【出会い系】今までやってきた女の写メうpする 【実話告白】

<>1:名無しさん@ピンキー:2013/07/18(木)10:13:47.86ID:HlBz2sLzx<>

俺が出会い系デビューしたのが4年前。

先月、ついにサイトで出会ってセクロスした女の数が50人を突破した。

条件ありとか割り切りが半分以上だけどな。
50人突破を記念して、今までにヤッた女やGETした女の写メを晒していこうと思う。

<>6:名無しさん@ピンキー:2013/07/18(木)10:25:48.93ID:rSbpnAZ6o<>

4年で50人って多いのか少ねえのかわからん。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2015年12月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【寝取られ】彼女をイカせて下さいと他の男に頼む僕3 【実話告白】

土方さんの言いつけを守れなかった真希は、土方さんの命令で服を着せられた。

土方さんは、真希とのセックスで射精をしていないが、とくに気にすることもなくセックスを中断して、真希に指示を与えた。

真希は、言われるままにもう一つのベッドルームの方に行き、戻ってくると、今まで見たことがないようなセクシーな格好をしていた。

上は黒のブラウスみたいな形の服だが、メッシュでスケスケになっていて、真希の形の良い胸やくびれたウエストが丸見えになってしまっている。

そして下は、股下ゼロセンチくらいの黒のスカートを穿いている。

スカートの中から伸びたガーターベルトが、太ももの途中までの黒の網タイツに繋がっている。

真希は歩きながら、何度もスカートの裾を下に引き下ろそうとする。すぐにずり上がってしまうようだ。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年2月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【不倫・浮気】セックスレスの私に、若い3人の子達が 【実話告白】

目覚まし時計の音に、夢の中から揺り起こされる。35歳になり、目覚まし時計に反応するまでの時間が長くなったのを実感する……。

まだ少しボーッとしているけど、いつものように息子を起こさないように、そっとベッドを出る私。そして、階段を降りて玄関に出て、ポストから朝刊を取り出す。テーブルの上に新聞を置くと、キッチンに入り、朝食の準備を始めた。

いつもと同じように始まり、同じ事を繰り返す……息子も可愛いし、夫も優しく、何一つ不満のない生活。でも、少しずつ自分が終わっていくような気持ちになり、無性に怖くなります。

夫は息子が小学校に入る頃に、別の部屋で寝るようになりました。息子が成長して、ベッドが小さくなったからですが、それをきっかけにセックスレスになりました。よくある話だと思います……。
でも、正直に言って、今さら夫とのセックスは考えられないと思っています。それは、家族に対して性欲が起きないのと同じで、夫はもう恋人ではなく、”家族”になってしまったと言うことなんだと思います……。

そんなことを考えながらも、いつもと同じように朝食をつくり、コーヒーを淹れていると、
「おはよ〜。あぁ、良い匂いだね」
と言いながら、夫がテーブルに座りました。そして私と目が合うと、ニコッと笑った後、新聞を読み始めます。
夫は、今年40歳になりました。5年前に、35歳で独立して弁護士事務所を経営しています。最初の頃こそ大変だったときもあったけど、すぐに順調に軌道に乗り、今では収入も3000万円を超えるまでになりました。
念願の大きな庭のある一戸建て、自分にはポルシェ、私にはジャガーを買い与えてくれた彼。誰もがうらやむ生活なんだと思います。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【友達】公園デビュー【実話告白】

秋の初めだというのに、その公園ではまだ蝉時雨が聞こえた。
「お、おかあさん・・・」
公園に一歩踏み込んだ息子が、不安そうに振り返って母を見た。
「大丈夫よ、きっとすぐにお友達がいっぱい出来るから」
石野由実恵が白い手で息子の手を引っ張り、砂場へ向かう。
この日が5歳になる伸太郎の公園デビューだった。 「みんなこの子と仲良くしてあげてね」
「はーい!」
子供達は思ったよりも簡単に我が子を受け入れてくれた。
さっそくみんなに混じって砂遊びする伸太郎を見守りながら、由実恵はホッとしていた。
夫の急な転勤で、9月中旬という中途半端な時期に、この町に引越ししてきたからだ。 (さあ、まだあと一つ残ってるわよ、しっかりして)
自分で自分に気合いを入れると、パンプスを履いた足を談笑する母親達に向けた。
3人の母親達は皆、29歳の由実恵と同じくらいか、少し年上でいかにもハイソだ。
「あら、あなた・・・」
「はじめまして、昨日新しく越してきた石野由実恵です。よろしくお願いします!」
第一印象を良くしようと深々とお辞儀すると、長い黒髪が前に垂れた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】二番でも良いと言って結婚した嫁と2 【実話告白】

出会ったときから一目惚れで、ずっと好きだった麻衣。でも、僕に振り向いてくれず、逆に彼女の恋の相談相手のような感じになっていた。
それでも諦めずにいた僕に、チャンスが来て付き合うことが出来た。
でも麻衣は、僕と付き合っても、別れた先輩を忘れることが出来ないこと、僕はずっと二番だと言うことを、申し訳なさそうに告げた。
僕は、いつか先輩を忘れさせることが出来ると信じて、そんな条件でも麻衣と付き合い続け、とうとう結婚出来た。
そして結婚して2年経ったある日、偶然街で、麻衣の別れた彼氏である先輩と出会ってしまった。

迷いに迷ったが、麻衣にもその話をした。結局、麻衣はもう一度先輩に会いたいと、泣いて謝りながら言ってきた。
そしてその日は来て、なぜか僕は先輩の嫁さんのアリーさんと過ごすことになった。麻衣が元カレと会っているという、最悪な状況にも関わらず、よりによってアリーさんとセックスをしてしまった……。

