【おっぱい】生理と酒の飲み過ぎでトイレ前で倒れてた20歳の女【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺がカラオケボックスで仕事していた時の事。
閉店後、何人かでカラオケしながら飲んでた。
その時一緒に飲んでいた女の1人が生理が重いくせに酒をガンガン飲んでいた。
(その子は小柄で可愛い、当時20歳)
恐らく「場のノリ」と「飲めない」と思われたくないという若さ故なのか、周りが無理矢理飲ませたわけでなく勝手に飲んでた。
朝方近く、トイレに行ったきりのそいつが戻ってこない。
他のヤツも酔い潰れていて素面は俺1人。
実は俺は全くの下戸で、いつもはこいつらの介抱役という損な役回りを担っていた。
「全くしょうがねえな」
と思いながらトイレに行ってみたら、その娘が倒れてたんだよね。トイレの前の廊下で・・・。
生理が重いのも手伝って意識朦朧としている状態。
俺が近づいて
「大丈夫か?」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】ヤンキー達に脅され、可愛い目の同級生がフェラさせられた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
志望してた高校まで生徒だけで行く時に、同じクラスの仲間と行かされた。
オレは女子Mと2人で行ったんだけど、当時は学年でも男女で付き合ってるのなんて1,2組いるかいないくらいだったし、男女で仲は悪いわけではないけど意識し過ぎていた感じ。
そんな風だから、行きは距離を置いてる感じでよそよそしかったのが、帰りにはお互い会話しながら楽しく駅まで来たんだけど、ゲーセンの近くで3人組の不良に絡まれた。
多分歳はオレらより上なんだろう。(プータロー)
昼間っからいかにもビーバップに出てきそうな感じで脅され、
「カップル様よ~」
が口癖で、ボロアパートの裏側に連れて行かれた。
ブロック塀は高くて外から見えないし、誰も通報してくれそうもない。
棒でオレの下腹部を叩きながら、
「この場で2人でセックスしてみろ」
と言われて、
「嫌なら輪姦してやる」
とMのスカートを捲りながら中に履いてるブルマーを脱がそうとしてるので、頭を小突かれながら言われるがままにMとディープキスをした後、そのまましゃがませてチンコをMの口元へ持っていき、嫌々な感じでしゃぶらせた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年9月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】【ご褒美】キレイな高2の従妹と飲んだ時の話【実話告白】

兵庫県/キドキドさん(30代)からの投稿
—-
盆休みに母方の実家に行き、墓参りをしてきた。
そこでほんの少し母の妹一家にも会ったので挨拶をする。
その中に、親戚の中でも一番綺麗だと思う従妹との事を思い出した。
俺が大学の期末考査が終わり、卒業式まで暇を持て余してた頃、電設業を営んでる親戚から、
「浩ちゃん(俺)ぶらぶらしてるんだったらウチに手伝いに来ない?」
と連絡があった。
特に断る理由もないし、宿泊食事はもちろん親戚のとこに行く交通費も出してくれるっていうので気軽に応じた。
その家には直子っていう、俺の二つ下の従妹とその妹の祐子ってのがいる。
直子は高校卒業後デキ婚で嫁いでしまい、残ってるのは叔父叔母と祐子(高2から高3へあがるとこ)だけ。
手伝いは電気コードを所定の長さに切り、圧着端子を取り付けたり、それを組み立て済みの配電盤のブレーカーに取り付ける作業。
わざわざ俺を呼ばなくても叔母が主婦業の片手間にやってたようなこと。
毎晩のように叔父に付き合わされて晩酌をしていたんだけど、ある晩祐子から、
「浩ちゃん数学わかるよね?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年8月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】アルバイト先のオーナーの息子の彼女をお持ち帰りした話【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
20歳の頃、コンビニでバイトしてました。
そこのオーナーには息子がいたんですけど、中学浪人して三流私立高進学、高校浪人して東京の某三流私大の夜間学部、在学中に1回留年して23歳で大学2年生という、とても横滑りが上手な方でした。
いい年して親離れが出来ていないらしく、隔週末に帰省してきておりまして、何も用事がないのに店に出てきては私のようなバイト君に勝手に指示して皆に迷惑がられるという、何だかなぁという方でした。
彼はコンプレックスが人一倍強い性格らしく、自分の中でした格付けで自分より上位にいる人間には偉そうに振舞い、格下と思える人間には賞味期限切れになった弁当をバイトの帰り際手土産に持たせ、煮込みすぎてグズグズになったオデンのチクワなどを休憩時間にご馳走してくれるという、とても優しい方でした。
私は当時地元の国立大の2年生だったのですが、彼の中では私の方が格付けが上らしく、帰省してくる度に何かと的から少し大きめに外れた指示を出しては、困惑させてくれていました。
ある時期から息子さんの帰省が毎週になりました。
理由は、地元で彼女が出来たから。
その子は前年までバイトをしていた子で、バイト当時は短大に通っていた女の子でした。
よく私がバイト中レジに入っていると連れ立って店に来て、見せつけるように店内を歩き回り、やはり金を払わずお買い物(?)していました。
まあ特別可愛いくも、それといってブスでもないのですが、初めてできた彼女を自慢したいらしく、彼女のいないバイト生に自慢しては悦にいっていらっしゃるようでした。
少し面長の、一重目蓋のやや切れ長で細身の体はスラッとして、まあまあかなと私は思っており、たまに視線が合うと少し妖しさ加減が微妙に入り混じった微笑をするのが気になっているぐらいでした。
卒業して私と入れ替わりでバイトを辞めたのですが、息子さんはその子の事が好きだったらしく、その子がバイトしていた時は毎週末帰省してきてはセクハラまがいの個人指導をしていたと、古株のバイトの先輩から後で訊きました。
その子は当時他に彼氏がいたらしく、息子さんのしつこいアプローチを徹底して無視してたらしいのですが、失恋してしまったとのこと。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】夏休み中、放課後の教室で26歳の同僚教師と【実話告白】

