【大学生】家庭教師で勉強を教えてる最中に居眠りしてしまったら【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私は今まで男の人と長く付き合った事がなく、今では男友達からも敬遠されていて、女友達も私は男嫌いだと思っています。
凄くガードが堅く勉強ばかりしているように思われているのです。
中学や高校、大学と新たな世界では、友達の中で私がまず男の人から声をかけられる。
でも私は潔癖症というか、少しでも男の人の不潔な事を見つけると、もうダメになる。
息や体の臭さは勿論、男臭さだけでも嫌になってしまう。
こんな私も去年国立大学に現役で合格して、去年の春から中1の男の子(今は中2)の家庭教師を始めた。
高3の時は全国模試・英語で名前が載った事もある。
その中1の子は、今まで付き合った男の人(でも1ヶ月も続いた事ない)とは違って女の子のように可愛い子だという印象があったのに、やっぱり男の子は男の子だった。
6月頃、素足にタイトのミニで彼の机の横に椅子を並べて勉強を教えている時なんだけど、その子に問題の与えて待っている時にほんの少しウトウトしてしまった。
ほんの少しの時間だと思う。
ふと目が覚めると、その子がね、机の下に潜り込んで絨毯に這いつくばるような恰好で、少し開いた私のスカートの中を覗き込んでた。
その子の露骨な姿を見た時、体に電気が走ると言うか、ジーンとしびれるようになってしまって声が出来なかった。
私が目を開けても彼は私のスカートの中に夢中になっていて、私の方からも彼の顔がほとんど見えないし、声を出さなければ彼も私が起きている事が分からないという状態で、だんだんと体がとろけるような気持になって、閉じようと思っていたのに、どうしても足を閉じる事が出来なかった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年6月24日 | 実話告白体験談カテゴリー:大学生との体験談

このページの先頭へ