【職場】職場で30歳近く歳の離れた同僚と同棲を始めたキッカケ【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私は、30歳(正確には28歳と7ヶ月)歳の離れた職場の同僚と同棲してます。
ちなみに同棲相手は「彼」とか「あなた」とか「旦那」みたいな呼ばれ方を極度に嫌っていますので仮称ですが「カワイさん」と呼びます。
ちなみに、カワイさんは私の父より二歳年上で私の母より六歳年上です(笑)
私とカワイさんは同じ会社の同じ課に勤めています。
カワイさんはいくつか仕事を転々として我が社に就職して五年程になり、私は新卒(高卒)で就職して丸四年、五年目になります。
ですから、私の入社時には先輩としていました。
私も他人の事をとやかく言えるような器量をしているわけではないのですが、カワイさんは実年齢もいっているわけですが見た目は更に上をいっていて、初対面の時は
「定年後の再就職組かな?」
と思っていたほど老けて見えました。
あくまでも「老けて見える」というだけで中身はバリバリだったのですが、知らない人から見れば「高齢者」としか見えないでしょうね・・・。
そんな間柄なので。初めは男女の関係どころか恋愛の対象でも無かったのです。
カワイさんも、いつもニコニコしていて私の話を穏やかに聞いてくれて、アドバイスみたいな押し着せじゃなく、こうしてみたら変わるかも知れないよ・・・みたいな物言いでしたので、職場の人間関係みたいな相談なんかはカワイさんにしかしませんでした。
高卒で入社した時は小さな不動産屋さんですから同期も居なくて私のすぐ上の先輩は私より五つ上で、しかも男子・・・。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年1月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:職場での体験談

【初体験】仕事帰りに20代の女の子とぶつかって転びそうになった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
仕事の帰り地元の駅に着き改札口を出ようとした時、20代前後の女の子とぶつかって転びそうになりかけました。
「ごめんね。大丈夫ですか?」
「あっいいえ。こちらこそすいません」
とその場を離れましたが、その彼女の爽やかさが妙に心に残りました。
駅前にある喫煙場所で煙草を吸っていると、先ほどぶつかったあの女の子が前を通り過ぎました。
彼女は私が行こうとしている店と同じ方向に歩いているので、後をついて行く格好になりました。
彼女は私の目的の店の3~4軒手前にあるモダンなダイニングバーの店に入って行きました。
こんなお洒落な店に来るんだなー。
私はそのまま行きつけの店で1時間ほど飲んだのですが、帰りに彼女が入った店が気になって入ってみると、店内の雰囲気も良くカウンターに座りました。
見渡しても客の中に先程の女の子が見えず、もう帰ったのかなと思っていたところに、
「いらっしゃいませ」
とオーダーを取りに来た子が彼女でした。
彼女はこの店でアルバイトをしていたのです。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月20日 | 実話告白体験談カテゴリー:初体験談

【フェラチオ】【ゲイ】川遊びをしていたら見知らぬおじさんにレイプされた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
ネット巡りをしていたらここに辿り着きました。
今まで誰にも話さなかった秘密を打ち明けたいと思います。
小学4年生の夏、僕は友達と2人で川遊びをしていました。
近所の山中にある小川で、水も綺麗で鮎釣りが楽しめるスポットです。
釣り人がいるのは主に上流で、そこには小さな茶屋もあり、ちょっとした観光所でした。
僕達は釣りの邪魔にならないよう、人のいない下流の方でパシャパシャ遊んでました。
水着を持ってなかったので、最初は草履を脱いで裸足で川に入ってましたが、遊んで服が濡れていくうち、誰もいないしいいよね、って感じでパンツ一枚になったのです。
もちろんパンツまでビショ濡れでしたが、帰る前にしばらく水から上がっていれば乾いたでしょう。
自然の山水は綺麗で冷たくてとても気持ちよく、だから存分に遊んだのでした。
お昼過ぎ、
「そろそろお腹空いたし帰ろうか」
って事になり、僕達は川から離れ、しばらく大きな岩の上に寝そべってパンツが乾くのを待ちました。
他愛のないゲームの話なんかしながら。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】一人旅できた奥飛騨温泉郷の混浴で美しい女性と一緒になった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
奥飛騨温泉郷の中でも、最も奥まった高台にある古い宿。
民宿に毛が生えた程度の、こじんまりとした、しかし落ち着いた風情のある宿だ。
年に1度、仕事にも家族にも縛られないバイクの一人旅に持ってこいの宿だ。
早朝からのツーリングの心地よい疲れで、温泉にも入らず食事の後はすぐに寝入ってしまっていた。
気がついたのは既に0時すぎだが、露天風呂は24時間いつでも入れるとの事だったので、せっかくの温泉を楽しもうと風呂場に向かった。
ここの露天は確か混浴のはずだが・・・スケベ心が全然なかったと言えば、嘘になる。
しかしこんな時間、誰もいないだろうとも思っていた。
内風呂でかかり湯をしてから露天風呂へ。
片足をザブンと湯船に入れたところで、すぐ近くに先客がいるのに気がついた。
跳ねた湯を浴びせてしまい、
「あ、失礼!気がつかなくって・・・」
で、絶句。
なんと、若い・・・とは言っても、30歳は越えているだろうか・・・垢抜けた、美しい顔立ちの女性だ。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】とある小さな温泉センターの面接にやってきた安達祐実似の美人さん【実話告白】