茨城県/さとしさん(20代)からの投稿
—-
教師をやっています。
ある年の異動で、A(26)と同学年の担当になった。
自分には彼女もいたし、タイプじゃなかったから全く気にしてなかったが、同じ職場では業務上一番よく話すので、夏になる頃にはAが俺に多少好意を持ってくれているのが分かった。
夏休みには食事や遊びに行くようになり、より親密になっていった。
次第にエロいメールもするようになり、時々オナニーしている事、そして、Aは処女である事が分かった。
教師は職場に良い奴がいないと出会いが非常に少ないので、学校によっては非常に忙しくて土日も出勤するため、美人でも独身のまま20代の一番いい時期に恋愛出来ない人が多いと思う。
2学期のある日、仕事で落ち込んでいたらしく、ギュッと抱いて欲しいというリクエストがあり、放課後の教室で他からは見えないように廊下側の壁に移動して抱いたのだが、そのまま流れでキスをした。
興奮した俺は胸やお尻を服の上から触るとAは
「?!……ちょっと……」
と笑いながら俺の肩を手でペチペチ叩いてきた。
いけそうだったので、シャツの中へ手を入れ、ブラジャーのホックを外し、胸を揉んだ。
「えぇぇ…ちょっと本当に!?」
顔を真っ赤にしながらかなり困っているようだったが、お構い無しで俺はAのシャツを捲り上げ、胸を露わにした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年2月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】生理中にフェラさせてたらアナル舐め突入www【実話告白】

<>295 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/02/05(火) 20:39:32 ID:v9hqp+Kj0 [1/6]<>
あたしも、生理でエッチできない日は特に、ここぞとばかりに責めます。 ついこの間の話。(本文が長すぎるって出ちゃうので、かなり分割になってしまうけどすみません…)                                                  テレビ見ながら、パンツ一丁でうつ伏せになってる彼をマッサージ。彼もボ~ッとテレビを眺めてる。今日は生理で、エチなしだからと思って油断してるんだろう。甘い。そんな彼を眺めているとエッチな気分になってきたので、ふいに、手をうつ伏せのままの彼の股間の下にズズーッと潜り込ませる。驚く彼をよそに、股間を上下にグイッグイッとマッサージ。「ちょっ!…なに!うわっ…」「マッサージだよ」ナデナデしていると、あっという間に硬くなるチンコ。「なんか手に硬いのが当たってる~」とか言いながら撫で回す。

<>296 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/02/05(火) 20:41:52 ID:v9hqp+Kj0 [2/6]<>
そのまま仰向けにさせて、今度は前からマッサージ。パンツの上からスジを指でなぞったり、強めに竿を撫で上げたり、玉をモミモミ…「ん……ふぅ…」なんて、息を漏らす彼。パンツにうっすらとシミが出来始める。「ねぇ、なんでマッサージしてるのにパンツ濡らしてんの?」「だってお前…それヤバイ…」目を閉じて眉間にしわを寄せている彼の首筋をベロ~っと舐めあげ、手は動かしたまま耳元で可愛く言う。「マッサージ嫌?やめる?」「…えぇ?」恥ずかしいのか、返答につまる彼。「やめる?マッサージ終わり?」彼のチンコを優しく撫で回し、首筋や耳やホッペにキスをしながら、イタズラっぽく聞く。

