【学校】部室に置いてあった好きな子のパンツでオナニーした【実話告白】

神奈川県/しんじさん(30代)からの投稿
—-
高校時代の話。
俺は某文化系の部活に入っていたのだが、この部活は女子率が高い。
だからと言ってそれほど甘酸っぱい思いはなかったのだが、女子の中でうまく立ち回るスキルは身に付いたのかもしれない。
部室がある部活は、体育があると大体部室で着替える。
俺はちょっと気になっていた子と同じクラスだったので、体育の授業も同じ時間。
お互い部室で着替えるとなるとちょっと抵抗がありそうだが、それまで上手く信頼を得ていたので、通常の体育ならお互い部屋にいたままでも着替える。
俺は机で下半身を隠す程度でズボンを脱いで着替えることが出来たし、女子も上手くブラウスを着たまま体操着を着たりして、雑談しながらテキパキやっていた。
それでもブラジャーのホックまでブラウスがめくれることや、スカートをはいたままブルマーを脱ぐときにパンツがちらっと見えたりして、悶々としていたものだ。
通常の体育ならそれでよかったが、問題なのが水泳。
さすがに追い出されるかと思ったが、一緒は無理でも交互に着替えることでお互い部室を使うことにした。
更衣室は狭いし、それよりは部室で着替えたいというのがある程度妥協を生んだのかもしれない。
そんなある日、男子のプールの授業が早めに終わり、俺は部室に行って先に着替えることになった。
俺が気になっていたサトミが当番で後片付けをするのは知っていたので、授業が早く終わったのはラッキーだった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年12月11日 | 実話告白体験談カテゴリー:学校での体験談

このページの先頭へ