【フェラチオ】【お勧め】ボクが家庭教師を務めることになった女子高生と初対面したら、いかにもな不良少女だった【実話告白】

センセさんからの投稿
—-
ボクが美雪と出会ったのは大学3年の夏だった。
当時彼女は受験を控えた高校生で、家庭教師の派遣元からの紹介でボクが家庭教師を務めることになった。
夏休みを控えたある日、ボクが美雪の家へ出向いた。
高級住宅街の中でもひと際目立った大邸宅がボクの探している家だと気がついた時、愕然とした。
“どんなわがままなお嬢様がボクを待っているのだろう・・・”
来年大学受験を控えた夏になってようやく家庭教師をつけるなんて、よほど頭が悪いか勉強嫌いかに決まっている。
そんなに勉強が嫌いなら進学なんかさせなければいいのに、お金持ちと言うのはとにかく見栄を張りたがるものらしい。
ベルを鳴らすとすぐに母親が出てきて、ボクを出迎えてくれた。
「先生、お待ちしておりました」
「初めまして」
ボクは優等生らしさを強調しようと少しオーバーに頭を下げて見せた。
どこに座ったら良いのか躊躇うほど高級そうな皮張りのソファーとかが置いてあるリビングに通され、促されてようやく座ると直ぐに教え子となる女の子が二階から降りてきた。
細身でストレートな長い髪にアーモンドアイという基本エレメントは良かったが、いかにもファンキーそうで、だらしない態度をした女子高生が登場した。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】塾で知り合った1つ上の先輩は、とても綺麗な人だった【実話告白】

田中さん(10代)からの投稿
—-
まだ中学生で田舎に住んでいた頃、ボクは街の小さな塾に通っていた。
その塾は学年に関係なく大広間で学力別のプリントをもらい、自分で問題を解いて先生に採点をしてもらって、合格ラインに達すると勝手に帰っていくという奇妙なシステムだった。
先生は授業をして教えてくれるわけではなく、学校で習っていないことだったりすると生徒同士で教え合うということになっていたので、騒ぎさえしなければ私語も許されていた。
奇妙なシステムだったが、何故かそれなりの学力はつくので、ボクは小学生の頃からそこに通わされていた。
友達にその話をしたら変な塾だと思われたようで、知り合いはほとんどおらず、周りには小学生のガキんちょばっかりで、塾に着くと黙々と問題を解いて、いかに早く帰っていくかというのがボクの週に2日の日課だった。
中2の夏休みが終わった頃、珍しくボクと同じ中学校の制服を着た女子生徒2人がその塾に通い始めた。
そのうちの1人が凄く綺麗な女の子で、その子が初めて大広間に入ってきた時には、思わず二度見してしまったほどだった。
先生と何を話しているのかが気になって、ボクの顔は別の方向を向いているのに全神経が耳に集中していた。
漏れ聞こえて来る声に神経を尖らせて聞いていると、どうやら3年生のようだった。
綺麗な方の子の名前がナツミと聞こえた。
もう一人も続いて名乗っていたが、どうでも良かった。
二人は同じクラスの友達で、高校受験を前に塾に駆け込んできたという何とも呑気な感じの二人だった。
それからは俄然、塾に通うのが楽しくなった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月20日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】隣に住んでる女子高生にマッサージをしたら異常に濡れた【実話告白】

隣のお兄さん(20代)からの投稿
—-
もう何年も前の話だが、ボクのかけがえのない思い出を記しておきたい。
あの日、大学からマンションに戻ると、隣に住んでいる女子高校生が制服姿のままボストンバックを傍らにおいて扉の前で蹲っていた。
「志保ちゃん、どうしたの?」
と訊いてみると、
「朝、鍵を持って出るのを忘れちゃって・・・」
と恥ずかしそうに答えた。
「お母さんが帰ってくるまで、ウチで待つ?」
そう言うと、
「いいんですか?」
と言いながらも、志保はホッとした表情をして見せた。
「どうぞ」
鍵を開けてウチに入るように促すと、志保はボストンバッグを手にして遠慮がちに玄関口に立った。
「お邪魔しまぁす」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【初体験】あまりに可愛い店員さんに一目惚れして毎日通った【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺の嫁さんは元ヤンキー高校に入学してすぐ辞めちゃってからフリーターしてた。
そのバイト先の客だった俺は、初めて見かけた時にあまりにも可愛い顔立ちにイチコロで惚れちゃった。
次の日から毎日通って、さりげなく話し掛けたりして1週間後に普通に誘った。
で、貰った答えがなんとオーケー!
あの日は天にも昇る気持ちだったなぁ・・・。
当時は俺30手前で嫁さんは16歳だったんだけど、聞くまで真面目に20歳位だと思ってた。
彼女が休みの火曜の夜に、何故だか区役所の前で待ち合わせ来てくれるか不安だったけど待ち合わせより早く来てくれてた。
その時の格好は、まぁそこいらにいるヤンキー丸出しな格好だったけど、ルックスがとにかく可愛いので待っててくれた彼女を見た瞬間心臓バクバク。
目眩がして倒れそうだったな。
車から降りて彼女に挨拶、瞬間
「まさか騙されてないか?」
なんてよぎったりもしたけど、返ってきた綺麗な声の返事が
「こんばんは~!」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:初体験談

