【マニアック】職場の後輩に紹介してもらった子の持つギャップにやられた【実話告白】

勤務先の女の子(後輩)に紹介してもらった子(ミナ)との話です。
ミナは22歳という年の割にはやたらロリ系の顔(ゆうこりんに近い感じ)をしていて、格好こそCanCam風でしたが、スカートはいつもツルツルで光沢があり、ヒラヒラしてる感じのを着てる子でした。
そして、ずっと中高・短大とお嬢系の女子校育ちで、今まで付き合った人が1人だけのせいか、全然男慣れしてない感じ。
僕はその清楚な感じが好きでした。
知り合って間もなくして2人で遊ぶようになり、デートを何回かしました。
ミナはいつも敬語で話してきて、僕が
「普通でいいよ」
と言っても、
「こっちの方が自然なんですよ」
と返される始末。
今頃の22歳にはあまりいない誠実そうな子だと思って惹かれてました。
知り合ってから2ヶ月が経った頃、
「○○さんの家でハンバーグ作ってあげますよ!」
と言われ、1人暮らしで普段まともなものを食べてない僕は、即オッケーを出しました。
この事を親しい友達に話した所、

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年12月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

このページの先頭へ