【マニアック】【筆下ろし】薬局でコンドームを買おうとしたら万引きに間違えられた【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺は年上のおばさんが筆下ろしの相手だった。
中3の夏休みにダチとの罰ゲームでスキンを買いに行く事になり、顔見知りのいない隣町の小さな薬局へチャリで遠征。
ウブだった俺は余程おどおどしていたのか挙動不審で万引きに間違えられ、おばさんに呼ばれて奥の座敷で事情聴取される事に。
(自宅兼店舗みたいな店で、奥の座敷にはキッチンもあった記憶が)
あっさり疑いは晴れたのだけど、正直に事の顛末を話したところ、なんとなく悩み相談の流れになり、学校の事などを色々話を話す展開に。
おばさんは多分30歳過ぎだと思うけど、とにかく白衣が印象的で、話が面白くてよく笑う人だった。
そのうち、小さなガラスのカウンターの奥から小さな箱を持ってきてくれて、
「これがスキンよ」
と見せてくれた。
俺は恥ずかしくて仕方が無かったが、やっと解放されると思った時に、もっと恥ずかしい事になった。
おばさんは、
「そういえば、最近の男の子って背が高いのね」
と、なかなかスキンを渡してくれずに、さり気なく店の鍵を締めてきてから俺を立たせて、メジャーで肩幅や胸囲、腰回りを計られたりした。(もちろん着衣のまま)

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

このページの先頭へ