【おっぱい】親友だと思ってた女友達と一夜限りでエッチすることになった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
高校1年の頃のクラスメイトです。
名前は杏菜(仮名)って事にしときます。
杏菜はノリも良くて話しやすいんですけど、俺は最初の頃は少し敬遠気味に付き合ってたんです。
「あー痛ぇなぁこいつ」
とか思ってました。
痛い、ってのはなんていうかな・・・ストレート過ぎる部分があるんですよね。
真面目な事とか歯が浮くような事とかをタイミング考えずに平気で言っちゃうようなとこがある子。
で、空気読んでんのか?みたいな。いますよね、そういう奴って。
男もそうなんだけど、やっぱ空気上手く読む子とか、相手の出方を上手く考えられる奴が強いっていうか、上手くグループに溶け込んだりするわけじゃないですか。
そういった意味では杏菜はそういうの苦手な子だった。
つい言っちゃう。曲がった事嫌い。
でもそれは凄く素直なだけで、本当に良い子だってのをみんな分かってたから、嫌うとかそういうのは全くなかったです。
俺ももちろん友達としては凄く好きでした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年11月18日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】バイト先の女子高生がうちにあるバイブに興味津々になってた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺が大学生だった頃の話。
当時の俺は自宅から4つ隣駅のファーストフード店でバイトをしていたのだが、たまたまそこに同じ地元の高校生の女(S)がいた。
Sは俺の3つ下の当時高校2年で、モー娘の紺野が痩せてちょいお姉にさせた感じの感じの可愛い女だった。
ノリも非常によく、バイト先での飲み会とかカラオケに行くと率先して飲んだり(しかし酒は弱かった)、アユの物真似して歌を歌ったりしてバイト連中にも人気が高かった。
俺は地元が一緒(幼稚園と小学校も一緒だった)だったのでバイト帰りにバイクで送ってやったり、当時付き合っていた彼氏の悩みを聞いてやったりしていい兄貴分を演じていた。
俺は実家から歩いて2~3分の所にある親のマンションに独り暮らしをしていて、バイト先の連中とかを連れこんで遊んだりしていたのでSも何度か俺の家に来た事があった。
Sは本当に俺には色々相談してきた。
ほとんど彼氏の相談なのだが、たまにエロい内容の相談もあった。
俺は「オープンなお笑い系エロ野郎」キャラなので、下ネタも女性の前だろうが平気でバンバン言うタイプ。
だからSも俺には普通に彼氏とのエロ話をしていた。
Sの男性経験は今の彼氏ともう1人だけ、合コンで酔った勢いでやってしまった男らしい。
彼氏もいたって普通のHをする男で、体はまだまだ未開発といった所みたいだ。
そんなある日、Sからメールが来た。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】【お勧め】ぽっちゃり系で地味な彼女の友達に一目惚れ【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
自分は、ぽっちゃりした女の子が好きなんです。
そういう子に出会う機会が無くて、今までの彼女もほとんどが細いタイプ。
ぽっちゃりと言っても、腹が出てダルマ体型なのは僕の中ではデブでNG。
自分の中のぽっちゃりというのは、全体的にムチムチしてはいても女性としての体のラインは崩れてないタイプ。
マミに出会ったのは彼女の友達としてでした。
当時の彼女の中学時代からの友達らしく、凄い大人しくて人見知り。
彼氏も出来たことも無く、彼女の話だとまだ処女らしい。
美形の彼女に比べると地味でファッションセンスも全然いけてないけど、ジーパンをムチムチに押し上げてる尻から太もものラインと、彼女では考えられないすごい揉みごたえのありそうなデカイおっぱい。
丸くて可愛い顔に腫れぼったい唇。
「はじめまして」
と何食わぬ顔で挨拶しつつ、既にチンコビンビンでした。
自分は大学生なんですが、彼女もマミちゃんも高校生で、色々聞いてみると本当に彼氏とか居ないらしい。
キスも無いというから当然Hの経験も無いのは明白。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】【おっぱい】婚約目前の彼氏がいる子を寝取った話【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
