【フェラチオ】露出の多いビキニでプールに行ったらクラスメートの男子に会って・・・【実話告白】

ありささん(10代)からの投稿
—-
高校生の時の体験です。
私はある日、女子同士でプールに遊びに行きました。
私(ありさ)、あかり、まきこという3人です。
みんな露出の多いビキニで、胸も平均的に大きい3人。
私:Dカップ、あかり:Cカップ、まきこ:Fカップ
そんな私たち3人はクラスの中でも発育がよく、ノリで下ネタも言うような感じでした。
プールで楽しく遊んでいると、男子2人組に会いました。
その2人とは同じクラスのリュウとヨシキという2人。
彼らも私たちと同じようにクラスで下ネタを叫ぶような奴らです。
当然私たちは会ったことは想定外。
ビキニ姿が急に恥ずかしくなりました。
しかも話は進み、一緒に行動することになりました。
リュウもヨシキもそこそこイケメンだったりノリがよかったりするので楽しいのですが、私たちは恥ずかしさで激しく動いたりは出来ませんでした。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月23日 | 実話告白体験談カテゴリー:フェラチオの体験談

【外国人】魅惑の耳かき【実話告白】

<>1以下、VIPがお送りします 投稿日:2011/12/08(木)01:50:27.50ID:Hj7uM7Jz0<>
ウチはホストファミリーやってて
1ヶ月ほど前からアメリカ人の娘(16)と一緒に生活してる
最近は結構打ち解けてきて恋愛相談とかもしてた
んで、昨日の出来事なんだが
アメリカには耳かき文化が無いことを知った訳よ

<>13以下、VIPがお送りします 投稿日:2011/12/08(木)01:53:58.71ID:Hj7uM7Jz0<>
やっても綿棒で穿る程度だと聞いて
他人に耳かきするのが大好きな俺、と言っても弟のしかやったこと無いが
「今宵の虎鉄は血に飢えている・・・」とか呟きたくなりながら耳かきを取り出す
アメ子は最初ビビってた、耳にそんなもの入れるなんて尋常じゃないと
しかし俺が自分でやってみせて、何とか説得して。
痛かったら止めるってことでやってみた

実話告白体験談関連タグ

|||||

2014年2月1日 | 実話告白体験談カテゴリー:外国人との体験談

【高校生】ビッチが出来上がるまでを聞いてくれ【実話告白】

バブルの崩壊直前に建てた豪邸で私は産まれ育った。
日本なのに玄関ホールが15畳、6人暮らしでバスルーム3つ。
アメ車を2台、大型犬を3匹飼っていた。
アホな家だった。
父方の祖母と同居、美人な専業主婦と洒落乙アパレル父
上っ面だけ見れば非の打ち所のない家だったと思う
しかし見事なまでに上っ面だけ
私が物心ついた頃にはすでにその家は両親にとって戦場でしかなかった
毎晩罵声を聞きつつ「早く離婚すればいいのに」って思っていたのは覚えている
母「一人暮らしもしたことないガキがほざいてんじゃねぇ」
母の一言に父がふじこふじこしながら広いリビングを走り出した。
それと同時に二階に住む祖母が「やめなさーい!」と駆け下りてくる。
そうしてばあちゃんが羽交い絞めにしたのは襲いかからんと走る父ではなく母だった。
不恰好なジャンプミドルキックが決まり、母は骨折した。
当時の母は精神も肉体もボロボロだった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月28日 | 実話告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

【妹】姉ちゃんの友達が彼女になった。でも、 【実話告白】

1:健太◆0/aX7XyDlk:2011/11/16(水)01:25:17.58ID:uckZNvh+0[1/108回発言]
姉ちゃんとレズだし、姉ちゃんブラコンで俺シスコン。
とどめに俺養子なんだって。

最近やっと一段落して、自分を見つめ直すためにも吐き出したいなと。
ごめん、いいタイトル思い浮かばなかったんだ。
書き溜めてからスレ立てろって言われそうだけど
とりあえず、始めれば自分の中のモヤモヤも薄らぐかなと。
よって、今現在までをまとめるだけで何日かかるんだ状態。

スレ立てちゃったけどいいかな?

2:名も無き被検体774号+:2011/11/16(水)01:26:47.37ID:TXPelHUHO[1/1回発言]
エロはあるんだろな?

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年9月5日 | 実話告白体験談カテゴリー:妹との体験談

【王様ゲーム・複数】スケベかつレズな先輩と【実話告白】

学生時代にスケベかつレズな先輩と3Pしてた。

女装させられたりもしたし、変態つーかアブノーマルなやつとか、SMもしたし、嵌め撮りもしょっちゅうしてた。

だから、いろいろと目覚めちまって、普通じゃ満足できなくなっちまった。

2人と出会ったのは、とある講義でちょっとした研究・レポート発表の班分けが一緒になったことで、その後図書館や学食とか、PCルームとかでも話す機会が増えていった。

ある日、俺の家に遊びに来たいといわれたが、親元暮らしなので断わると、2人のうち活発な方(姉御)が、「よし、私ん家に来い!!」と言って、なし崩し的に何故か飲み会が始まった。