<>297 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/02/05(火) 20:47:51 ID:v9hqp+Kj0 [3/6]<>
それでもなお、「や…」「ヤバイって…」とかなんとか言って「やめないで」って言いたがらない彼。「じゃ、やめらんないよーにしてあげよっか」「へ?」って言う彼の言葉を無視して、深くキス→ベロチュー。それと同時に、パンツの中に手を入れて直にチンコに触れる。ガマン汁を塗りたくり、激しくしごく。「んっ…んん…」って漏れる声が可愛くて、時々口を離して顔を見ながらしごき、わざとらしく聞く。「なに?どしたの?」「まじでヤバイって…そんなんしたら、俺すぐイッちゃうよ?」「だめだめ、早い早い(笑)」ってまたしごきながらベロチュー。そのまま下におりていって、パンツからちょこっとだけ亀頭出してジュルジュル。「うっ…」って、ビクビクする彼。チンコくわえたまんまパンツ脱がして、フェラ→四つん這いにさせてアナル舐め。吸い上げたり、舌をぐぐーって入れると、「うあ~~」って言いながら穴がキュッて締まるのが可愛い w

<>298 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/02/05(火) 20:52:27 ID:v9hqp+Kj0 [4/6]<>
そしてその日はコッソリ持ってきてたローション塗って、指挿入。「あーーヤバイヤバイヤバイ!」って前に逃げようとしたけど、腰をムリヤリ元の位置に戻してかまわず挿入。「あ~指入っちゃった……今どこまで入ってるかわかる?」「え?……わからん…」「第二関節まで入っちゃってるよ?」「え?!嘘だって!」「ほんとだよ(笑)…あーホラ、もう根元まで入っちゃった」「あぁぁ……うっ…」「このへんにね?ツボがあるはずなんだよねぇ…どこだろ~?」とか言いながら中で指をクネクネ動かすと、彼の腰がヒクヒク動いて弱々しい声が漏れる。同時に亀頭をクリクリすると、「あっ!ちょっ、ヤバイって!!」と、ガバッと仰向けの体勢に逃げられてしまう。でもおかまいなしに責め続ける。「逃げちゃダメだってば」また指入れて前立腺を刺激しながら、クライマックスに向けて激しくフェラ。

<>299 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/02/05(火) 20:55:55 ID:v9hqp+Kj0 [5/6]<>
「あーもーーダメダメ!!出るよ?出るよ?……あッッ!!!」って、勢いよくお口の中に発射。「は~~~…」ってグッタリしてる彼。でも、まだまだ。ゴックンしたあと、そのままフェラ続行~。「あ?!うぁ~~~~~~ダメだって~~~~~~!」彼が暴れるので、両足の上に乗ってがっちりロックして、容赦なく手コキ。「あっ!!…う~~っっ」って、頭かいたりしながら悶えてる彼の姿に、あたしは大興奮。「んー?気持ちいいねぇ?ぐっちゃぐちゃになってる」「あッ!……あ~もう俺まじでおかしくなるって!!」「…おかしくなっちゃいなよー w」しばらくして、「あーーームリムリ!!……あぁぁ!!」って2回目の射精。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年2月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【マニアック】【欲望】プールサイドの誘惑に負けた中2の夏【理性】【実話告白】

<>87 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2007/12/03(月) 11:20:42 ID:5SexnhWl0 [1/2]<>
中2の夏、プール授業のときのこと。25mプールを縦に割って1~4コース男子5~8コース女子という具合になってたが思春期の俺たちはどーしても女子のスク水に目を奪われて股間の反応を抑えるのに必死だった。プールサイドには2人見学の女子がいたが、その”理由”は男子たちにもばればれで『あいつら、今日はそうなんだ・・・』と思ったが、当然口に出すようなことはありえない。

<>88 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2007/12/03(月) 11:21:49 ID:5SexnhWl0 [2/2]<>
ところが授業が終わってみんなシャワーに向かってたときにM彦と見学者の一人のH美がどういう訳か口げんかをはじめた、二人ともすごい剣幕でH「うるせぇな!男の癖にグダグダ言うな!」M「黙れ生理女!」「違うワ!!」H美はこれで完全にキレてM彦をプールに突き落としたが、M彦もすぐにH美のスカートを引っ張ってプールに落とした。H美は慌てて上がってきたが、水に濡れてカーッターは透けしかもブラもお子ちゃま用のカップのないやつだったので乳首の薄茶色まで確認できたさらに、M彦に引っ張られてホックがはずれたのか、プールから上がった拍子にスカートも脱げ白の細かいプリント柄のパンツにクッキリと”毛”が映し出されていた。H美が言ったようにアノ日ではなかったようだ。先生が止めに入る間もない一瞬の出来事だった。スリムだがこりん星から来たようなコケティッシュな顔のH美に、それ以降同級生たちは数え切れないくらいネタの世話になった。

<>89 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2007/12/03(月) 21:18:30 ID:HsM/UEYc0<>
>>88コケティッシュ…オッサンしか使わんぞそんな言葉。

