってる真っ最中で体が硬直していて、黒いディルドが
穴から抜け落ちずにめりこんだままぶら下がり、まるでオマ○コから
真っ黒でぐにゃっとしたチ○ポが生えてるようでした

Kがニヤニヤしながら手を伸ばしていると、
彼女の全身の力が一気に抜け、ディルドが穴からぬるるっ、
と吐き出されてKの手のひらにぼとりと落ちました

実話告白体験談関連タグ

|||||

2016年6月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【王様ゲーム・複数】爆乳の彼女を会社の男達に寝取られた 続11編【実話告白】

前編は以下のとおり

真っ黒なディルドが穴の入り口をじわじわ広げながらめり込んでいき、
同時に彼女が、んんっ、はああっと苦しそうに声を漏らしました

Kはその反応を楽しむようにニヤニヤしていて、
カリの形に膨らんだ部分を入れたところで手を止めると
「ここ、便器になるんだろ???、ここだよ、ここ、ほらここ」
と何回も彼女を嬲りました

「ここ」と言うたびに手をゆっくり上下に動かして
カリのところだけをじわじわと穴の中に出したり入れたりして、

画面の中で大写しになった彼女の穴は、
真っ黒なゴムのカリに引っかかって何度もめくれあがり

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2016年6月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【王様ゲーム・複数】爆乳の彼女を会社の男達に寝取られた 続10編【実話告白】

前編は以下のとおり

スカートの下でバイブが股間に深々と突き刺さっている
ところが丸見えになりました

バイブは股間から抜け落ちないように、パンツの下に
無理矢理しまいこまれ、パンツでフタをされていました

パンツがバイブの柄の部分の形に突き出てていて
チ○ポが下に向かって生えているように卑猥に変形していました

彼女はビクンビクンするたびにバランスを崩しそうになって
Kがそれを見てニヤけながら、
「勝手に座ったら便器にするぞ」と彼女を嬲っていました

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2016年6月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【王様ゲーム・複数】爆乳の彼女を会社の男達に寝取られた 続9編【実話告白】

前編は以下のとおり

俺と彼女が付き合ってることに気づいた同期が
俺に嫉妬してこれ見よがしに次々と動画をもってきました

S気質というか、苛め体質むき出しな奴でしたからね
彼女がいかに同期とYの言いなりかを見せつけるようなものでした

内容は変態的なのばっかりでした
コスプレしたりとか、オモチャ使ったりとか、外でしたりとか
後はビデオレター的なやつですかね

とにかく男は必ず複数でした
AV女優が着るような、みっともない格好ばっかりさせられてました

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2016年6月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【友達】担任だった巨乳の先生とセックスしてしまった【実話告白】

去年の成人の日のこと。
中学のときのクラス会があって、久しぶりに
担任だった女の先生に会いました。

当時2年目で若かった先生は結婚し、
今じゃ子供もいる とのことでしたが
傍目にも相変わらずの巨乳でした。

当時先生が顧問だった陸上部にいた自分は、
先生が走るたびに揺れる巨乳をいつも眺めていただけに
すごく懐かしい感じがしました。

3次会でカラオケに行くことになり
男は陸上部だった自分ら3人だったので先生も誘い、
先生も体育会系のノリで来てくれました。

実話告白体験談関連タグ

||||

2015年9月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 2612345...1020...最後 »

このページの先頭へ