それは今まで経験したことのない、激しくエロいセックスだった。
自己嫌悪に押しつぶされながら帰宅すると、すでに麻衣は帰ってきていた。

『……キスしちゃった……。先輩と、キスしちゃったよぉ』
泣きながら言う麻衣。でも僕は、アリーさんとのことがあり何も言えなかった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】新入社員です。【実話告白】

4新入社員です。削除依頼
投稿者:ゆうすけ 2004/08/28 04:55:04(kVztZoxH)
投稿削除

自分の案が通って毎日企画書の直しをやっていました。係長の橘さんが零時ちょうどに電話かけてきて差し入れもってくから鍵あけといてって言われてあけておきました。夏の雷で停電したんです。僕は入り口まで行きブレーカーをあげようとしたら更衣室のほうから橘さんが網タイツミニ、カットソーであらわれました。スーツしかみたことない僕にはかなりショックでした。PCたちあげようとしたら橘さんが後ろからだきついてきてあそこをさわってきます。おれは声もですかたまってしまった。背中につたわる感触は明らかにノーブラそして酔っている。一言もいわず触りつづけて僕がさすがに抵抗してみたら、『こうゆうときは女のほうが有利だよね?せっかくあの企画上にもつなげようと思ったのに。それにちんぽたたせちゃいいわけできないよ』企画というよりそのエロさにうごけなかった。あそこをだしてしゃぶりはじめ橘さんは全裸になった。そのまま私をたおし素股のように唾をつけて腰をくねらせている。『いれたいんでしょ?おまんこぐちょぐちょしてるよ?ねぇ』まんこにちんぽの先がついている!橘さんはちんぽをもったままさきっぽをいれて抜いていれて抜いてをくりかえしはじめた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2014年6月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【出会い系】超美人の極上フェラを堪能した後、正常位で挿入【実話告白】

前編は以下のとおり

久々にアポ取れて、顔偏差値70の超美形でスタイル良しの
相田翔子似超美人とエッチしてきました。

前回話を振ってたので、今回エッチな下着をプレゼントとして持参。
黒いブラとガーター、Tバックのセットとガーター網タイツです。

すごく喜んでくれて、お風呂上がりにさっそく着てくれたんだけど、
美形がこの手の下着を着ると似合うこと似合うこと。

エロ過ぎて、眺めてるだけでチ○コは固くなっちゃいました(苦笑

美形なのにオモチャやコスプレOKってか結構好きみたい。
今日は、プレゼントした下着を身につけたままエッチに突入しました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||

2014年5月14日 | 実話告白体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【フェラチオ】酔い潰れたらしく、気付いたらラブホにいた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私は3年前の春、念願だった大学生になる事が決まり、ワクワクしながらバイトを始めました。
そのバイト先で、当時大学生だったK君(21)と友達になりました。
ある日、K君と遊んでいるとK君の携帯に電話が入りました。
K君の大学は○○近辺。そして彼はラグビー部。
先輩から
「花見をしているので今すぐ近くの公園に来い」
との事でした。
体育会系の部活なので先輩からの呼び出しに断われるはずもなく、2人で公園に行きました。
待っていたのは男・男・男の人達。
女の子は私1人。
面白がられたのかドンドンお酒を注がれ、どんどん私の意識も消えていきました。
昼間という事で酔っ払いやすかったのでしょう。
それからの私の記憶は断片しか残っていません。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年5月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【不倫・浮気】バイト先のロリ人妻 【実話告白】

バイト先の飲食店で、ロリ人妻の若菜さんとセフレみたいになれた。
俺は大学3年で、雰囲気イケメンと言われる感じで、ノリだけはいいと思う。

若菜さんはまだ22歳だけど、人妻で子無し。
とにかくロリっぽくて、バイトの他のJK達よりも確実に若く見える。
純情そうな見た目で、バイト仲間達と下ネタで盛り上がっている時に、若菜さんが
『なになに?なんの話?』
とか言いながら近寄ってくると、
「ダメダメ、大人の話だからw 若ちゃんには早すぎw」
とか言われる感じだ。

ネットでよく見るこの子に似てる。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年4月17日 | 実話告白体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【人妻】認知症の父と妻【実話告白】

私の父は62歳で認知症になった。
母(55歳)は病気で亡くなり、父は1人になりました。
それでも、仕事をしている時は元気でバリバリ働いていたんですが、60歳で定年を迎えると
1人淋しさの影響なのか?1日ボ~っとする事が多くなった様です。
その頃からでしょうか?父の言葉に”んっ”と言う事が度々起きて(ごはん食べたのに、まだか?と聞いて来る)
孫(12歳)と同レベルの事を始める始末。
病院へ連れて行くと、認知症の初期と言われました。そんな訳で妻(美沙35歳)に父の面倒をお願いする事にしたんです。認知症と言われ、数週間が過ぎた頃には父と妻の仲は良くなり、いつも2人で行動するようになっていました。
子供も”ママ最近おじいちゃんとベッタリなんだ”と言われる始末。
でも父の症状は日々良くなって行く様にも感じられたんです。
それでも何だか気になり、ある日ビデオカメラをリビングの隅に設置し、録画ボタンを押したまま会社に行く事にしました。
(ビデオはHDDなので、長時間録画できます)
その日の夜、ビデオは自動停止していました。こっそり皆の目を盗んで、ビデオを書斎(自分の部屋)に持ち込みました。
夜も深まり、妻も寝ると言うので先に寝て貰いました。
私は、書斎で昼間のビデオを確認して驚きました。<ビデオ内容>
妻が掃除機をかけていました。父はソファーで新聞を読んでいます。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年4月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