【おっぱい】花見で酔いつぶれた女性達を襲った話【実話告白】

大阪府/ポコチン丸さん(40代)からの投稿
—-
近くに緑地公園があり、たまに運動しに行ったりジョギングコースに利用している。
花見の季節なるとあっちこっちからBBQの良い匂いに堪らなくなる。
夜になるとライトアップして花見する人達もいるが、そんなグループの女性が酔っぱらいフラフラと歩いていたのを見ていた。
その女性は、グループから離れて人気の無いベンチに倒れ込むように横になっていた。
近寄って見ているとグッタリとしていて、心配になったので女性の肩を揺すって大丈夫ですか?と声を掛けたが女性は無反応だった。
かなり飲んだのか、酒に弱いのか。
心配もあったが、女性が俺好みの和風美人的な感じの人だった。
ベンチに横になっている女性の髪は長くて地面に付いていた。
髪が汚れると思って、髪を束ねて女性の肩の辺りに上げて俺は眺めていた。
歳は二十代後半か?スタイルも良さそう。
見ているとムラムラしてきた。
俺はそっと女性の胸を服の上から揉んでみた。
反応が無い、強めに揉んでみても大丈夫だった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月12日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

このページの先頭へ