【おっぱい】職場で俺を馬鹿にしてくる男の彼女を寝取ってやった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺をバカにした男の彼女を焦らして虐めてたエッチな体験談。
職場で俺の事をバカにしてるクソ野郎の彼女を毎日の様に犯してる。
昨日ついに中出しして、今も興奮が冷めないから彼女との初エッチについて投下。
俺は26歳の178cm90kgとちょっとデブで、同期の黒縁メガネに小馬鹿にされている。
仕事自体は俺の方が出来るし給与も若干だが高いのだが、黒縁はイケメンというわけではないが立ち居振る舞いがスマートで、同期の連中や女性社員からは圧倒的に人気がある。(もてている、というわけではないけど)
黒縁は同期会に俺を呼ばなかったり、人前で聞こえよがしに罵倒してきたり、俺の営業成果を横取りしようとしたりと、とにかく俺の事を嫌っている。
そんな男がベタ惚れしている女を犯しまくるのは本当に溜飲が下がる。
女の名前を仮に由里にしよう。21歳、平成生まれの女子大4年生だ。
コネでほぼ就職が決まっていて、最近は毎日のように俺の家にくる。
161cm、細身・色白のDカップで、読モ系の整った顔立ちでお嬢様育ち。
黒縁がベタ惚れしてる女ときては興奮しないわけがない。
知り合ったのは、某SNSのスカイプ関係のコミュニティだった。
俺はブサイクな半分おっさんだが有名声優にそっくりらしく、声だけはよく褒められる。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】職場で知り合った箱入りのお嬢様のヌードを覗きみた話【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
以前、ウチの会社に派遣で来ていた時に知り合った娘だけど、もう契約は終了して今は自宅で家事手伝いをしている。
顔は純名理沙に似ている。26歳だが、まさに箱入りお嬢様って感じ。
たまに飲みに行ったり映画に行ったりする程度の関係は保っているが、こっちは既婚でコブ付。
年齢も10歳以上離れているので、それ以上の関係は望めない。
でも一応信頼されているので、相談に乗ってやったりしていた。
今年の春、家族で某旅館に宿泊した時の事。
男湯の内湯から、外にある露天風呂に行ってみた。
最初は気付かなかったが、女湯との仕切りの岩と板塀の間に僅かな隙間があるのを発見。
そこから女湯側を覗いてみると、湯船はほとんど見えないが、内湯から露天の出入り口と通路が見えるのを発見!
これは使える!と思った俺は、ロビーに張ってあったポスターの日帰り入浴休憩コースのチラシをフロントで入手した。
それによると、数千円で昼食と日帰り入浴が可能だという。
家族旅行から帰ってから、慎重に計画を練る。
彼女は俺を信頼してくれてはいるが、不倫関係など一切望んでいない事は明白だ。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年11月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】夕食会で知り合った副社長令嬢の娘がグラマーで爆乳だった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私の20年ほど前の経験。
相手は日本で指折りの食品会社の副社長の娘でした。
かなり短期で終わってしまったんだが、いつも「です」「ます」で喋る、まさに育ちの良いお金持ちのお嬢さんだった。
彼女とは、俺の友人の夕食会で知り合った。
俺は彼女とは面識がなかったが、俺の友達が彼女をよく知っており、それで話をする事が出来た。
何でも彼女の親父さんが退職し、リゾート地に引っ越すとかで、彼女はまだ両親と一緒に暮らしていたので、一緒に行くのか1人で残るのかの選択を迫られていた。
彼女は身長約165cm、サイズは上から85・60・90ぐらいで、物凄いグラマーだった。
その上、目の遣りどころがないほどの爆乳。
恐らくEからFカップぐらいだろうか。
やはり裕福な家に生まれると食生活が恵まれているのか、とても発育がいいようだ。
その日の彼女は夏の初めだった事もあり、薄水色にプリントの柄が涼しげなワンピースを着ており、身体の線はそれほど強調されてはいなかった。
しかし、ちょっと気をつけてみれば彼女の肢体がいかに成熟しているかは隠せるはずもなかった。
特に胸の辺りは、ワンピースがパッツンパッツンに張っているのが見て取れた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年9月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】グラマラスで爆乳だった某食品会社の副社長令嬢【実話告白】

私の20年ほど前の経験。
相手は日本で指折りの食品会社の副社長の娘でした。
かなり短期で終わってしまったんだが、いつも「です」「ます」で喋る、まさに育ちの良いお金持ちのお嬢さんだった。
彼女とは、俺の友人の夕食会で知り合った。
俺は彼女とは面識がなかったが、俺の友達が彼女を良く知っており、それで話をする事が出来た。
何でも、彼女の親父さんが退職してリゾート地に引っ越すとかで、彼女はまだ両親と一緒に暮らしていたので、一緒に行くのか1人で残るのかの選択を迫られていた。
彼女は身長約165cm、サイズは上から、85、60、90ぐらいで物凄くグラマーだった。
その上、目の遣りどころがないほどの爆乳。
恐らくEからFカップぐらいだろうか。
やはり裕福な家に生まれると食生活が恵まれているのか、とても発育がいいようだ。
その日の彼女は夏の初めだった事もあり、薄水色にプリントの柄が涼しげなワンピースを着ており、身体の線はそれほど強調されてはいなかった。
しかし、ちょっと気をつけてみれば、彼女の肢体がいかに成熟しているかは隠せるはずもなかった。
特に胸の辺りはワンピースがパッツンパッツンに張っているのが見て取れた。
彼女が姿勢を変えたり笑ったりする度に、その部分が悩ましく振動するのがよく見えた。
俺は彼女に礼儀正しく挨拶をし、彼女がこの先どうするかを悩んでいる、という話を聞いてやった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2013年12月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