【M男】タイプの人を見つめながら【実話告白】

今から17年前の、まだ俺が専門学校に通っていた時の話2ヶ月間ある夏休みを、有効活用しようと短期間のアルバイトを探したそして、求人誌を見ていると、労働時間はかなり長いが時給の良い、俺にとても良く合っているアルバイトを見つけたそれは、我が町の海岸線にある
保険会社の保養所でのアルバイトその求人誌には、調理補助プラス施設内のプールの監視員(泳ぎの得意な方希望)と書いてあった俺は高校3年間、水泳部に所属し
泳ぎにはかなり自信がある調理補助の方も、その時通っていた学校は調理師専門学校正に、俺の為にあるようなアルバイトだと思い、直ぐにその保養所に電話をかけたそして次の日、履歴書を持ち支配人と面接、すると即日採用その日は、簡単に仕事内容の説明を受け、翌日から働く事に仕事内容は結構ハードで、朝は7時までに出勤し、白衣に着替え調理補助の仕事(主に雑用と盛り付け)そして、8時半になると水着に着替えプール掃除(プールサイドをデッキブラシで掃除、水面を網でゴミ拾い)これを一人で行い、9時にプールを解放する後は、30分毎にプールの中央と側面の塩素濃度を計り紙に記入、濃度が低くなると固形塩素で調節する途中一時間の食事休憩はあるが
これを夕方の5時まで繰り返すそして、また白衣に着替え調理補助を6時まで行う、という
かなりハードな内容だった最初、プールの監視員と言うと
水着のお姉さんが沢山見られると期待したが、保養所の客の殆どが家族連れで、かなりの期待外れだったしかし、アルバイトを始めて1ヶ月以上経って仕事に慣れてきた頃、ようやくプールに二十代中盤の女三人組が現れたそして、その中の一人に俺の目は釘付けになった小柄な身長、髪型はショウトカット、少し垂れ下がった大きい瞳、全てが俺のタイプだった俺は急いでサングラスをかけ、彼女達に気付かれないように、
正面を向き、目の動きだけで
その女を見続けたそして暫くすると、三人組の中で一番太っている女が近づいてきた「ねえ君!名前は?」「マコト君(俺の名前)年いくつ?」「良い身体してるけど、何かスポーツしてたの?」そこからずっと質問責め、他の二人はそれを見て大笑いそして、他の二人も近づいてきて簡単な自己紹介三人は高校の同級生で、今は27才さっき、最初に近づいてきた太っている女が”マリさん”一番背が高く、スタイルは良いがどこか冷たそうな印象を受ける既婚者の”ヨウコさん”顔はバツグンでかなりタイプだが、胸がとても残念な”ヒロミさん”そして、そこからは仕事をこなしながら、当たり障りの無い会話をしていると、直ぐに5時彼女達に別れを告げ、白衣に着替え調理場へそして、仕事を終え着替えていると、支配人に呼ばれたそこで話された内容は、先程の三人組の、太っているマリさんは本社の会長の孫、そしてこれから三人で遊びに行きたいから運転手を貸せと、名指しで俺の名前を・・・支配人に頼み込まれ、特別ボーナスも出してもらえるそうなので、疲れた身体に鞭を打ち三人を保養所の車に乗せたそして、ゲームセンターにビリヤード、ボーリングと彼女達が希望する場所を回ったその間、彼女達は行く先々でビールや缶酎ハイを飲みまくっていた夜11時頃に保養所に着く頃には、酒の弱いヨウコさんは酔いつぶれ、残り二人は歌を歌い
ハイテンションそして、三人の部屋までヨウコさんを担ぎ連れて行くそして、寝ているヨウコさんをベッドに寝かせ、支配人が俺のために用意してくれている部屋に向かおうとすると、マリさんが「ちょっと、どこ行くの?!
マコトも飲みなさい!」そして、無理やりベッドに座らされ缶ビールを飲まされたビールを飲んでいる間、マリさんは俺の横に座り、俺の身体を撫で回すそれを見てヒロミさんは、ケラケラと笑っているそして、マリさんは俺の後ろに回り込み、右手は俺のTシャツの上から乳首を転がし、左手はハーフパンツの上から股間を揉み始めたすると二十歳で経験人数一人の俺の股間は、全くタイプでは無いマリさんにも反応してしまい「もう~マコト君のすご~い!
カッチカチだよ~!ヒロミも触ってみなよ~!」「私は愛する彼氏がいるから
ダメ~」とシャワーを浴びに行ってしまったすると、マリさんの攻撃は更に凄くなり、あっという間にパンツ一枚にされてしまったそして、マリさんの両手はキスしている間も、俺の乳首を舐めている間も俺の身体を弄り続けたマリさんの触手のような手が、パンツの隙間から入ってきて、
俺のペニスに触れた瞬間ウッ・・ウッ・・ウッ・・「えっ?!マコト君出ちゃったの?パンツ汚れちゃったじゃない」するとマリさんは、俺のパンツを脱がせ洗面所で洗い、干してくれたマリさんは再び俺の前にひざまずき、ペニスを舐め出したマリさんのフェラは異常
に上手く、また直ぐに大きくなってしまったするとマリさんは「今度は私にもして」と服を脱ぎ出したマリさんの身体はお世辞にも美しいとは言えず、しかし俺は勇気を振り絞り、巨大な垂れ下がった乳をすい、肉を掻き分けアソコを舐めた「ア~~イイワ~~もっと強く吸って
そうよ~ア~~ン」そして、マリさんが上になり