熊本県/ふあさん(30代)からの投稿
—-
昔の話ですが、今は潰れた温泉センターの話をします。
私がリストラされて失業中の時、熊本県の菊〇郡〇〇町の小さな温泉センターの社長が雇ってくれました。
雇ってくれたのは50代の社長で、雇ってくれた恩義は感じるのですが酷すぎます。
女風呂や脱衣場は覗くし、そのことは社長と入った後に知りました。
勤めて3ヶ月経った時に、バイトの面接に20代の女性が来ました。
安達祐美に似ていて小柄です。
社長の部屋に案内して30分ぐらいで出てきました。
その子は私の好みだったので採用されたか気になっていると、社長が出てきて履歴書を渡してこう言ってきました。
「岡、今面接に来た女をバイトで雇うから事務の制服と風呂場の作業服を買いにいくど」
と。
私は心の中でガッツポーズをして履歴書を見ました。
名前は、〇〇真理子で26歳です。
赤文字で身長155cm、B81W55H82と書いています。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【盗撮・覗き】酔った勢いでオヤジにスカートの中を見せつけた【実話告白】

30代半ばのOLです。
某大教育学部卒の教師なりそこねでそのまま生活のため、意に反し企業に就職、ずるずると流され今に至ります。
退屈な仕事内容で、パソコンにデータの入力をする事と、書類の作成、保管、電話応対、郵便物のセクション分けと郵便局へのお使いで毎日が終わる日々。
真面目そうな風貌からなかなか社内の男性から声をかけられる事もなく、合コンに出ても最初のうちは話しかけてくる男性陣も、数時間後には近くから遠ざかってしまって居た堪れなくなり「退席」という展開が数回。
これが災いしてか、最近では合コンにも声をかけらず、社内でも「筆頭お局様候補」の陰口すら囁かれる始末。
連休中も家から出る事なく、本を読んだり、音楽を聴いたりして過ごしているような寂しい日々です。
好きな男性もいるのですが、妻子持ち。
輸送部のSさんを思うとHな気分になり、1人妄想しては興奮するような腐女子です。
そんな大学時代からの数少ない腐女子友達たち数人と飲んだ帰りの終電車内での事。
乗り込んだ車両には私とほろ酔いしているような50歳代のオヤジ1人の2人だけの貸切状態。
全然好みでもないので、離れた席に腰かけると私は飲みなれない酒のせいか、グルグルと目も回りだし、深い穴に落ちるような不快な感覚に苛まれました。
最初はスカートのすそなども乱れぬよう身を正していたのでしたが、いつしか熟睡してしまったようでした。
軽い電車の振動に目が覚め、うっすらと目を開くと目の前のシートには、離れて座っていたはずのほろ酔い50オヤジが、私を凝視するようにこちらを見ていました。
酔いのため状況が理解出来なかったのですが、どうやら私の脚部を見ているような感じです。
薄目のまま、オヤジの視線の先を追いました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年10月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:盗撮・覗きの体験談