【おっぱい】小学生の頃に専門学校生の叔母と一緒にお風呂に入った【実話告白】

東京都/達也さん(20代)からの投稿
—-
マキ姉ちゃんはボクの母親の年の離れた妹、即ち叔母で、ボクとは8歳しか年が違わないことから、小さい頃はいつも面倒を見てもらっていた。
母は若くしてシングルマザーになってしまったので、ボクたち親子は祖父母やマキ姉ちゃんとずっと同居していた。
小学生の頃、当時高校生でその後専門学校生になったマキ姉ちゃんがボクの面倒を見てくれていた。
ボクは優しいマキ姉ちゃんが大好きで、いつもついて回っていたのだけど、そんなボクに嫌がる素振りも見せずにマキ姉ちゃんはいつも相手をしてくれていた。
そして、もうすぐ中学生になろうかという頃、ボクはマキ姉ちゃんのことを思うと股間が硬くなって痛くなることに気が付いた。
どうしてそうなるのか当時は分からなかったけど、まだ子供のボクはマキ姉ちゃんの布団に潜り込んだりしては、マキ姉ちゃんに抱き付いたり、マキ姉ちゃんの身体に股間を擦り付けたりしていた。
無邪気なふりをしておっぱいにも触らせてもらっていた。
またある時は、マキ姉ちゃんが学校から帰ってくる前に、そっと部屋に忍び込んで下着を見たり触ったりして楽しんでいた。
マキ姉ちゃんは下着を小さく折りたたんで綺麗に引き出しの中に並べていた。
ボクはその1つをそっと取り出しては匂いを嗅いでみたり、時にはズキズキする股間に巻きつけてみたりしていた。
ガーゼのように柔らかい手触りの布地で、マキ姉ちゃんの下着はボクのまだ幼い性器を柔らかく包み込んだ。
でも、まだ勃起のこととかよく分かっていなくて、本能的にそうすることが心地よいだけで、それが悪いことだとは思わなかったし、性に対する十分な知識もなかった。
そんな毎日が続いていたある晩、マキ姉ちゃんと家で2人きりになったボクは、一緒にお風呂に入りたいとマキ姉ちゃんにせがんだ。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月31日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】大学で声を掛けてきた先輩は昔よく面倒を見てくれていたお姉さんだった【実話告白】

ハルさん(20代)からの投稿
—-
ボクが大学に入学したとき、白いブラウスにタイトなジーンズを穿いて、腰まである長い黒髪を靡かせて、颯爽とキャンパスを歩く先輩がいた。
小さめのヴィトンのバッグを肩から提げて、バインダーで纏めたテキストを持って歩く姿は、どんなドラマの中の主人公よりも格好良かった。
「ちょっと、キミ」
ある日、校門を潜ったところでそのお姉さんに呼び止められると、ボクは思わず後ろを振り返った。
後ろには誰もいない。
ボクはお姉さんの方に改めて視線を戻し、少し首を傾げながら自分を指差すと、
「そう、そこのキミ」
と言ってお姉さんは頷いた。
「ボクですか?」
「ボク以外に誰もいないことは、今振り返ってみて確かめたんじゃないの?」
強烈な言葉のカウンターパンチを浴びた。
ボクがバツの悪そうな顔をするとお姉さんは、
「新入生でしょ?」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【大学生】【男前】気になってた後輩が自分の親友とデートしてるところを目撃した【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
大学3年次のサークルの夏合宿の話。
俺は1学年下の沙希が入部当初から気になっていた。
沙希のサバサバした性格と、物怖じしない態度がサークル内でも評価が別れる事があったが、俺はそんな快活な性格の沙希に惹かれていった。
ある飲み会の席で恋愛観の話になった。
「こんな性格だから長く続かないんですよねー。すぐに愛想尽かされちゃう(
´Д`)=3」
沙希は溜め息をつきながら言った。
「よっぽど相手が大人じゃないと続かないよなw大人でも無理かw」
「カズ先輩(俺の事ね)酷くないですかーその言い方ー」
だんだんと俺達は腹を割って話せる先輩後輩の関係になっていったと思う。
だが、俺の一方通行な恋心も2年次の冬休みに終わりを迎える。
同期のコウヘイと沙希が腕を組みながら歩いているのを目撃してしまったからだ。
コウヘイはイケメンで面倒見もよく、サークル内での信頼も厚い。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年5月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:大学生との体験談