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:M男の体験談

【マニアック】イルカとセックスした女性 【実話告白】

あらかじめ言っておくと、
イルカさんは皆さんが思っているよりもはるかに頭のいい動物です。

なんとイルカさんは人間の性別をメスと理解することができ、生殖器の認識も可能なんです。さらにイルカさんは女性の濡れにも反応し、それに応えて発情した素振りを見せることさえあるんです!
発情したイルカさんはペニスを露出させて、女の子に絡むようにそばに寄っていったり、ペニスを押し当ててきたりすることがよくあって、これは彼らなりの悪戯なんです。
しかも、それでメスが拒まなければ本気で興奮して、なんと水着の上から性器を擦りつけようとすることまであるんです!
それ故に、下手に全裸で泳ぐと本当にレイプされてしまう可能性もあるらしく(前例はないそうですが)、水着の下は絶対脱いではダメ。さすがの私でもカイルくんのペニスがお膣に迫ってきては大変なことになってしまうので、我慢。
ちなみに、イルカさんのペニスはそこまで巨大すぎるというわけではないのですが、何が凄いかと言うと、射精がとんでもなく物凄いのです。
一説によると、至近距離なら普通の紙くらいバリッと突き破ってしまうほどの射精だとか。そんな射精をまた子宮にまともに受けてはひとたまりもありません。うーん、我慢。

さて、そんなこんなで、「セックスは出来ない! でもカイルくんが発情してくれれば嬉しい!」そんな気持ちで実践の準備です。
イルカさんは女性の濡れに反応すると前記しましたが、お察しの通り、私は濡れ濡れです。子供ぱんつにシミができてしまうくらいだったので、なるべく早く水で流しておいて目立たないようにしました。しかし愛液が水に溶け込めば、イルカさんは誤魔化せませんけどね。
ちなみに、ご存知の方が多いかもしれませんが、私は既にイルカさん複数と熱い契りを交わしたことがありまして……その際、荒ぶり止まない極太おチンチンにアソコを掘られ、広げられ、イジメられ、もう徹底的に壊されて入院してしまいまして……(笑
退院からだいぶ経ちますが、今なお、人間の性器に戻ってません(笑 お膣の穴も陰唇もすっかり開拓されてしまい、イルカさん専用精液トイレの印をしっかりと押されてしまっております(笑
膣は締まりますが開きやすく、濡れれば愛液垂れ流し。小陰唇が伸び、大陰唇も膨らんで盛り上がり、子供ぱんつをはくとひときわふっくらしてちょっと恥ずかしいのです。ちなみに胸も、それなりに、です。