【マニアック】うつになった妻を連れた先の湯治場で知り合った男性達と【実話告白】

山形県/××さん(30代)からの投稿
—-
保険関係の仕事をしていた妻が、1年前に主任に出世して変わりました。
上司は営業成績の低迷を妻に押し付け、口答えすればパワハラ。
その内にセクハラも受ける様になり、やがて出来る筈も無い数字を求められ、妻も嫌々部下達に成績向上を求めた所、部下達(仲間)に嫌われていった様でした。
そんな生活に妻の体は悲鳴を上げ、遂には軽い鬱症状になってしまったんです。
病院で診察すると、環境を変える事を勧められ、妻は退職をする事になったんです。
これで明るい姿が見られると思っていましたが、妻は家に引きこもる様になり、夫婦の会話も少なくなっていったんです。
そんな時、実家の両親から
「2人で湯治にでも行ってゆっくりして来たら」
と言われました。
会社の社長(古くからの知り合い)に相談すると。
「そうだったのか?奥さんとゆっくりするといいよ」
「すいません!」
「ちょっと遠いけど、安くて良い所知ってるから・・・」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【盗撮・覗き】ノーパンだった母のスカート内を手鏡で覗いてた中年男【実話告白】

もう40年前の話です。
母が32歳の時で、私は5歳です。
まだ犯罪とか知らない歳でした。
母は普段生け花の先生をしていまして、着物を着ていました。
ですので下着はつけていませんでした。
いわゆるノーパンノーブラでした。
ある日、デパートでバーゲンセールがあり、母と私はバスに乗り、デパートに行きました。
出かける時は少し短めのスカートを穿いて出かけます。
バーゲンセール会場に行くと、安いものを買おうと必死で探しており、私は後ろの方で待っていました。
すると、中年の男の人が母の後ろで足を動かして何かをしていました。
何をしているのか見に行くと、母の足と足の間に靴の先に手鏡がついた物でスカートの中の覗いていたのです。
手鏡に写ったのは、下の方のお尻の割れ目やおまんこの毛が微かに写っていました。
母は、ノーパンで出かけていたのです。
中年の男は、ニヤリと笑いながら、一生懸命に足を動かして、母のスカートの中を覗いていたのです。
私は、その時は中年男が何でこんな事しているのか分かりませんでした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年6月18日 | 実話告白体験談カテゴリー:盗撮・覗きの体験談

【フェラチオ】タイ人のママさんにエッチなマッサージ【実話告白】

亀叔父さん(50代)からの投稿
—-
1年前に店を閉じたスナックでの話です。
僕のアパートへの帰り道にそのスナックはありました。
順子という名前の、40歳に近い年のタイ人のママさんがやっていたのです。
顔の感じは女優の沢たまきさんに似ていて、胸は貧乳ですが、お尻は僕好みのツンと上がったムッチリとしたお尻をしていました。
自分でもお尻がチャームポイントと知ってるのか、いつもピッチりとしたタイトスカートかバンタロン風のズボンを穿いてました。
飲むお金は結構高く、万札を持ってないと行けませんでした。
だから飲みに行くのは月に1回ぐらいのペースでした。
そんなある雨の降る夜。
パチンコを閉店まで粘って少し勝たせてもらった日、さて帰るかなと思ってブラブラ歩いていると、何やら店の前で2人の男女が揉み合っています。
よく見ると、順子ママと僕より太った中年男性ではありませんか。
僕はすぐさま間に入って話を聞くと、中年男性が散々飲んだり食べたり歌ったりして、お勘定になるとお金がないと言い出したようで、その上開き直って謝りもしない。
流石にママさんも切れてしまったとの事です。
僕はすぐ警察に電話し、事情を話して連れて行って貰いました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年4月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】妻を連れた社員旅行で先輩達に淫らな写真を撮られていた【実話告白】

北海道/名無しさん(30代)からの投稿
—-
今年も会社主催の社員旅行が行われる事になり、幹事から
「今年は参加人数が少ないので、家族も参加OKです」
とメールが来た。
社員数30人足らずの中小企業。
高年齢の多い職場で、20代・30代の若者の参加率は低い現状だった。
今年の幹事は私の上司だったので、不参加とは言えなかったんです。
結局、幹事である上司(畑中)が、私の所に来て
「お前、奥さん居るんだろ?参加するよな」
って事で、妻も参加する羽目になったんです。
私40歳、妻38歳子供11歳・15歳、結婚17年を迎える夫婦。
この事を妻に話すと、
「良いわよ別に・・・」
ってあっさりOK。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年4月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談
1 / 3123

このページの先頭へ