【フェラチオ】【田舎】地域に残る風習で父親に処女を捧げた話【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私の生まれた地域に今でも残る風習です。
女子は初潮を迎えた段階で2つのうちから1つを選択しなければなりません。
1つは、『父親、もしくは5歳以上年の離れた兄に処女を捧げる』
これを選択した場合、処女喪失以降は自由恋愛が認められます。
もう1つを選択すると、結婚するまで純潔を守る事ができますが、結婚相手は親が決めます。
簡単に言うと、人身売買のような形になります。
男性が娘の「家」から「処女の娘」を大金を以って買うという事です。
注意点として、男性の配偶者になれるとは必ずしも限りません。
有力者の愛人になるというケースもありえます。
「夫」との間に年齢差があって、「夫」が早くに亡くなった場合、実家に帰される場合があります。
この場合、子供は「夫」の家に取られます。
私の場合、許嫁とか愛人とかは考えられなかったので1つ目を選択しました。
上に書いた文の通りの説明を受けるわけではありません。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年11月4日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】嫁を亡くし、男で1つで育ててきた愛娘が大学生になった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
中年の普通の会社員です。
目の中に入れても痛くないというのでしょうか、溺愛している娘の裕子と関係を持ってしまいました。
中学生の時に嫁を亡くし、男手1つで育ててきた愛娘も大学生になりました。
母親の死後、娘はしばらく塞いで学校を休んでいましたが、暫くすると元の元気な娘に戻り、普通の生活に戻っていきました。
中学の間は私が弁当を作り、娘に持たせていましたが、高校に入ると娘は自分で弁当を作るようになり、ついでだからと言って私に弁当も作ってくれるようになっていました。
片親がいないせいか、自分がしっかりしなければ、と思っていたのでしょうか、その頃には自分の事は勿論の事、私の身の回りの世話も全て娘がやってくれるようになっていました。
しかし、つい最近になって分かった事ですが、裕子は高校生、いえ、中学生の頃から私を父親以上の目で見ていたというのです。
私達は、血の繋がりのある、実の親子です。
私は妻を愛し、若かりし頃の妻と瓜二つな裕子を心から愛しています。
そんな毎日の中、あの日がやってきたのです。
休もうと部屋の電気が消えた中、裕子が静かに私のベッドルームのドアを開け、入ってきました。
「お父さん、一緒に寝てもいい?」
裕子は私の返事も待たずに、私のベッドに横になりました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年1月5日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【マニアック】小学生の頃に自宅のお風呂場で実の父に【実話告白】

香川県/菊川楓さん(20代)からの投稿
—-
その日、私はいつも通りお風呂に入っていたんです。
ただ…父に、
「ゆっくりしてきていいからな」
と言われたのは不思議に思いましたが。
頭も体も洗い終わり、湯船に浸かったその直後。
ガラッという音とともに丸裸の父が入ってきました。
「ちょっ、お父さん!?出てってよ」
と私。
もちろん、父の肉棒は剥き出し。
父はそんな私を横目に湯船に入り、私の正面に浸かってきました。
その時私は小学6年生。
ブラもしてましたし、マン毛も生えていました。
一所懸命に体を隠していると、胸に当てていた手を父に取られました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年9月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

このページの先頭へ