実話告白体験談関連タグ

||||

2014年2月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【フェラチオ】男の人のチンポを舐めるのが好き!フェチズム待ったなし!【実話告白】

<>1 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/05/14(月) 14:49:48 ID:TnaSmguK0 [1/8]<>
最近エッチそのものよりフェラが好きってことに気づいてしまいました。こんな人他にいませんか?出来れば女性の意見が聞きたいです。彼氏と別れてからしばらく立ったらすっごいしたくなってしまった…

<>2 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/05/14(月) 15:10:51 ID:QTLPTq8rO<>
どんどんしてよ もっと入れて

<>3 名前:1[] 投稿日:2007/05/14(月) 15:36:20 ID:TnaSmguK0 [2/8]<>
口でしてあげてるときに髪の毛触ってもらうのがすごく好き。私が頑張ってて、彼氏が優しく見守ってくれてる感じがあってすっごい幸せになります。女として扱ってもらってる感じがする。彼氏欲しいなぁ… フェラの瞬間すっごいラブだもん(><)

<>4 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2007/05/14(月) 15:37:27 ID:Dgh7UR340<>
じゃぁ俺の舐めてフェラの瞬間だけ彼氏になるからw

<>5 名前:1[] 投稿日:2007/05/14(月) 15:45:51 ID:TnaSmguK0 [3/8]<>
ぶっちゃけそれでもいいと思ってしまうから怖いです…生理前だからだろうな(><)

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年2月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【露出】中学生のプール授業は、生理測定?まさかの強制露出【実話告白】

<>87 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2007/12/03(月) 11:20:42 ID:5SexnhWl0 [1/2]<>
中2の夏、プール授業のときのこと。25mプールを縦に割って1~4コース男子5~8コース女子という具合になってたが思春期の俺たちはどーしても女子のスク水に目を奪われて股間の反応を抑えるのに必死だった。プールサイドには2人見学の女子がいたが、その”理由”は男子たちにもばればれで『あいつら、今日はそうなんだ・・・』と思ったが、当然口に出すようなことはありえない。

<>88 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2007/12/03(月) 11:21:49 ID:5SexnhWl0 [2/2]<>
ところが授業が終わってみんなシャワーに向かってたときにM彦と見学者の一人のH美がどういう訳か口げんかをはじめた、二人ともすごい剣幕でH「うるせぇな!男の癖にグダグダ言うな!」M「黙れ生理女!」「違うワ!!」H美はこれで完全にキレてM彦をプールに突き落としたが、M彦もすぐにH美のスカートを引っ張ってプールに落とした。H美は慌てて上がってきたが、水に濡れてカーッターは透けしかもブラもお子ちゃま用のカップのないやつだったので乳首の薄茶色まで確認できたさらに、M彦に引っ張られてホックがはずれたのか、プールから上がった拍子にスカートも脱げ白の細かいプリント柄のパンツにクッキリと”毛”が映し出されていた。H美が言ったようにアノ日ではなかったようだ。先生が止めに入る間もない一瞬の出来事だった。スリムだがこりん星から来たようなコケティッシュな顔のH美に、それ以降同級生たちは数え切れないくらいネタの世話になった。

<>89 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2007/12/03(月) 21:18:30 ID:HsM/UEYc0<>
>>88コケティッシュ…オッサンしか使わんぞそんな言葉。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||

2014年2月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:露出体験談

【おっぱい】眠ってて起きない母を…【実話告白】

中ぼうさん(10代)からの投稿
—-
当時、俺は15歳の中学生。
母に夜這いして性的欲求を解消して楽しんでいます。
父(正彦42歳)は、外資系会社の営業課長です。
友人宅の生活と比較しても父親の収入が高いんだと思います。
母(礼子36歳)は、専業主婦で数か月前に初めてパートとして働き始めましたが、それまでは仕事をした事が無い位のお嬢様育ち。
兄は俺の2つ年上で、17歳。
家から離れた私立の高校に入り、父方の爺ちゃんの家に下宿している。
父と母は仲が良く、夜な夜なエッチな事をして楽しんでいるのを知っていました。
夜トイレに起きた俺は、両親の寝室前で”あなた・・・逝っちゃう・・・”という母の喘ぎ声が聞いたんです。
中学1年だった俺ですが、SEXの知識は十分にありエロ本だって持っていたので、両親が何をしているのか直ぐに検討が付きました。
部屋に戻った俺はベットに横になったんですが、母の喘ぎ声と母のエッチな姿を妄想して眠れませんでした。
それどころか”母の裸を見たい”と言う気持ちが湧き上がり、部屋を出て両親の寝室前に向かっていました。
寝室のドアをそっと開けると

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月5日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談
1 / 212

このページの先頭へ