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2015年7月31日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【寝取られ】憧れの清楚で優しい優子先輩が、男達3人に 【実話告白】

僕には、憧れの先輩がいる。大学のサークルの、二つ上の優子先輩だ。大学に入学して、右も左もわからない僕に声をかけて、サークルに勧誘してくれた人だ。
サークルは、夏は海でサーフィンと山でクライミング、冬はスキー、スノボという、オールシーズンスポーツサークルみたいな感じだ。

遊んでいるような、リア充っぽい人ばかりのサークルで、僕はちょっと浮いているような気がしているが、優子先輩会いたさになんとかやめずにいた。

週末は色々と出かけたりすることが多いサークルだが、普段の日はとくに何もすることなく部室で雑談している。今時は部室のないサークルが多いけど、結構大きな部屋を使わせてもらっているので、いつ行っても誰かしらいる感じだ。

誰にもなかなか話しかけることも出来ずに、ポツンとしていることが多い僕だったけど、勧誘した責任感からか、優子先輩がよく話を振ってくれた。そうしているうちに、僕も皆と打ち解けることが出来て、友達と呼べる人間も出来た。

本当に、優子先輩には感謝しても仕切れないくらいで、いつしか感謝が憧れに変わっていった。

優子先輩は、桐谷美玲を垂れ目にして柔らかくした感じのルックスで、サークルの中でもアイドル的な存在だ。噂は色々と聞くが、特定の彼氏はいないようだ。
とは言っても、僕なんかでは絶対に付き合うことなど出来ないとわかっているので、見て楽しむだけという感じだ。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年6月16日 | 実話告白体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】俺とSとYの関係【実話告白】

変体行為が含まれますので、気分を害す事がありますのでご注意下さい。。。。。。。。。

その夏は、バイクで大学のある所から田舎に帰る時、友達の家に寄って2,3日かけて帰っていた。その日はA君の家に泊まる予定だったが、当日になって連絡が取れなかったため(夜には連絡取れたが・・)かなりの疲労もあり、実家に帰れない距離ではなかったが、携帯ピコピコ近くに住んでいる友達を探す事に・・。携帯をピコピコしていると元カノの友達の名前(Sちゃん)があった。Sちゃんとは元カノと付き合っていたときにかなりおせわになっていた。Sちゃんは今いる辺りに住んでいることは知っていた。う〜ん、どうしたものか、数秒悩みエロい展開になることを期待しながら電話してみることに。
俺「もし〜 ひさしぶり」
元カノの友達S「あー ○君ひさしぶり〜。どうしたの急に?」
俺「実はね・・・・・・・・・・・・・」状況説明。
S「そうなんだ。エロイ事しないなら泊まってもいいよw」
バカしないわけないだろ。襲ってやるとか思いながら
俺「まじ?絶対変な事しないから、頼む。」
こんな感じだったと思う。Sが仕事からかえるのを待ちSと合流しました。
高校時代からSは可愛かったが、半年振りぐらいに会ったSはカワイイからまさに綺麗という言葉がピッタリの女性になっていた。Sのスペックは身長160、スリム体系。色はとても白い。胸はBカップぐらいかな。顔は北欧系とのハーフようのような顔立ち。まぁほとんどの人が綺麗だなって思うタイプだと思う。性格はエロい。
Sの部屋に入れることがすごくうれしくて、さらにSと・・・・・。色々な話をしながらSの家の近くのコンビニで酒を買い、Sの部屋へ。だがここで問題が。Sは同じ会社で働くYと共同生活、間取りが2DKでDKは共同、残りの2部屋をそれぞれが使い生活していた。2人きりになれると思っていたのでちょっとショック。そんな事を考えながら部屋に入りYにあいさつ。ウォ!!カワイイ!!(中肉中背、胸はDだった←あとでわかった)何てことだ。美女2人と俺。一晩同じ屋根の下。ショックなんて吹き飛びました。期待が膨らみます。股間も膨ら・・・・。
Sの部屋で3人で軽い食事とお酒を飲みます。俺はあまり酒を飲めないのでビールと焼酎1本ずつでもう撃沈。眠くなり横になってしまった。2〜3時間して目を覚ますと、Yは自分の部屋に帰り、Sはテレビを見ていた。俺が起きるとSは「お風呂入りなよ」といいバスタオルとフェイスタオルを貸してくれた。俺は眠さと酒でふらつきながら風呂場に向かった。しかし風呂の脱衣場にいくと、なんとそこには使用済みの下着があって、この下着はYの服と一緒になっていたのでYのだと分かった。眠気もぶっ飛び、誰も近づいてこない事を確認しつつ、クンクン。う〜ん。微かにわかる刺激臭。
クンクン。シコシコ。あっという間に放出。イッタ後、俺って変態だなと後悔しながらシャワーを浴びました。そしてSも風呂に入り、Sは「明日朝早いから寝るね」ってことで就寝。俺も疲れていたし、性欲もあまりなかったため就寝した。朝目覚めるとSがあわただしく準備をしていた。
俺「おはよ」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年6月6日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】楽園訪問【実話告白】