【フェラチオ】昔から好きだった従妹が遊びに来た時に夜這いした【実話告白】

タカシさん(20代)からの投稿
—-
ルミは、お袋の姉の娘、即ち、僕の従妹だ。
普段は都会に住んでいるが、毎年のようにお盆の頃になると、一家で帰省してきていた。
小さい頃から伯母が僕の事をタカシくんと呼んでいたので、3つ年下のルミも自然とそう呼ぶようになっていた。
でも、僕はそれが嫌ではなかった。
「ルミ、今日は釣りに行こうか」
僕達は細い竹1本でできた釣竿を持って、近くの渓流に行くとよくイワナを釣って遊んだ。
魚釣りは楽しかったけど、本当に楽しかったのは釣りではなくて、ルミと2人きりで、いつまでも話が出来る事だった。
しかし、ルミが中学生になった頃から釣りに出かける事は少なくなって、ちょっと寂しく思っていた。
徐々に僕と2人きりで話す事は少なくなり、やがてルミ一家の帰省は何年か足が遠のいた。
しかしルミが高校1年の夏、ルミは1人でやってきた。
伯父夫婦は海外に赴任していて、ルミ1人が全寮制の女子高に通っているからだという。
僕もその年には地方の大学に入り、夏休みで帰省していた。
僅か2、3年のうちに、ルミは大人っぽくなっていた。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【高校生】【青春】気付けばいつもそばにいた幼馴染【実話告白】

幼馴染と俺は物心ついた時からずっと一緒にいて、幼稚園から小学校と中学校まで同じ学校。
高校からは別々だったけど、近場の学校に通ってたんだよ。
幼馴染は有村架純ちゃんに似てるから架純って書くわ。
架純は小さい頃から内気でよくいじめられてたんだよ。
それを俺がいつも庇ってやってたんだけど、架純はそれがずっと嫌だったらしい。
小学校の時も中学校の時も、時間さえあれば架純の席に行って2人で話したりしてた。
家も隣って事もあって登下校もずっと一緒だった。
小学生なんてまだまだガキだからからかわれたりしたけど、俺は全然構わなかった。
架純はいつも恥ずかしそうにしてたけど、俺がいつも手を引っ張って家まで連れて帰ってた。
中学でもからかわれたりしたけど、俺も架純と距離を置こうとか考えた事もなかった。
そんな中学校の時、突然同じクラスの女子に告白されたんだ。
その子とは話した事なかったけど、当時俺はバスケットで県で選抜に選ばれるくらいには活躍してたし、その子も隣でいつも練習してる女バスの子だったからずっと見てたって言われた。
それで、
「とりあえず考えさせて」
とだけ伝え、いつも通りに架純と一緒に帰った。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【おっぱい】小6の時にやってきた転校生に交換日記をお願いされた【実話告白】

あれは小学校6年生の頃。
俺達のクラスは、小学生ながらにして彼女だ彼氏だとか凄い今時(?)の奴らだった。
彼氏彼女と言っても、放課後2人で話したり交換日記したりと、まぁ小学生らしい付き合い方をしてた訳だ。
で、小6の1学期くらいだったかな?
転校生がやってきたんだ。
その子見たら結構可愛くて顔立ちはなかなかよかった。
ちょっと黒かったけど、この時期に転校生?とも思ったけど、あんまり気にせずいつものように外で遊んだりして過ごしてた。
その転校生が来て少し経った時、ある女子が俺に話しかけてきた。
女A「俺くん!ちょっといい?」
俺「なに?」
女A「なんか転校生ちゃんが交換日記したいって言ってるからしてあげなよ!」
俺「え、お、俺が?ま、まぁいいけど」
みたいな感じだったと信じたい。
終始俺はキョドってたと思う。
そんでその日から転校生ちゃんとの交換日記生活が始まった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談
1 / 41234

このページの先頭へ