【人妻】お見合いでついてきた親戚の叔母さん【実話告白】

名無しさん(40代)からの投稿
—-
40代タカオです。
10年前のことです。当時のオレはバツ1で彼女なし!
教師の友人は、同僚先生の姪っ子との見合い話を持ってきました。
断る理由もないので承諾して会場の居酒屋へ友人と向かい、個室へ通されると既に相手方は着席していました。
見合い相手とおぼしき女性は思いっきり恥ずかしそうです。
一緒に紹介した方と、あと2名の女性がいました。何でも、心配でついてきたそうです。
母方の叔母さんと遠縁の叔母さん。友人の同僚の方は父方の叔母さんだそうです。
なんとも面白い見合いが始まりました。
見合い相手を”わたくしさん”とします。
わたくしさんは終始恥ずかしそうで、会話もままならず全て叔母さん達が交互に答えます。
オレへの質問も叔母さん達からです。
わたくしさんとまともに会話したのは家族構成ぐらい!
30にもなって、挨拶もまともにできないお嬢様はオレはNGで早く帰りたかったのですが、叔母さん達が異常に面白く、飲み会は大盛り上がり!

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月20日 | 実話告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【小中学生】中学の頃にオナニーしてるところを従兄に見られた・・・!【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
中学の頃、同じ学校に通っていた従兄弟にオナニーしてるところを撮影→男子に公開された。
発端はそもそも、従兄弟が私の家に勝手に上がりこみ(身内は自由に上がってもいいような田舎)、自分のベッドでオナニー中の私を目撃したところから。
いつもは布団被ってやるんだけど、その日は何故か漫画のエロワードにやたらと反応してしまって、我慢できずに制服のまましていた。
スカートは穿いてたけど、下穿きの短パンに手を突っ込んで足を開いたり閉じたりしていた私はさぞ間抜けに見えたんじゃないかな・・・。
従兄弟も、俺が手伝ってやろうか(ニヤリ)・・・いやぁ、ダメ・・・なんて展開にはならず、
「え、お前何やってんの?」
って様子でびっくりしてた(笑)
私はもちろん、恥ずかしいやら血の気が引いてそれどころじゃなくなったのやらで慌てて起き上がり、後は何を言われても
「何でもない」
で通してた(笑)
その日は結局、従兄弟は何も言わずに帰った。
何を言われるのかとびくびくしていた私は拍子抜けしたが、次の日学校に行っても何かおかしな事を言われるわけでもなかったので、見なかった事にしてくれたのだと思い、その事は忘れる事にした。
しかし数日後、学校から帰った私の部屋に、何故かいる従兄。(R君)

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年12月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【フェラチオ】ドアを開けたら受験生の義弟がオナニーしてる真っ最中だった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
主人は九州出身で、男ばかりの3人兄弟です。
去年の冬、主人の一番下の弟が大学受験のために、京都に住む私達のところへ1ヶ月ほど泊まりに来る事になりました。
弟は主人よりハンサムでしたが、私も結婚して2年目になったばかりなので、彼を男性として意識したりはしていませんでした。
何より、まだ高校生の彼が子供に見えてたし。
彼が来てから1週間ぐらい経った時、主人が入れ替わりに東京に3日間の出張をする事になりました。
夫が出張に行った日に、ちょうど彼の第一志望のK大の試験があったので、夜に夫から電話がかかって来て
「どうだった?」
と聞くので、私は
「まぁまぁだったみたいだけど、『1つつまらないミスした』って、気にしていたみたい」
と言うと、
「あいつは細かい事気にするからなぁ。『K大ぐらいならお前の実力なら楽勝だから気にすんな』って言っておいてくれよ」
なんて言っていました。
私は主人の言葉を伝えるついでに、昼間作ったクッキーと紅茶を持って彼の部屋に入って行きました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年12月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】【母娘丼】大好きな叔母と、叔母に瓜二つな従妹と葬儀で再会した【実話告白】