「じゃあ2人とも、ちゃんと留守番してるのよ」
 11月の静かな夜。
 星明かりの届かない夜闇としとしとと降り続く秋雨に紛れ、俺はこの家にやってきていた。
庭の脇を抜けた先にある正門の方から、傘を叩く雨音に混じって聞こえていた話し声もすぐに止み、エンジン音が遠ざかってゆく。
そこから愛らしいターゲットたちが戻ってくる前に、俺は音もなく玄関扉へ身を滑り込ませた——

「ね、上でカプモンの続きやろぅ?」
「うん、先上がってて。トイレ行ってくる」
玄関を入ってすぐのところにある掃除用具置き場の中で身を潜めていると、玄関の開閉音と共に小鳥のような声が響く。
それも、すぐ近くで。
思わず荒い吐息1つをこぼし、俺は二手に分かれてゆく足音が止むのを待つ。
—階段を昇る足音。
——トイレであろう扉の開閉音。
———もう1つ、上から別の扉の開閉音。
(よし・・)

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年4月10日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【風俗】初ピンサロで天国を見たったwwwwwww【実話告白】

スペック
25歳底辺公務員 年齢=
仕事柄女と喋るのが一月に一回とか
予算は1万くらいでいいところないかなーとか半勃ちで調べてたら
ピキーンっと触手に当たったところがあり決定 場所は池袋だっts
店に行こうと思ったが吉日と思い
すぐにpcで山手線沿線の風俗を調べた
流石に童貞失うのは怖かったからに焦点を当てて探した
行こうと思ったのは2chの風俗スレで興味を持ったから
ついでにキスも手も握ったことがないくらいピュアだった
多分ドリームクラブ入店できるくらい
40分で8000円くらいのところで長いか短いかもわからなかったが早漏だしいいかーと思って銭湯に行って戦闘準備
普段つけないコロンまでつけて童貞丸出しの格好で出撃
店に到着
焦る気持ちを抑えつつ入店

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2014年2月27日 | 実話告白体験談カテゴリー:風俗での体験談

【姉】鬼畜弟が処女姉をたらしこむ話1.75〜マゾ覚醒編〜【実話告白】

お姉ちゃんの処女を奪ったまーくんは…

<>527名前:まーくん◆V6FP26bb2g投稿日:2007/05/10(木)10:30:24ID:Vywvlpq20<>
先週のゴールデンウィークの話。

いつものように俺の部屋で二人してテレビを見ていた。
「ねえ、姉ちゃん」
「なに?」
「えへへ」
俺は部屋の隅から、かさかさ紙袋を取り出す。
「これ、プレゼント」
「えっ、ありがと」
姉ちゃんは紙袋を受け取った。
「開けていい?」
「いいよ」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:姉との体験談

