【おっぱい】アパートでやってる朝のゴミ当番が楽しみになった理由【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
アパートに住んでますが、朝のゴミ当番が回ってきます。
月一くらいの感覚なんですが、正直面倒くさい。
会社に遅刻しないように7時半から8時くらいの間で手伝います。
分別ができない人などもいるし、気分的には良くないですが、ある時期からは楽しみになってしまいました。
分別ゴミはネットがあり、そこに持ってきた人に入れさせるんですが、ある時に近所の区長さんが
「しゃがんで袋を開けてあげなさい」
「君は真面目に来てくれるから・・・」
と意味不明なことを言ってきた。
そう言われてしばらくやっていたら、スッピンのパーカーの主婦が来たので、俺は資源ごみのネットをしゃがんで開けました。
「すいません」
とその人が袋に入れる時に・・・パーカーの胸元がばっくり開き、インナーのキャミから谷間が丸見え。
急いでいるのかお構いなし。
「ありがとうございました」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2015年2月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【人妻】中学の時に行ったキャンプ先で同級生の母親の胸元を覗いてたのがバレた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
中学3年の夏休みに、レクリエーションでキャンプ場に行った。
当然バーベキューで、同級生の母親が調理をした。
彼女は白いタンクトップで準備してたが、手伝った時に真正面にいたそのお母さんが屈んで胸元が開いて中が丸見えだった。
思春期の俺にはたまらない、おっぱいの谷間がゆらゆらと揺れて、手伝いながらチラリと覗いてた。
彼女は全く気づかないままに、俺は谷間が目の前で覗いてた。
やがて夜になり、肝試しみたいな事をした後、21時も過ぎて寝る時間。
テントに向かう途中にタンクトップの彼女から声をかけられた。
「ねぇ・・・1時間くらいしたら、あそこの○○公園口に来て」
まさか覗いてたのがバレた?
ちょっと怖くなりながらテントの中に入って、気づかないはずとか色々考えてたら時間になり、運よく周りも、テントに寝た他の二人も寝ていて、こっそり歩いていたら、
「ごめんごめん」
と走って来て、
「あそこ行こう!」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年2月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】職場でお手伝いの楽しみはおっぱいの谷間【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
うちの会社は製造業で、自分は入庫出庫の管理をしている。
社内に来る荷物や製品の出荷、社内から出る荷物を運送会社に受け渡します。
一昨年から移動したんですが、ここは製造とは違って色とりどりの意味で素晴らしい。
まず自由があり、適度な時間に休憩に行ける。
そして、荷物を運送会社に渡したり受け入れる時間は忙しいが、それ以外それほどじゃない。
そしてもう1つの楽しみは、書いてありますが春から秋までのお楽しみ。
気づいたのは、夏前の時期の話で同じ部署の先輩女性のAさんから
「○○くん!荷受け手伝って!」
と呼ばれて手伝うことに。
暑い日で、彼女と一緒に来た小荷物を開けて品物をチェックしていた。
「ごめんね!」
と言われて作業をしている時にふと彼女の方を見たら、作業のジャンバーが少し下に開けられていて、中のインナーのキャミがまる見え。
しかも胸元が開いていて谷間がちらほら見え隠れしている。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2015年1月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【フェラチオ】90点以上取ったらご褒美にフェラしてくれた家庭教師の女子大生【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
中3の夏、親の強制で家庭教師がやってきた。
せめて普通の高校に入れたいと言われて、泣く泣く勉強する事になった。
やってきたのはお茶の水の女子大生。
メガネをかけていて、どちらかというと真面目そうなタイプ。
家庭教師が女だと誰でも期待しちゃったりすると思うんだけど、そんなエロさなんて全くない家庭教師だった。
「何でこんな事も分からないの?」
「はぁ・・・だーかーらー・・・」
いつも小馬鹿にしてるような言い方ばっかりされてて、正直うんざりしてた。
夕方19時から2時間がいつもの勉強タイム。
時々女の子らしい服装で来たりしていた。
着痩せするタイプらしく、タイトな服を着てくると想像以上に巨乳ちゃん。
それでも口調がムカつくから全然そそらなかったけど。
いつも通り勉強していると、突然携帯がブルった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月20日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】寝坊して焦ってノーブラで電車に飛び乗ったけど最悪な一日だった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
大学時代の夏休み前の事です。
その日は寝坊して目を覚ましていつもより20分も遅く起きてしまい、慌てて顔を洗って化粧をして学校に向かいました。
私の家は駅がすぐ近くにあるので、家を出るとすぐに電車に乗る事が出来ます。
慌てて電車に乗ると、なんとかいつもの時間の電車に乗れました。
どうしても遅刻出来ない学校だったので、ホッと胸を撫で下ろしました。
私は電車の中ほどの釣り革に掴まり、前の座席にはサラリーマンらしき若い男が座っていました。
その男性がなんか私の胸の方をチラチラ見ているような気がしましたが、いつもの事なので無視していました。
でもなんか気になって自分の胸を見ると、なんとトップが透けていて、思わず「あっ」と小さく声を出してしまいました。
ブラを付け忘れていました。
なんか胸が揺れるなーと思ってはいたのですが、あまりに急いでいたためなのか、パジャマの時の癖が出てしまいました。
慌てて前屈みになって胸を隠しましたが、シャツ一枚なので乳首のところが色が透けているようでした。
それをサラリーマンが凝視していました。
恥ずかしかったので腕で何とか見えないように隠しましたが、自分でわざとブラをしていないと思われてるみたいで恥ずかしかったです。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年1月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】【胸チラ】同級生が炭に火を点けようと団扇で扇いでたら乳首が見えた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