1~2時間ほどすると、姉御とおとなしい方の女の子(音無)が揃って「○○君にプレゼント~」と言い、紙袋を渡された。

開けてみると、そこに女性服・下着が入っており、最初は笑っていたが、気がつくと服を着替えて酒も入っていたのも手伝って、ノリノリで芸をしていた。

しかし、当時俺は酒に慣れていなかったので、芸をして暴れまくると、アルコールがすぐに回ってしまい、寝てしまったそうだ。(姉御談)

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年9月3日 | 実話告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・複数での体験談

【友達】服なんかいらないっ【実話告白】

服なんかいらないっ! 1
>裕里様
はじめまして、なぎさといいます。『露出っ娘大好き!』のサイトは前から知って
いて、ロムオンリーでテキストを読ませていただいています。都内の私大に通う露出
好きの女子大生です。
時折パートナーと野外露出を楽しんでいますが、祐里様から課題をいただきたくて
メールしました。よろしくお願いします。

>なぎさへ
こんにちは。いつも読んでくれているのかな、ありがとう。
なぎさは野外露出にも慣れているようね、そういうことでいい?課題も、出す方は
簡単でいいけど(笑)あなたの好き嫌いが分からないと、ね。
もう少し、プレイの傾向とか、こんなことをしてみたいとか、メールで送ってくれ
る? パスワードも添付したから、それであなたの部屋に入れるわよ。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年8月21日 | 実話告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【レズ】ビッチが出来上がるまでを聞いてくれ 【実話告白】

バブルの崩壊直前に建てた豪邸で私は産まれ育った。
日本なのに玄関ホールが15畳、6人暮らしでバスルーム3つ。
アメ車を2台、大型犬を3匹飼っていた。
アホな家だった。

父方の祖母と同居、美人な専業主婦と洒落乙アパレル父
上っ面だけ見れば非の打ち所のない家だったと思う
しかし見事なまでに上っ面だけ
私が物心ついた頃にはすでにその家は両親にとって戦場でしかなかった

毎晩罵声を聞きつつ「早く離婚すればいいのに」って思っていたのは覚えている
母「一人暮らしもしたことないガキがほざいてんじゃねぇ」

母の一言に父がふじこふじこしながら広いリビングを走り出した。
それと同時に二階に住む祖母が「やめなさーい!」と駆け下りてくる。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年5月29日 | 実話告白体験談カテゴリー:レズの体験談

【レズ】年下の幼馴染に襲われる話 【実話告白】

「ただいまー」

「あ、おかえりお姉ちゃん!お風呂わいてるよ?それとも先にご飯食べる?」

バイトを終えて帰宅した午後9時、法事で母方の実家へ帰った両親の代わりに、近所に住む幼馴染の子が迎えてくれた。

両親も昔から私をお姉ちゃんと慕って仲の良かったこの子、和紗(かずさ)を信用していて、出かける際には合鍵を渡していたぐらいだ。

「じゃあ先にお風呂でー」

「冷めちゃうといけないからってまだ沸かしてないから15分ぐらい待ってね」

「はーい」

お風呂場に向かう和紗。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||

2013年5月26日 | 実話告白体験談カテゴリー:レズの体験談

【M男】♂1♀3 +SM  その六 【実話告白】

前編:♂1♀3 +SM  その伍

「♂1♀3 +SM  その伍(タイトル,ジャンル未設定)」の続編

結婚式前夜の件です。
この頃には、ビデオカメラも購入してあったので、
時々撮影してあり、あまり事実とはかけ離れてはいないはずです。

当時の私は地元に戻っており、
しばらくAさん達とは離れて暮らしていたので、
2〜3カ月おきに行ったり来たりして、遊んでいました。

実話告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年5月18日 | 実話告白体験談カテゴリー:M男の体験談

【高校生】ビッチが出来上がるまでを聞いてくれ【実話告白】

バブルの崩壊直前に建てた豪邸で私は産まれ育った。
日本なのに玄関ホールが15畳、6人暮らしでバスルーム3つ。
アメ車を2台、大型犬を3匹飼っていた。
アホな家だった。
父方の祖母と同居、美人な専業主婦と洒落乙アパレル父
上っ面だけ見れば非の打ち所のない家だったと思う
しかし見事なまでに上っ面だけ
私が物心ついた頃にはすでにその家は両親にとって戦場でしかなかった
毎晩罵声を聞きつつ「早く離婚すればいいのに」って思っていたのは覚えている
母「一人暮らしもしたことないガキがほざいてんじゃねぇ」
母の一言に父がふじこふじこしながら広いリビングを走り出した。
それと同時に二階に住む祖母が「やめなさーい!」と駆け下りてくる。
そうしてばあちゃんが羽交い絞めにしたのは襲いかからんと走る父ではなく母だった。
不恰好なジャンプミドルキックが決まり、母は骨折した。
当時の母は精神も肉体もボロボロだった。

実話告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年5月13日 | 実話告白体験談カテゴリー:高校生との体験談

このページの先頭へ