【小中学生】勇者「勇者養成課程が終了、いよいよ冒険だ!」【実話告白】

勇者「はぁ…辛い勇者学校の養成課程が終わり、ようやくスタートラインに立てたな」
教官「おう、勇者!準備はいいか?…
では出発だ、最初だけ冒険のコツ教えてやるからな」
町の門番「おや、教官。お出かけですか?」
教官「ああ、こいつが新しく勇者になったんだが…武器を預かってやってくれ」
勇者「え?武器を?ちょ、勇者学校では『武器は勇者の命』って…」
教官「あ?あれは嘘嘘
冒険者登録可能な職業の、最終試験に受からなかった奴は
町から出ないで一生を終えるから、知らないもんな
本当はさ、町の外は丸腰で歩けるぐらいに安全なんだよ」
【勇者は『銅の剣』を捨てた】
【勇者は『皮の鎧』を捨てた】
<>3 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:01:09.30 ID:D2rSYn1JO<>
勇者「え…丸腰でOKて…僕が6年間学校で習った事が、根底から覆るじゃないですか!」
教官「…まあ色々と事情があるのよ」

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【痴漢】カップルと呼ぶには早すぎる少女達を・・・15【実話告白】

カップルと呼ぶには早すぎる少女達を・・・15 投稿者:じんかた つやし 投稿日:2月24日(日)4時51分36秒

翔子ちゃんは僕の背後から僕のお腹の辺りに手を回し、まるで「介護」のように、
小さな身体を充分に用いて「トイレ内の2度目の昇天」でふぬけになった僕の身体
をしっかりと支えてくれています・・・。正確な所用時間は分かりませんが、僕達
がトイレについてから大体30分ぐらい経っていたでしょうか?その間に2回も、
「昇天させてもらえた」経験は生涯でもこの時だけかも知れません・・・。(僕も
若かったし・・・。)翔子ちゃんは僕の顔を覗き込むようにして、
『えへへぇ・・・。またまたお兄さん、ヌルヌルでピュー!だね(^^)』
『幸せそうな顔をしちゃってからに・・・。カ〜ワユイ!!』
とか、「痴漢顔負け」の口撃を仕掛けてきます・・・。僕は余韻に浸りつつ少女の
頭を軽く撫でてあげて、
『幸せでした・・・。はぁ・・・。気持ち良かったよ。有り難う。もう立てる。』
と言い、支えてくれている手を払い、自分の濡れたち○ぽの精子を拭き取る為に、
トイレット・ペーパーに手を伸ばしました。すると、

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||

2014年2月9日 | 実話告白体験談カテゴリー:痴漢体験談

【恋人】かっちゃんにそんな操作されたらカンタンにおかしくなっちゃう【実話告白】

新垣カンタン操作大使のコスチュームがエロすぎる。

ここの「オールフォト大使館」で見られる、ブロードバンドの人間しか受け付けない画像だ。
そもそもオレは新垣がメンバー入りした当初から「新垣は可愛い、きっと化ける」と主張してきた。
2ちゃんでは「コネで入ったブサイク」という叩きが横行していたが、あれは間違いなく
風が吹けば飛ぶような薄っぺらい個性しかない、小川や紺野の粘着キモオタファンどもの工作だ。
偏見を離れて見直してみれば、新垣が全メンバー中1、2を争う可愛らしさであることは事実だ。
確かにデビュー当初はまだおんなのにおいが薄いところもあったが、それでもあの
雨に濡れた子犬が怯えるような表情で、画面の向こうから、確実に
「里沙ちょっと怖いけど、かっちゃん(オレ)のために頑張るね」と呼びかける心の声が聞こえていた。
最近は随分と成熟した大人の色気が出せるようになって来て、オレの触手も我慢ができなくなってきていた。
そこでこのカンタン操作大使のコスチュームだ。これにはもう打ちのめされた。
まずその名前がエロい。「かっちゃん、里沙のことカンタンに操作してね」
「ああん、かっちゃんにそんな操作されたらカンタンにおかしくなっちゃう」
そんな新垣の声が、鼓膜を破ろうとも脳に直接響くかのようだ。

実話告白体験談関連タグ



2014年2月8日 | 実話告白体験談カテゴリー:恋人との体験談
1 / 512345

このページの先頭へ