【おっぱい】お腹が痛いと診察にやってきた可愛い高校生【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
私はある大学病院に勤務する内科医です。
以前に体験した診察体験についてお話しします。
大学病院の医師のほとんどは、しばしば経済的理由からアルバイトに他の病院に行って診療を行う事があります。
私も土曜の夕方から月曜の朝まで200床ほどの民間病院で当直のアルバイトをする事があります。
それは、ある初夏の日曜日、早朝当直室の電話が鳴る事から始まりました。
電話は当直婦長からで、17歳の女性が右下腹部痛を訴えて来院しているとの事でした。
「生活保護の患者さんだけど診るか?」
との問い合わせでした。
私は
「診ましょう」
と伝え、外来診察室に向かいました。
患者さんは身長160cmほどの肩まで髪のある可愛い女の子で、母親らしき女性と一緒に中待合いの椅子に腰掛けていました。
昨夜から右の下腹部が痛くよく眠れなかったとの訴えがあります。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年5月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【おっぱい】同じ病院で働いてる看護婦さんの身体を診察した時の話【実話告白】

名無しさんからの投稿
—-
以前、地方病院で一緒の病棟で仕事をしていた看護婦さんを診察した時の体験を話してみたいと思います。
全くの見ず知らずの女性を診察する場合、下半身が変化する事は滅多にありませんが、顔見知りの場合は別です。
特に、普段一緒に病棟で仕事をしている看護婦さんの場合は特別です。
看護婦の仕事は皆さんが想像している以上に激務です。
したがって、結構同じ病院で仕事をしている看護婦を診察するケースはちょくちょくあります。
本当にこういう時は、医者の役得と感じます。
一度、私が当直の時に内科病棟の夜勤の看護婦が具合が悪くなって診察した事があります。
看護婦も、普段顔を突き合わせている医師に診察してもらうのは恥ずかしい事だと思います。
健康診断での恥ずかしさの比ではないと思います。
普段話すだけでもこちらがドキドキしてしまう、独身の確か当時24歳だったと思いますが、色白の可愛い看護婦でした。
高熱を出し、普段の笑顔が消えており、先輩の看護婦から、
「当直医に診てもらいなさい」
と勧められているのを耳にした時は、一瞬ラッキー!と天にも昇るような胸の高鳴りを覚えたのを今でもしっかりと記憶しています。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年5月25日 | 実話告白体験談カテゴリー:おっぱいの体験談

【手コキ】病院に行ったら女医さんに恥ずかしい思いさせられた【実話告白】

昨日の夜から痛みはあったのだが、今日起きてみると下っ腹に激痛が・・・。
病院に行き、受付で症状を話すと泌尿器科に回された。
どうやら尿管血石らしい・・・。
エコーを撮った後、レントゲンを撮りましょうと言われた。
で、エコー診察の時の話。
薄暗いエコー室に入って待っていると、若い女の先生が出てきて
「患部を出して横になっていてください」
と言って出て行ってしまった。
患部・・・?
下っ腹なのでズボンを脱ぎ、息子の付け根までパンツを下ろしてみるも、息子に跳ね返されてパンツがずり上がってしまう。
恥ずかしかったがパンツを太ももまで下げ、先生を待った。
1~2分くらいの時間だったが、待っている間に余計な事を考えてしまい、半勃ち一歩手前。
さっきの若い女医が入ってきた。
丸出しの姿に一瞬たじろいだかのように見えたが、薄暗くて先生の目までは追えなかった。
すぐにモニターの前に座り、

実話告白体験談関連タグ

||||||||

2014年4月19日 | 実話告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

【マニアック】大学病院での診察時に学生達の晒し者になった【実話告白】

最近便秘がちで、就職後の事を考えると気分が重くなってしまって……。
「仕事がきちんと勤まるのか、ちゃんと社会人とてやっていけるのか」
などと考えていると体調が悪くなってきて、気になり出すと考え込んでしまいます。
健康診断のつもりで、以前からしっかりした病院で診てもらおうとは考えていました。
大学の講義も12月で終わりになったので、先日ある大学病院へ行ってきました。
何科で診てもらえば良いか分かりませんでしたが、受け付けで相談に乗ってもらったところ、総合診療科というところに回されました。
最初、予診室という部屋に呼ばれ、若そうな先生に色々と質問を受けましたが、
「また後でお呼びします」
と言って去っていかれました。
それから随分と待たされましたが、ようやく呼ばれて、今度は第1診察室という所に入ってみると、随分年輩の貫禄のある先生が腰掛けていました。
驚いた事に、その先生以外にも後ろの方に3人の白衣を着た先生(あとで学生だと分かったのですが)おられました。
先生は私の方に見向きもせず、最初に予診室で会った先生から、私の病状を聞いているようでした。
中年の看護婦さんに
「これから先生が診察されますのでベッドに横になって待っていて下さい」
と促されました。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||

2013年9月2日 | 実話告白体験談カテゴリー:マニアックな体験談

このページの先頭へ