去年の夏の話です。
僕は23歳。相手の子は22歳でした。
見た目は童顔で、リスのような可愛い顔つきとは裏腹におっぱいはEカップの巨乳。
笑った時に目が漫画のように細くなるのがとても可愛らしくて、以前から僕は彼女に好意をもっていました。
でも、彼女には高校時代から付き合っている彼氏がいました。もう付き合い始めて当時で6年だったそうです。
たまに僕は彼女の恋愛面の事で相談相手となっていました。
ある日、彼女から彼氏の事で相談があるということで、僕も仕事が休みだった事もあり、夜に2人で会い、居酒屋で食事をしながら話を聞くことにしました。
話の内容は、彼氏が最近仕事が忙しくて連絡をとれないという感じでした。
そんな事か・・・と思っている反面、建前では
「忙しいだけだよ!」
なんて言いながら、僕は嫉妬で複雑な心境でした。
話しているうちに彼女の方も元気が出てきたようで、そのあとは普通に世間話をしながら食事をしました。
お酒が入っている彼女はほんのりと頬がピンク色に染まっていて、色白な肌とマッチしていて本当に可愛くかったです。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】知り合いの女の子から恋愛相談のようなものを受けた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
数年前の話ですが、友人との飲み会の際に知り合いになったM子(19歳、○鍋か○り似)から
「相談がある」
という事で、当時溜まり場だったウチに呼び、何の相談かを聞いたところ、
「今まで恋愛をした事がなく、ふと今後もずっとこのまま恋愛する機会に恵まれない事が不安」
との事。(ずっと女子校育ちだった)
そして、「当然処女であるので、そのせいもあってか男性を寄せ付けないような雰囲気があるのではないかと思い、どうすればいいか」
という内容だった。(友達同士では処女という事を隠して周囲に合わせていたらしい)
俺「内容は分かったけど、何で俺なの?」
M子「何度か会ってるうちに信用出来る人だと思って。あと・・・俺君みたいな人がタイプだから、俺君のような人に好感を持たれるにはどうすればいいかな?って思ったら、俺君に聞いた方が早いかなと思って」
俺「そうなんだ(ん?これは俺が好きってのと同じ?)」
ここでちょっとある事が頭に浮かんだ。
俺がタイプなら俺とM子が付き合って(当時はちょうどフリーだった)、男性経験のないM子を俺好みに育成出来るのでは・・・?
俺「そのままでいいよ」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】教育実習先で男女ともに人気のあったボーイッシュの女の子【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
もう10年も前の話。
当時の俺の状況を説明します。
俺:一浪後に大学に入学した、大学4年生の教育実習生。あるスポーツでインカレ入賞成績あり。
東北地方のある県の母校で教育実習を行う。
実際に教育実習に行った事のある人なら分かると思いますが、教育実習生はモテます。
でも大学では
「絶対に女子生徒には手を出さないように。君たちがモテるのは一時の気の迷いからなんだから」
と教育されます。
俺ももちろん電話番号を何人かの女子生徒にしつこく聞かれていましたがきっぱり断っていました。(当時は携帯を持ってなかったのでアパート備え付けの電話)
俺は、当時人気のお笑い芸人に似ているという事で、生徒の間ではその芸人の名前で呼ばれていた。
ここでは仮にヒロシとします。
俺も嫌な気もしなかったし、中学生相手に怒るのも・・・というのもあって、好きなように呼ばせてました。
短い教育実習の期間の中でも生徒の悩み、とりわけ恋愛についてはよく相談を受けました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】同僚の結婚式で、以前教育していた後輩と再会した【実話告白】

名無しさん(30代)からの投稿
—-
会社の後輩がセックスフレンド状態になっています。
後輩となる夕子(仮名)が入社してきて、入社3年目ぐらいの俺が教育係となった。
夕子は普段からサバサバしていて、勝気が強く、仕事終わりに俺達(同僚)と飲みに行ったり、サッカー・テニスなどアクティブで、化粧も薄化粧。
髪の毛も後ろで束ね、日焼けなど気にしないのか肌も健康的な褐色で、下ネタを言って笑っている娘だった。
俺にとっての夕子は「女」ではなく、「可愛い後輩」だった。
何年かして、俺は異動で別の勤務地となり、夕子とは全然会えなくなった。