東京都/トモさん(20代)からの投稿
—-
叔母が叔父と結婚した時から、叔母はボクの憧れだった。
叔父はお袋と少し年の離れた弟だったので、お嫁さんになったばかりの叔母は当時まだ二十歳を過ぎた頃で、ボクはと言えば小学校に入ったばかりの頃だった。
都会というには少しおこがましい中途半端に開けた街に嫁いできた叔母は、子供の目にも垢抜けていて、それまで接してきた大人とは身なりも身のこなしもちょっと違った雰囲気を醸していた。
大人なのにセミロングのおかっぱ頭で、アーモンドのような涼しい眼をした叔母はまるで別の世界から来た人のようだった。
まだ子供のくせに、ボクはそんな叔母の綺麗な顔立ちと、母や周りにいる他のおばちゃんたちとは違って細くて、それでいて胸の大きな叔母が大好きだった。
自分の容姿が標準以下であることに気づいていなかった頃、そんなボクは結婚したばかりの叔母に纏わりついて
「一緒にお風呂に入りたい」
とせがんでみたり、叔母の腰に抱きついてみたりしては叔父に冷ややかな目を向けられていたのが子供心にも分かっていたのだけれど、叔母は嫌がりもせずにボクをお風呂に入れてくれていた。
大きなおっぱいで、色白の叔母は子供の目から見ても本当に綺麗だった。
一緒に湯船に浸かりながら無邪気なふりをして叔母のおっぱいに触ったり、背中から抱きついてみせたりした。
極めつきには、黒い草むらを目の当たりにした時には股間が何だかもぞもぞしていた。
しばらくして従妹が産まれて、それからも10年くらいは近所に住んでいた叔父一家だったが、その後、叔父の仕事の関係でボクの田舎とは別の地方に引っ越してしまった。
叔母に会えなくなったのは残念だったけど、ボクはボクで大学に入ってから実家から足が遠のいて田舎に戻ることも滅多になかったので、それからはすっかり疎遠になってしまった。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】密かに恋心を抱いてた若い叔母と従妹の3人でお風呂に入ることになった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
オレが小6の時、父方の祖母が末期ガンで入院した。
いよいよ危ないという知らせを受けた翌日、学校を休んだ1人っ子のオレは、両親に連れられて車で5時間ほどの父の実家へと向かった。
それから3日間ほど、両親は父の兄弟や親類と共に寝ずの看病をしていた。
その間オレはというと、父の実家周辺で暮らす親戚のうちを転々としていたが、顔馴染みの叔父叔母やいとこ達と過ごす事に何の抵抗もなかった。
だが、祖母の危篤状態という事で皆一様に表情は暗かったのを覚えている。
当時オレは発育が遅く、まだ小4と言ってもおかしくないほど小さかった。
しかしオナーニだけは覚えが早く、当時は既に友達が万引きしてきたエロ本を借りては親の目を盗んでシコシコしていた。
女体に対する好奇心も人一倍あったと思う。
そして3日目の夜、その日は父の弟の家に泊まる事になった。
内心オレは小躍りしたくなるほど喜んだ。
なぜならそこには親戚中でも評判の美人で若い奥さんがいるからである。
オレにとっては血縁のない叔母であるが、小さい頃からとても可愛がられた。
そしてオレは、その叔母の美しさと優しさに恋心にも似たものを抱いていた。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年10月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【小中学生】中1の夏休み中に小6の従妹の家に泊まりいった時の話【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
夏って事で思い出した。
中1の夏休み、従妹(当時小6)の家に1人で泊まりに行った時の話。
従妹が自由研究で川に水生昆虫取りに行き、俺は釣りしに付いていった。
当時は女子の体に興味深々だったし、オナニーしまくりだったから従妹もそういう目で見てしまっていた。
その時の従妹は薄い格好(Tシャツ+ミニスカート)だったからパンチラ見放題だし、色々透けてたもんだから釣りどころじゃなかった。
パンツの柄は今でも覚えてる、白地に星が飛んでいるのだった。
採集も終わったようで帰る事にした。
どこか寄っていこうかと思ったけど、従妹はすぐに帰ろうと言うのでまっすぐ帰った。
家に着くと従妹は走ってトイレに向かった。
築30年以上の家だったし、音消しなんて知らないようで、じょぼぼぼ、という音が響いた。
一足早く冷房のある部屋で涼んでいると従妹も来た。
疲れたらしく、眠り始めたのでイタズラ心が湧いた。
脚の間からスカートの中を覗くと明らかに白じゃない。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年10月7日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【フェラチオ】【ご褒美】キレイな高2の従妹と飲んだ時の話【実話告白】

兵庫県/キドキドさん(30代)からの投稿
—-
盆休みに母方の実家に行き、墓参りをしてきた。
そこでほんの少し母の妹一家にも会ったので挨拶をする。
その中に、親戚の中でも一番綺麗だと思う従妹との事を思い出した。
俺が大学の期末考査が終わり、卒業式まで暇を持て余してた頃、電設業を営んでる親戚から、
「浩ちゃん(俺)ぶらぶらしてるんだったらウチに手伝いに来ない?」
と連絡があった。
特に断る理由もないし、宿泊食事はもちろん親戚のとこに行く交通費も出してくれるっていうので気軽に応じた。
その家には直子っていう、俺の二つ下の従妹とその妹の祐子ってのがいる。
直子は高校卒業後デキ婚で嫁いでしまい、残ってるのは叔父叔母と祐子(高2から高3へあがるとこ)だけ。
手伝いは電気コードを所定の長さに切り、圧着端子を取り付けたり、それを組み立て済みの配電盤のブレーカーに取り付ける作業。
わざわざ俺を呼ばなくても叔母が主婦業の片手間にやってたようなこと。
毎晩のように叔父に付き合わされて晩酌をしていたんだけど、ある晩祐子から、
「浩ちゃん数学わかるよね?」