高校最後の夏休みの終わりに、クラスメート20人ぐらいでバーベキューをしました。
高三だから最後の思い出を・・・みたいなノリです。
バーベキューセットは現地で借り、食材を買ってきて焼いて食べる。
ただそれだけなんですが、普段受験で遊べない俺らにはテンションも上がるイベント。
しかも半分ぐらいは女子なので、気になる子がいる奴らにもっとハイテンションです。
現地に集合して
「じゃー俺はこれやる」
「これやろうか」
と各々仕事を分担し、俺と友達は火起こしの役割をする事になりました。
炭と火を二卓分用意するという、火起こしなんてやったことのない俺は、友達の指示通り動いていました。
「お前は炭をやってて」
と言われたのでやり始めましたが、備長炭って本当に火が点かないんです。
後になって分かりましたが、薪に火が点きかけてからが勝負。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】ガソリンスタンドのお姉さんの乳首を目撃【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
今日の昼にガソリンスタンドで洗車してもらいました。
1時間ほどで終わってカードで支払いをしている間に、洗車の出来具合を確認をしていました。
すると、カードを持ってきたお姉さんが
「タイヤをもうそろそろ変えた方がいいですよ」
と言ってきました。
「そうなんですか?」
と言うとタイヤの溝に手を当てて、スリップサインが出ていると言いました。
その時のお姉さんはポロシャツのボタンはしておらず、胸元は結構開いていました。
期待を込めて、僕もお姉さんの横に行って上から覗き込んだら、白いブラとオッパイがかなり見えていました。
乳首までは見えないけど、ブラとオッパイのの隙間が開いていたのでもう少し粘る事にしました。
スリップサインが分からないフリをしてタイヤの溝を何回もこすっていると、丁寧に、
「これです」
と体勢を変えた瞬間、パックリ開いたブラから、なんと乳首がこんにちはしていました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||

2015年1月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】サークルの同輩だったのんちゃんの胸チラ【実話告白】

べしみさんからの投稿
—-
まだ俺が大学生だった頃、サークルの同輩にのんちゃんという女の子がいた。
彼女は目鼻立ちのはっきりした美人だったが、とある県の田舎出身で化粧も服装も地味。
喋り方も、いかにも田舎の娘って感じの優しい娘だった。
胸チラとかに興味がある人だったら過去の俺の体験談を見たことあるかもしれないが、大学二年生の夏、俺は彼女の胸チラ、というか乳首まで目撃した。
その時、別の女が俺が胸を覗いていることをのんちゃんに指摘したが、のんちゃんは
「そんなことないよ~」
と俺を信じてくれた。
俺はそんな彼女に恋心を抱いていたが、告白するチャンスもないまま時が過ぎ、1年くらい過ぎた頃、彼女の家でサークルの焼き肉パーティが行われた。
その日早めに彼女の家に行った俺は、一年振りに彼女の乳首と再会した。
ただ、2人きりならそれでよかったのだが、その後の焼き肉パーティーで彼女は同輩達全員に乳首を目撃されてしまうことになるのである。
前置きが長くなってしまったが、これは今まで投稿することがなかったのんちゃんの胸チラ話の続き。
興味がある方はネットで検索して、これまでの話も読んで欲しい。
さて、のんちゃんと二人きりの時間を過ごした俺だったが、焼き肉パーティーの時間になり、サークルの同輩男女三人ずつで焼き肉が始まった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年1月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【人妻】デパートで嫁とぶらぶらしてた時に目撃した胸チラ【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
休日に嫁とデパートをぶらぶらしてたら喉が渇いたのでフードコートでお茶してたら、俺の向かい側の席にベビーカーの若いお母さんが座った。
(俺と嫁は向かい合わせなので、その人は嫁の背中側)
小柄で色白、清楚で可愛らしいそのお母さんが赤ちゃんを抱っこしようと、ベビーカーに向かって屈みこんだらゆったりした服の胸元から、眩しいくらい白いおっぱいが・・・だが、話はこれで終わらなかった。
その白いおっぱいの頂点には、違和感を覚えるほど大きく黒い乳首が。
清楚な容姿とは裏腹に、あまりに淫靡で、ある種のグロささえ感じる。
それを目撃した俺は、画像を脳内に100回保存したw
もちろん、おっき。
嫁は気づかずに、コーヒーを飲み終え、
「服が見たい」
と立ち上がったが、俺は諸事情により席を立てなかったので、
「もう少しお前を見つめていたい」
と言って時間を稼いだ。
その後、買い物のついでにエッチな下着も買わせ、そのままホテルに直行。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2014年11月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【オナニー】休日に出かけたフリマで中学生の胸チラを堪能した【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
久々の休日にフリマに出掛けました。
天気は曇、気温も高めなので結構な数の胸チラが拝めました。
その中でも素晴らしかったのが、出店していた母娘2人組。
娘さんは中学生くらいで、薄手のフード付きのシャツにハーフパンツ。
色白一重瞼だがかなり美人。
群がる客の隙間から様子を窺うと、座ったまま前の方の商品を畳み直したりしているので、首元がU字に開いたシャツはダラリと下がり、キャミがチラチラと見えます。
カップ付きですがサイズが大きく、浮いているので角度を合わせるとあんまんのような綺麗なおっぱいの先まで見えます。
乳輪は小さめで薄い色のテカテカした小指の先くらいの乳首。
しばらく堪能した後にトイレに行き・・・ふと
「生胸チラで抜きたい」
と思い、ゴムを装着し、チンポジをセットし、再度母娘の店へ。
まだ客が群がっていたので、客の隙間から娘さんを拝見。
相変わらずの無防備具合で、胸元を気にする様子もなく笑顔で接客しています。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年11月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:オナニーの体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