【マニアック】ネカフェにいた神待ち少女【実話告白】

この前掲示板使って、すげー間抜けな女の子と会ってきた。
その女の子はネカフェ難民、いわゆる神待ち少女で、俺が使っている掲示板にたまたま現れた。
最初は本当かどうか半信半疑でメールを送った。
返事が返ってきて、それから何度もやり取りをしたが実際に会ってみない限りはなにも信用性がなかった。
その時掲示板にその少女が書き込んでいた内容はこうだ。
「ネカフェで泊まってたけど、ネカフェを出るお金を持ってないので助けて」
お前ならどうする?
信じるか?
本当かも分からないし、いくらの請求かも教えてくれなかった。
でも俺は行ったよ。
指定されたネカフェへ行って、ネカフェに着いたら連絡してと言われてた。
色んな意味で怖いから、ネカフェの近くについた時n連絡した。
そししたら部屋番号言われたから、勇気を出して入ったよ。
「ネカフェって友達が部屋にいるから入らせて」
って通じるんだなww

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2013年9月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

このページの先頭へ