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年8月22日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【フェラチオ】25歳の叔母の下着でオナニーを繰り返してた【実話告白】

大阪府/名無しさん(40代)からの投稿
—-
僕の初恋は小学生の頃叔母さんにでした。
叔母さんは当時は25歳位だったと思います。
いつも遊びに行っては叔母さんのタンスから下着を物色してはオナニーを繰り返していました。
ある日叔母さんの家に泊まる事になり・・・ドキドキした気持ちでいました。
夜、叔母さんがお風呂に入っている隙に脱ぎたての下着でオナニーしようと風呂場へ・・・叔母さんは全く気付いていませんでした。
脱ぎたてのパンツはシルクでテカテカツルツルでした。
そのパンツを握りしめ、トイレでクロッチの部分を・・・そしたら凄くヌルヌルして濡れていました。
必死でクロッチを舐めながら爆笑させようとした時、叔母さんが風呂から出てきたんです。
「○○ちゃん・・・何してるの!?」
って怒られましたが、以前から下着でオナニーしてたのも知ってたと言われました。
そんなに私の下着が好きなら毎日下着でオナニーしてるところ叔母さんに見せてって言われました。
子供だった僕は欲求に勝てず、ほとんど毎日叔母さんのアソコの匂いのついた、もちろん濡れ濡れの下着でオナニーしたました。
エスカレートして、

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年8月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【おっぱい】小3の時、高2で黒ギャルだった従姉が初めての相手【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
俺が小4の時に高2の従姉とやった。
黒ギャルだった従姉は、夏場はいつもタンクトップやチューブトップにケツ半見せショートパンツで過ごしていた。
夏休みでばあちゃんちに泊まりに来てる俺の楽しみはその従姉と遊ぶ事だった。
既に小3で精通し、毎日オナってた俺は、いやらしい気持ちも持ちながら従姉のギャルと遊んで(いちゃついて)いた。
ある日、プロレスごっこやってて押さえ込まれたりヘッドロックかけられたりして抱き合ってるような感じをずっと続けていたら、短パン越しにもハッキリ分かるくらい激しく勃起してしまった・・・。(いい匂いだし、ヘッドロックで顔を胸に押し付けられたりしたから)
そしたら、
「A(俺)、1人前にチンチン立たせられるようになったんだww」
とゲラゲラ大笑い。
恥ずかしくて隠そうとしたんだけど、従姉が無理矢理股間に手を突っ込んできて
「こうやって擦ると気持ちいいんだよ?知ってる?wwww」
と笑いながら扱いてきた。
つーかあんたをオカズに既に毎日やってるよ、と思いながらも結構気持ちよくなってきた。
「ねえ、B(従姉)はSEXした事ある?」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年8月15日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【フェラチオ】姪と一緒にお風呂に入ってたら少しずつエスカレートしていった【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
姉が離婚して小学4年生の娘を連れて実家に帰ってきてはや半年。
初めのうちは姉の後ろに隠れるようにしていた姪でしたが、両親や姉が旅行や仕事でいなかった夜に一緒に風呂に入った事で打ち解けて、僕にも甘えてくれるようになりました。
でもその夜以来、僕と姪の2人しかいない時間があると
「一緒にお風呂入ろ~」
と姪がおねだりするようになったのです。
原因は分かってます。
最初に風呂に一緒に入った夜に、姪のカラダに興味があった僕は丁寧に洗いすぎたんです。
ボディシャンプーを少しつけた手で、割れ目を揉むようにして指の腹を割れ目の中で何度も往復させました。
最初のうちはくすぐったがっていた姪も、しばらくすると腰を引いたり足を震わせたりしていました。
イクまではやりませんでしたが、それで目覚めてしまったようです。
姪を初めてイカせたのは3ヶ月ほど前の事です。
一緒に風呂に入るのは10日ぶりぐらいでした。
カラダを洗ってやろうとすると、普段は座っている僕の前に立つのに、その日は僕の膝の上に座って背中を僕にもたれかけます。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