異動から1年ぐらいして、同僚の結婚式に招待され、夕子と再会。
夕子はオレンジ色のパーティードレスを着ており、胸元が開き、膝上のスカートで、綺麗な足が伸びて、ヒールを履いていた。
夕子は背が低く華奢な体格だったが、思っていたよりも胸が大きく、谷間が見えており、俺は直視できずにいた。
披露宴後に、夕子から仕事の相談があるという事で、飲みに誘われた。
相談内容は
『取引先の人と不倫状態にあるので、どうしたらよいか?』
というものだった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年4月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】バイト先の可愛い子が相談という名のノロケを言ってきた【実話告白】

俺20歳、女の子18歳。
一度だけバイト先のバックで軽くキスありの女の子。
お互い恋人あり。
ある日、その子に相談された。
相談と言っても、彼氏に対しての惚気混じりの愚痴。
わざわざ彼女持ちの男に相談しに来るほどのものじゃない。
相談の中身は、
『彼氏が言葉で意思表示してくれない』
というくだらないもの。
凄く優しいらしく大満足の彼氏らしいが、恥ずかしがり屋なのか、好きだとか愛してるだとか言ってくれないんだと。
で、とうしたらいい?だってさ。
「その彼とはエッチしたの?」
「え?!……あ、はい……」
消え入りそうな声で俯く愛。
こっちがちょっと際どい事言うと、真っ赤になって照れ隠しなのか、ニコって笑うんだよね。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年4月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】元カレの事を学校の先生に相談してたら【実話告白】

いつも相談に乗ってもらってる地学の先生がいた。
若い男の先生で、男女関係なく生徒からも人気があった。
地学室の隣に地学準備室があり、放課後なんかはそこでいつも寛いでた。
普段なら友達も一緒で、お菓子を食べたりしながらお喋りを楽しんでいたけど、その日はたまたま、私と先生の2人きりだった。
私は当時、彼氏と別れたばかりだったが、未練が残っているらしい彼氏に困っていた。
その事で、U先生にはかなりプライベートなところまで相談していた。
その日も、ホームルームが終わった後元彼に言い寄られ、イライラしながら地学準備室に駆け込んだ。
「先生!またT(元彼)に話があるとか言われたよぉ。正直もう嫌なんだけど!」
「Tもしつこいなぁ・・・。2人、そんなに長くなかっただろ?」
私達は付き合って3ヶ月もしないうちに別れた。
でも、その間にHは何度もしてた。
「私じゃなくて、体に未練があるんじゃないかな?」
苦笑しながら言うと、
「そういう奴って・・・本当に別れて正解だよ」
と、U先生は真剣な顔をして言った。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2013年12月30日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【寝取られ】北川景子似の兄嫁と不倫してた話【実話告白】

名無しさん(20代)からの投稿
—-
これは兄嫁の話です。
自分が大学を卒業後、仕事に就き始めた頃、自分の兄が結婚しました。
自分のたった1人の兄弟だったので、まるで自分の事かのように喜んでいました。
兄の結婚相手は凄く綺麗な人で、北川景子さんにかなり似ている人でした。
あんないい結婚相手見つけて、羨ましいな~なんて思っていました。
4年後、そんな自分も結婚しました。
結婚相手は幼稚園の時の幼馴染みで、小中高は違っていたのに何故か大学が一緒になって(これは!?運命なのか!!)と思い、付き合い始めた末に結婚しました。
彼女は少し天然なところがあって、そこに惹かれました。
自分の母と兄嫁さん(仮名:景子)と嫁さん(仮名:梓)も、皆本当の家族のように仲良くやってくれていたので、とても幸せでした。
ある日、景子さんと兄(仮名:康一)について話していました。
自分「そういや、何で兄貴と結婚したんですか?」
景子「んー…康一さんが凄く積極的にアプローチしてくれてるうちに、私も好きになってたみたい」
自分「え?兄貴がですか?全然イメージつかないんですけど、」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2013年10月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